水琴茶話

先斗町に京庭園が完成しました。

京都市中京区の先斗町(ぽんとちょう)公園の
改修工事が終わり、
本日から公開されました。
「しだれ桜京庭園」も整備され
水琴窟が設置されました。
近くへお越しの際はご覧下さい。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

ご感想有難うございます。

CDも何もかけていないのに、水琴窟の音が耳に聞こえるという現象に呼ばれて、大橋先生のCDブック「流すだけで運気が上昇する魔法のCDブック」「金運体質に変わる奇跡のCDブック」「水琴の音で、パワースポットをあなたの部屋に」の3つをリピート再生をしてグルグルと聞き続けていました。
初めのうちは、家で少し聞くだけだったのですが、水滴が落ちた後の反響音(倍音?)がとても心地よく、次第に、ずっと聞いていたいという気持ちがわき始めたので、今では家でかけっぱなしにしているのはもちろんのこと、会社でもPCにヘッドフォンを付けて、それを装着せずに机に置いて、小音で聞こえてくるぐらいに設定をしてかけ続けていました。
ここ二週間ほどそんな状態を繰り返していたのですが、昨日、思いもよらないことが起こったので報告いたします。
私にはひっそりと2年ほど続けているブログがあります。あまりにもスピリチュアルなのことを書きすぎているので、友人、知人にも教えておらず、一日5~10人のアクセスがあるくらいのブログです。自分の名前も伏せているので、「私」が書いているということすら判別が難しいようなものなんです。
そこに、この二日間ほど、アクセス数は普段と変わらないのに、ページビューのカウントがぐんと伸びていました。これを見て、「誰か一人の人が過去ブログを読んでいるんだなぁ」ということは分かります。
そして昨日。私にとって魂が震えるくらいビックリするような人物から、その人が関わるブログの記事に下記のコメントが残されていました。
「偶然見つけたのでコメントします。
 こんな形(活字)だけど最後に言いたかった言葉を言います。
 今までごめんね、そして本当にありがとう♪」
このコメントはどう考えても3年ほど前に離縁した元旦那さんからのものでした。色々な事情があり、私は彼の元から逃げるために突然姿を消し、消息を絶って離婚をしてしまいました。ブログには、それから今へ至るまでの心の葛藤や、乗り越えてきた過程を綴っています。彼はそれを全て見た後に、一言だけコメントをくれたようです。私にとって、ものすごい魂の浄化となる出来事でした。
これが、水琴CDのせいかどうかはわかりませんが(笑)先生のメルマガを登録した後すぐに、昨日の今日で起こった出来事でしたのでご連絡をしてみました。
(M様)
「水琴がどこかからいつも聞こえる状態」はよく報告されます。
実は私もそういう時期がありました。
あなたの周囲には低周波が満ちみちていますが、
その中に小さな音風景となった高周波も存在しています。
敏感になった耳が、感覚が、それをキャッチするようになるのです。
つまりあなたは水琴の高周波を必要としていたのです。
高周波をいつも浴びていると現実が変化し始めます。
出来事も低周波から高周波まで様々です。
高周波な出来事と共振していたいですね。
そして低周波も高周波に変えてしまうくらいに高周波な人になりたいですね。
水琴は、謙虚に、深く、いつまでも、
あなたのそばであなたを守っていてくれます。
あなたはそのままでいいんだよ。
すべての選択は正解だったんだよと、教えてくれます。
そして大切な感謝の気持ちを届けてくれます。
「ギブアンドギブ」でおばあさんがそんなことを教えてくれました。
素敵なメッセージをありがとうございました。
大橋智夫

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

投稿月から検索

カテゴリーから検索