トピックス

おかげさまで創業25周年

2021年10月18日をもちまして、おかげさまで有限会社ティーズ・コーポレーションは、創業25周年を迎えました。これもひとえに水琴を愛してくれる皆様方のご支援の賜物と深く感謝申し上げます。

思えば25年前、音楽を使って素敵な環境を提供できないかとの考えから心理学と音響工学を駆使した作曲方法を作り上げ、環境音楽を作ることが始まりでした。音風景と呼ばれる概念がアメリカからやってきて、音の専門家との様々なコラボレーションを行いました。その中で水琴窟と出会い、水琴窟を復活させ、この日本のオリジナル文化を普及させることに務めました。おかげで広辞苑に水琴窟の名前を掲載でき、全国各地に水琴窟を設置することができました。

その集大成として、ローマ法王への世界平和プロジェクトを無事に終えることができ、イタリア・アッシジの聖フランチェスコ大聖堂の中庭に水琴窟を献上し、そこは「日本の泉」と呼ばれるようになりました。

さらに、キューブ状の水琴窟はできないかとの空間デザイナーからの命題を受け、イタリアミラノサローネへの出展を果たし、室内で使える水琴窟の開発に取り組みました。そして完成したものが水琴です。

埋設すれば水琴窟になり、循環モーターを使えば室内でどこでも使えるこの技術は、室内での繊細な音調整を可能にしたことで、飛躍的な音響技術の向上に役立ちました。その結果、耳では聞こえないハイパーソニックを大量に含んだ共鳴音を発生させる装置へと昇華することができたのです。ハイパーソニックの効果は論文でも取り上げられ、さらに水滴音の倍音の無限連鎖を発生できる装置として、様々な書籍、メディアでも取り上げられました。

また、手軽に扱える小型化に成功したことで、今では一般のご家庭でも十分にハイパーソニックを体感できる装置として提供しています。昨年からは、もっと手軽に水琴のハイパーソニック空間を体験できるよう、「水琴シェアサービス」(レンタル)を始めました。

私たちの取り組みは、私の意図をはるかに超えた必然に導かれるがまま進んできた営みでした。今後は、日本の国土の様々な場所に水琴のハイパーソニックを響かせ、その音のネットワークで日本を覆い、美しい森の国、日本の蘇生のためにお役に立ちたいと考えています。

水琴のハイパーソニックは、右旋(右回り)と左旋(左回り)のエネルギーを利用することで、さらに一つ上の環境を提供することがわかってきました。注ぐ水を変えることによって、その場所にちょうど良いエネルギーを提供することも明らかになってきました。まだまだ研究はなかばです。

私たちは信じています。すべての答えは自然界の中に既に存在しているということを。日本には、かつて、縄文時代に数万年という長い期間、平和な国があったとする研究が報告されています。そして江戸時代、私たちのご先祖様が、誰かが誰かのものを搾取したり独占したりすることなく、豊かな美しい平和な国を実現した事は歴史が物語っています。

海国と呼ばれていた日本国は、森でできたエネルギーを海へと還元し、そして緑の国、海の国として発展してきた歴史があります。世界をリードしていける日本人の育成には、この森の音は欠かせないものであると確信しています。

心から深く感謝申し上げます。私がこうして25年間、水琴と共に活動して来られたのは皆様のおかげです。

森の中には、様々な細菌、ウィルスや敵対する動植物もあるかもしれません。しかし、私たちは全ての大陸と接している海の国のものとして、大陸、世界と交流しながら、完璧な大自然のバランスを保ちながらコミュニティーを形成してきたのです。それが「大和」の大意ではないでしょうか。

これからの25年は、森と海の惑星である地球が、エネルギー循環する状態を私たち人類が提供していく番です。新しいネットワークの形態を模索しながら、次世代の水、音、光の芸術とも言える水琴の世界観をご一緒できることを心より嬉しく存じ上げます。さまざまな企画をご期待ください。

今後ともどうぞ、ティーズ・コーポレーションをよろしくお願い申し上げます。皆様の心の平安と豊かな暮らしを心より祈念いたします。

2021年10月18日
有限会社ティーズ・コーポレーション
代表取締役 大橋智夫

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

カテゴリー

PAGE TOP