水琴茶話

若一光司のMYSTERY FILESで水琴が紹介されました!

若一光司のMYSTERY FILESで水琴が紹介されました!
涼やかで不思議な音を求めて、京都市左京区の圓光寺を訪れた。
竹の筒に耳を当てると、涼やかな音が聞こえた。
この音が鳴る仕組み仕掛け全体のことを「水琴窟」と呼ぶと説明。
最新の水琴窟を開発している会社を取材。
代表の大橋智夫さんは、長年に渡って水琴窟の音を研究し、様々な
水琴窟をプロデュースしている。
日本だけでなく、イタリアはの聖フランチェスコ大聖堂の中庭に
水琴窟を設置し、ローマ法王・ベネディクト16世にも面会した。
水琴窟は2つとして同じ音色はない。
西寿寺に設置されている2基の水琴窟の音は、竹で聞くのではなく
生音で聞くことができる。
住職は、この水琴窟を作ったきっかけは、ご自身が自律神経を
病んでいたからだと話した。
詳しくはこちら!
かんさい情報ネットTen(Youtube)
www.youtube.com/watch?v=u_4Jkk1UDO0

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

メルマガ配信致しました!

大橋智夫の運気が上昇するヒーリングメルマガは、
毎週日曜日に無料で配信しています。
登録してお楽しみください。
archive.mag2.com/0000263825/index.html(以下メルマガより抜粋)
プライベートな高周波な空間をたくさん増やして、
広い公的な空間を高周波に、そして地域を、国を、地球を・・・
地球をまるごと高周波な星にできたらいいですね。したいですね。
あなたの中にあるわだかまり。あなたの素直さにフタをするもの。
誰にでもあります。完全に心を開放している人はいません。
でも、少しずつその鎖を解き放すお手伝いをすること、
それが、水琴の役割かもしれません。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

投稿月から検索

カテゴリーから検索