水琴誕生

  • HOME
  • 水琴ができるまで

古人の楽しみ

水琴窟は、水滴音を地中に埋めた「甕(かめ)」に共鳴させてその音を楽しむ、日本庭園文化における最高技法のひとつとされてきました。
約400年前小堀遠州が提案した排水装置を起源とするとされ、江戸時代から風流人の音遊びとして町家の坪庭などに設置されてきました。
戦前戦後の雑踏の中、この繊細な感覚は一度忘れられ幻の音風景と呼ばれるようになりました。

 

よみがえった日本の音

ティーズ・コーポレーションは水琴窟の伝統的な技術を復活させ、さらに音響技術を駆使して、現代の住空間でも味わえる音量、音質で蘇らせることに成功しました。
その功績が認められ、2003年にはイタリア・アッシジにある聖フランチェスコ大聖堂(世界遺産)内に世界の平和のシンボルとして水琴窟が寄贈、設置され、大聖堂から感謝状を頂きました。また、世界学術研究アカデミー財団(アメリカ)から、国内外の水琴窟普及活動に対して「世界学術研究アカデミー賞」を受賞しました。

※ 図は、伝統的自然排水型の断面イメージ図です。水琴窟は、水滴音を陶器製の瓶に共鳴させて残響音を楽しむ装置です。そのため瓶の形状、材質、製造方法、設置する空間、甕を満たす水の水位などを調整して作られます。特に設置される環境に左右されるため、環境を調整する必要があります。

進化する響き

水滴の共鳴音には、自然界にある安らぎを与える要素が凝縮されています。ティーズ・コーポレーションでは、その効果を凝縮して発生できるよう研究を重ね、10年以上に及ぶ水琴窟の施工経験と音響技術を集約させて「水琴®/Mizugoto」を完成しました。
さらに循環モーターを使用することで、今まで日本庭園でしか味わうことができなかった水琴窟の音色を室内でも楽しめるようにしました。

この水琴®は、世界最大級の家具展示会であるミラノサローネ2005に出展され、世界中から脚光を浴び、JR京都駅ビル、JR名古屋駅ビル、「愛・地球博2005」でも使われ、室内外、場所を選ばず、さまざまな環境で使われるようになりました。

ティーズ・コーポレーションの水琴®は、特許取得、商標登録しています。

近未来型エネルギー発生装置

ティーズ・コーポレーションはさらに研究を重ね、水利工学的、音響科学的にハイパーソニックエフェクトを提供するものとして水琴を昇華させました。
環境を整え、動植物、人体のエネルギーを提供するエネルギー発生装置として、さらなる進化をとげています。医療、健康、農業、漁業、環境、暮らし、娯楽、その他、さまざまな分野とのコラボレーションが予定されています。

ハイパーソニックエフェクトと心地よいゆらぎを同時に提供できるのは、弊社の水琴窟(水琴)だけです。

配信システム

特殊音響管と専用マイク、専用スピーカーを使用することで、騒々しい環境でも水琴の音をお楽しみいただけます。生音だけでも充分な音量は出ていますが、騒々しい環境では音がかき消されてしまいますので、ご相談ください。

お問い合わせ

PAGE TOP