そして水琴 -Mizugoto-

  • HOME
  • そして水琴 -Mizugoto-

進化する響き

水滴の共鳴音には、自然界にある安らぎを与える要素が凝縮されています。ティーズ・コーポレーションでは、その効果を凝縮して発生できるよう研究を重ね、10年以上に及ぶ水琴窟の施工経験と音響技術を集約させて「水琴™/Mizugoto」を完成致しました。
さらに循環モーターを使用することで、今まで日本庭園でしか味わうことが出来なかった水琴窟の音色を室内でも楽しめるようにしました。

この水琴™は、世界最大級の家具展示会であるミラノサローネ2005に出展され、世界中から脚光を浴び、JR京都駅ビル、JR名古屋駅ビル、「愛・地球博2005」でも使われ、室内外、場所を選ばず、さまざまな環境で使われるようになりました。

ティーズ・コーポレーションの水琴™は、特許取得、商標登録されました。

近未来型エネルギー発生装置

ティーズ・コーポレーションはさらに研究を重ね、水利工学的、音響科学的にハイパーソニックエフェクトを提供するものとして水琴を昇華させました。
環境を整え、動植物、人体のエネルギーを提供するエネルギー発生装置として、さらなる進化をとげています。医療、健康、農業、漁業、環境、暮らし、娯楽、その他、様々な分野とのコラボレーションが予定されています。

ハイパーソニックエフェクトと心地よいゆらぎを同時に提供出来るのは、弊社の水琴窟(水琴)だけです。

配信システム

特殊音響管と専用マイク、専用スピーカーを使用することで、やかましい環境でも水琴の音をお楽しみいただけます。生音だけでも充分な音量は出ていますが、やかましい環境では音がかき消されてしまいますので、ご相談ください。