カテゴリ 『 ひとりごと 』

2017年02月23日

鞍馬石

茶庭で最高級の石と呼ばれる鞍馬石。この石の模様は、何千年もかけて石が変化してできたものです。この石の顔が見えますか?良い顔してるね!

投稿者: 管理者 日時: 2017年02月23日 13:29 |  

2016年11月22日

高周波な胡蝶蘭??

創業20周年記念パーティで頂いた胡蝶蘭ですが。あれから約1か月たちますが、水琴の上でイキイキ咲いていますよ。胡蝶蘭も高周波が心地よいのかもしれませんね♪

投稿者: 管理者 日時: 2016年11月22日 10:59 |  

2016年10月25日

T(タウ) の意味とは??

これもイタリアのお土産です。Tのネックレスです!お客様からお写真をいただきました。
ティーズ・コーポレーションのTはヘブライ語のt(タウ)を意味しもっとも小さいもの謙虚なものを表しています。私たちはもっとも謙虚に社会を支えてる会社でありたいと考えています。

投稿者: 管理者 日時: 2016年10月25日 09:46 |  

2016年10月18日

胡蝶蘭と水琴

創業20周年のお祝いに胡蝶蘭をいただきました!ありがとうございました!水琴の上でイキイキしていますね。とても綺麗です♪

投稿者: 管理者 日時: 2016年10月18日 13:43 |  

2016年03月17日

高周波な金魚??

水琴の上に金魚の水槽を置いたところ、お祭りで購入した小さな金魚が、水槽の大きさの半分程までに巨大化しました!高周波パワーってすごいですね!

投稿者: 管理者 日時: 2016年03月17日 13:23 |  

2015年12月28日

今年最後のメルマガをご紹介!

12月27日のメルマガを少しご紹介!

もういくつ寝ると〜お正月。
という年の瀬も押し迫った27日。
1015年はあなたにとってどんな年でしたか?
すでに冬至を超えて新しい年が始まっています。
うっそー!
といってもどんどん時が過ぎて行きます。
なんだかとっても慌ただしくなったと思っているあなた。
ちょっとクールダウンしてみましょう。
情報がどんどん入ってくるようになって、
マスコミが作るお話も、
お友達がしゃべっている噂話も、
どんどんあなたの耳に入ってきます。
でも本当に必要な事は、あなたにしかわかりません。
あなたは何を望んでいるのですか?
あなたが本当に2016年に手に入れたいものは何でしょうか。
今年も同じことをやってきたなあと思える人は
あなたの思考にはパターンがあるのかもしれませんね。
あなたは一生懸命直に頑張ってきたはずです。
特にこのメルマガを受信しているあなたは
そんじょそこらの周波数の人ではないはずです。
水琴の高周波を素直にキャッチできる高周波な魂の持ち主。
にもかかわらず、また今年も…
あなたの思考パターンをチェックしてみてください。
情報は溢れています。
その情報をキャッチするあなたの側に癖があれば、
同じ情報もあなたの色でキャッチしていることになります。
するとあなたの次に取る行動も1つのパターンがあるはずです。
するとやっぱりこうなってしまった…と言うわけです。
さて、あなたの周囲でいつもご機嫌良く
暮らしている人を見てみましょう。
その人のパターンで鼻につくとこはありませんか?
あの人とってもいい感じだけど、
なんかうっとうしいわね。
という鼻につくところです。
そこにあなたが変わるヒントが隠されているはずです。
そろそろ高周波な暮らしに切り替えていきましょう。

みなさま良いお年をお迎え下さい!

投稿者: 管理者 日時: 2015年12月28日 09:53 |  

2015年12月22日

見えますか?

大日如来様が歓迎してくれました。
よーく見てください(^ ^)

投稿者: 管理者 日時: 2015年12月22日 11:19 |  

2015年09月09日

ピソリーノお掃除グッズ

ピソリーノのお掃除の時に便利なのが、どこかで見たことのあるこのグッズ!お水を抜くときにどうしたら良いのか迷われたお客様もいるのでは?このポンプで中の吸い取ってしまうと楽に中のお掃除が出来ますよ!

投稿者: 管理者 日時: 2015年09月09日 10:38 |  

2015年01月14日

出雲大神宮

出雲大神宮でお水をいただいてきました。
会社の水琴に注いで、会社も息を吹き返して蘇りました。
今年も高周波なエリアを拡大していきます。

投稿者: 管理者 日時: 2015年01月14日 10:51 |  

2014年08月13日

高周波なぶたさん♪

うちの水琴には、豚さんが並んでいます。さてなぜでしょう?水琴の高周波を当てた、高周波な水をお持ち帰りいただくためです。身につけておくと体調が良いようです。お試しください。欲しい方は、弊社までお立ち寄りください。お待ちしています(^-^)/

投稿者: 管理者 日時: 2014年08月13日 12:30 |  

2014年07月10日

つばめさん

最近ツバメの巣によくあいます。
子育て頑張って!
台風に気をつけてくださいね。

投稿者: 管理者 日時: 2014年07月10日 13:04 |  

2014年07月09日

水琴とは??

◆◇ 水琴 / Mizugoto とは ◇◆

低周波の中で暮らす私たち現代人の暮らしに、自然界に溢れる倍音を含む
高周波の塊(自然周波)を、安定して提供できる環境サプリメントです。
脳のエネルギー源(自然周波)を暮らしに持ち込むことは、人間らしく
生活するために必要不可欠となってきました。
水琴/ Mizugoto は、潤いのある豊かな暮らしを提供します。

個人ユーザー向けの手軽に楽しめるものからオープンスペース用の大型まで
幅広くお客様のニーズにお応えしております。
水琴 / Mizugotoはティーズ・コーポレーションの特許製品、登録商標です。

 ≪水琴 / Mizugoto の利用方法≫
1)水琴75タイプを設置(自然周波がその場を超パワースポットに!)
2)ピソリーノを設置(家庭電源と水だけでお部屋がパワースポットに!)
3)蓬壷 / Hoko を設置(家庭電源だけで自然周波をお部屋に再現!)
4)CDを再生(CD、CDブック付属のCDは全種異なった水琴サウンド)
5)水琴のある場所へ行って高周波を浴びる(ホームページで確認出来ます)

水琴の音が体験できる場所紹介、関連商品の最新情報は、

 こちら → http://www.suikinkutsu.net/

投稿者: 管理者 日時: 2014年07月09日 09:47 |  

2014年07月08日

海水からの自然周波??

海水に潜ったら、髪の毛の白髪が急に少なくなりました。なぜでしょう?自然周波の若返り現象でしょうか?


投稿者: 管理者 日時: 2014年07月08日 11:27 |  

2014年07月03日

190cmになりました!

夏至を超えて、いよいよ今年も後半戦です。楽しく高周波な一日を。うちのハイビスカスは、30cmだったのが、1m90cmになりました。どこまで伸びるのでしょうか。楽しみです。水琴の高周波の力は絶大です。皆さんの健康と幸運のお役に立てますように

投稿者: 管理者 日時: 2014年07月03日 11:32 |  

2014年02月13日

冬なのに満開です!

この寒ひ日々の中、うちの自慢の高周波ハイビスカスは、花を咲かせました。寒くなればなるほど元気いっぱいです。水琴のパワーは凄い!

投稿者: 管理者 日時: 2014年02月13日 10:37 |  

2014年01月31日

スーパームーン

今日は、新月の日で旧正月。
それもスーパームーン。
みなさまに幸せなことがありますように!

投稿者: 管理者 日時: 2014年01月31日 09:46 |  

2014年01月16日

龍の道

愛宕山に龍の道が出来ました。

投稿者: 管理者 日時: 2014年01月16日 10:53 |  

2014年01月06日

明けましておめでとうございます!

明けましておめでとうございます!高周波な1年になりますように。
今年も水琴 / Mizugoto ® をよろしくお願い致します!

投稿者: 管理者 日時: 2014年01月06日 10:55 |  

2013年12月12日

素敵なプレゼント!

宝積老師から素敵なプレゼントが届きました。
新しくローマ法王になられたフランチェスコ猊下からの贈り物です。
ありがとうございます!PAPA FRANCESCO !!
平和のために頑張ります!また、お会いしに行きます。

投稿者: 管理者 日時: 2013年12月12日 09:59 |  

2013年11月22日

富士山と月

東京から富士山と月が!浮世絵を見ているようです。
今日は、...
神奈川で打ち合わせの後、
京都スピーナさんで、
健康セミナーです。
素敵な出会いがありそう!

投稿者: 管理者 日時: 2013年11月22日 11:32 |  

2013年10月01日

かっぱさんから

かっぱさんから京都の水の本が届きました。
ありがとうございます!さすがにマニアックです。素晴らしい。

投稿者: 管理者 日時: 2013年10月01日 13:31 |  

2013年09月06日

高周波効果飲み比べのテクニック

ピソリーノに30分ほど置いて、置いてなかったものと飲み比べをするといろいろなことがわかります。自然周波が当たると飲み物の味が変化するのです。びっくり!ぜひお試しください。赤白ワイン、日本酒は、高周波な変化がよく分かります。ペットボトルのお茶も比較的よく分かります。急須でいれたお茶やお水は、分かる人にはわかります。スパークリングワインやビールは、気が抜けます。ご用心。角が取れるという意見が多いです。日本酒なら清酒が大吟醸に、ワインならビンテージワインに変わると言われています。水琴という高周波なお酒もあります。

投稿者: 管理者 日時: 2013年09月06日 09:32 |  

2013年09月02日

飲みくらーべ!

祝賀会にてピソリーノで高周波を当てて熟成中の赤ワインです!このあと、全く当てて無いワインとの飲み比べがありました。ヴィンテージのワインなの??と言われた方もいらっしゃるくらいの美味しさでした!

投稿者: 管理者 日時: 2013年09月02日 13:28 |  

2013年08月22日

水琴、地球の愛プロジェクト

福山哲郎参議院議員、池田屋の池田寿子さんと。
水琴、地球の愛プロジェクトを相談しました。
ありがとうございます!

投稿者: 管理者 日時: 2013年08月22日 10:59 |  

2013年08月21日

うりずんでバーベキュー

うりずん山荘でバーベキューをした時の写真です。
ワインに水琴の高周波を当てるを味が変わるのですよ!
ますます美味しくなります♪

投稿者: 管理者 日時: 2013年08月21日 11:20 |  

2013年08月20日

よつばのクローバー

よつばのクローバーをみつけました!
ありがとうございます!
みんなにハッピーなことがありますように!

投稿者: 管理者 日時: 2013年08月20日 09:44 |  

2013年08月02日

嶋臺塾に参加シました!

はんなり京都 嶋臺塾に参加しました。今回は[鮎香る川]と題して、嵐山熊彦の栗栖さん、京都大学の宮下教授が講演されました。毎回とっても楽しい嶋臺塾です。嶋臺は京都の街の真ん中にある酒蔵です。またこの会場が素晴らしい。先輩、後輩に出会えて楽しいひとときを過ごせました。ありがとうございました!

投稿者: 管理者 日時: 2013年08月02日 11:15 |  

2013年07月17日

方円流 祇園祭茶会

方円流の祇園祭茶会に来ました。
オークラの17階から見る鉾巡行。
最高です!!函谷鉾が行きました!

投稿者: 管理者 日時: 2013年07月17日 13:16 |  

2013年07月16日

祇園祭です!

祇園祭の最中は、にわか雨、夕立に要注意!
スサノオが龍神を連れて回っています。
今日は、宵山です。洗濯物は軒下に入れましょう!

投稿者: 管理者 日時: 2013年07月16日 13:04 |  

2013年07月12日

祇園祭

京都では、鉾があちこちで、たち始めています。
いよいよ祇園祭が近づいてきました。

投稿者: 管理者 日時: 2013年07月12日 10:59 |  

2013年07月08日

しょうぶ!


今日は7月8日新月の日です。何か新しいことを始めるのには、うってつけの日。何かいいこと、始めてみませんか?しょうぶ!

投稿者: 管理者 日時: 2013年07月08日 12:10 |  

2013年06月25日

水の惑星

地球は、水の惑星。
宇宙からは青く見えるそうです。

地球を守るなんておこがましい。
地球があなたを守ってきてくれたのです。

地球の愛を受け取る準備は出来ていますか?
地球の愛を受け取るツールが水琴なのです。

投稿者: 管理者 日時: 2013年06月25日 10:04 |  

2013年06月24日

フルムーン

京都は雲がかかり、
フルムーンは見れませんでしたが、
雲の向こうのフルムーンに感謝。

月のリズムで暮らしていることを忘れてはいけませんね。

投稿者: 管理者 日時: 2013年06月24日 11:23 |  

2013年06月19日

御神木

須佐神社の御神木です!
何やら根っこのあたりに何やら見えますね?
猿田彦さんが出迎えてくれたようです。
ありがとうございました!

投稿者: 管理者 日時: 2013年06月19日 09:41 |  

2013年06月11日

龍の尾

太陽の写真を撮ったら、
龍の尾のような影が写りました。
あなたにいいことありますように

投稿者: 管理者 日時: 2013年06月11日 09:41 |  

2013年06月06日

和の美有慈編・ミュージアムに行きました!

和の美有慈編・ミュージアムに寄ったところ、國領さんが出迎えてくれました。  どでかい振袖の前でツーショット!大仏さんには小さすぎるとのこと。
さすがです。 國領満男さんと一緒です。

投稿者: 管理者 日時: 2013年06月06日 12:26 |  

2013年06月04日

水琴カイワレ実験


カイワレを水琴サローネM75とピソリーノ、そして何も置かなかったデスクに2週間置いて比較してみました。デスクのカイワレは悲しく映ります。高周波は生命にとって、とても大切なことが分かります。

投稿者: 管理者 日時: 2013年06月04日 12:54 |  

2013年06月01日

6月になりました


今日は6月1日、妙見さんの日です。
今月の無病息災、平穏無事の感謝を近くの神社でお参りしましょう。
感謝することがポイントです!
ありがとうございます。

投稿者: 管理者 日時: 2013年06月01日 11:51 |  

2013年05月21日

寺澤貴子さんがお越しくださいました。

澤貴子さんとお友達が弊社にお越しくださいました。

寺澤さんは、アロマとクリスタルの叡智が融合した、
次世代のハンドセラピー「アロマハンドファブ」の創始者で、
そのハンドセラピーを全国に広めておられます。

石の話がわかる、キラキラした魂の持ち主。
これから面白いことが出来そうですね。

ありがとうございました!

CRYSTAL WISDOM
http://crystal-wisdom.net/

寺澤さんからのコメント(Facebookより)

水琴のリアルの音を聴いてみたくて
大橋さんのオフィスへ訪問してきました。

生の水琴の音は高周波で癒されます。
リアルの水琴を見て、聴いて、感じたことは
これもフリーエネルギーが出てる!と思いました。
屋久島の水でマイ水琴が欲しくなってきましたよ。
時間の問題で買っちゃいそう♪

ひとまず、CD何種類か買いましたので、我が家や、
博多サロン、恵比寿サロンで水琴の音を楽しみたいとおもいます。
... 先日のひふみのCDに、水琴の音もかぶせたかったなぁ。

大橋さんの水琴は、ローマ法王に10年前に寄贈していて、
今年は、10年ということで、メンテナンスで
聖フランチェスコ大聖堂にも行って、ローマ法王にもお会いしたそうです。
素晴らしいですね?こんなご縁に感謝☆
大橋さん、忙しい中、色々と教えてくださりありがとうございました♪

こちらこそ、ありがとうございました!(大橋智夫)

投稿者: 管理者 日時: 2013年05月21日 15:53 |  

2013年05月16日

ピラミッドパワーです!

岐阜の恵那にあるストーンミュージアム博石館の
ピラミッドカレーです。

確か、ココナッツカレーでした。ビリビリきましたよ。
パワフルです。ご馳走様でした。

20分の1のピラミッドもあり、
オーナーの岩本さんの意気込みを感じました。

http://www.hakusekikan.co.jp/

投稿者: 管理者 日時: 2013年05月16日 10:04 |  

2013年05月14日

高周波な光と音

地球に優しく、それが、私達の大切にしていることです。

最近よく写真にブルーの光が入ります。
また、こんな光が撮影されました。
写真からもご利益をお裾分け出来そうですので、
お届けしますね。

あなたにとっての豊かさ、幸せを
音で届けていくのが私達の仕事です。
よろしくお願い申し上げます。

投稿者: 管理者 日時: 2013年05月14日 09:59 |  

2013年05月13日

エナルギー!?


今日は恵那神社にお参りしました。とても神気の高い場所で、
『恵那ルギー』を感じました。写真でお裾分けをしますね。
ありがとうございます。

投稿者: 管理者 日時: 2013年05月13日 09:47 |  

2013年05月10日

朝日!!

鮮やかな朝日を頂きました。感謝の気持ちでいっぱいになります。
日の丸の国に生まれて良かった!ありがとうございます。

投稿者: 管理者 日時: 2013年05月10日 11:03 |  

2013年05月09日

水晶

ピソリーノにサービスでお付けしている水晶を選びに来ました。
本物の水晶を通すことで、水道水でも純化されると言われています。
響きが増加するから面白いですね。
石によって、水によって、ピソリーノの音色は、様々に変化します。
ですから、パワーストーンにしても厳選したものをお付けするように
しています。

投稿者: 管理者 日時: 2013年05月09日 12:11 |  

2013年05月08日

高周波栽培!?

ピソリーノの上で、高周波栽培しているハイビスカスが咲きました。
ポインセチアとのコラボです。今年は何回咲くでしょうか。

投稿者: 管理者 日時: 2013年05月08日 10:16 |  

2013年04月17日

五個荘

近江商人の里といわれる五個荘にあった手水鉢です。
苔が青々と生えてとっても綺麗ですね。
この季節の新緑を見ていると、
「緑は青い」ということがよくわかります。

投稿者: 管理者 日時: 2013年04月17日 11:40 |  

2013年04月10日

京都大学でランチ!!

京都大学で渡邉教授とランチをいただきました。
地球環境の為に水琴がお役に立てますように。
それにしても京大は綺麗になりました。
思わず、売店で京大グッズをお土産に買っちゃいました。
京大名物、総長カレー。気になります

投稿者: 管理者 日時: 2013年04月10日 12:36 |  

2013年04月08日

全国で入学式日和になりました。
あちこちで新1年生の可愛い笑い声が溢れていることでしょう。
山桜も頑張って咲いていてくれました。おめでとう

投稿者: 管理者 日時: 2013年04月08日 12:30 |  

2013年04月05日

高周波な出会い!


下鴨の蕪庵さんで、京風中華料理を美味しく頂きました。
ご馳走様でした。そして、高周波な宴は最高です。
地球レベルの会話が心地良い!
お部屋には、水琴ピソリーノを持ち込み、
下鴨神社の御手洗舎の霊泉で高周波を頂きました。
高周波がまた美味しい!高周波な皆様との出会いに感謝!

投稿者: 管理者 日時: 2013年04月05日 10:19 |  

2013年03月22日

山岡尚樹さんのパーティーへ参加してきました!


山岡尚樹さんの独立記念講演、パーティーに参加してきました。
山岡さん、独立おめでとうございます!
写真は、白鳥哲さん、山岡尚樹さんと。

投稿者: 管理者 日時: 2013年03月22日 13:27 |  

2013年03月13日

煎茶道方円流の理事会に出席しました。

理事会ではお茶の世界の現状について熱い議論が交わされました。

急須で入れるお茶ではなくペットボトルのお茶が、お茶の標準になっているそうです。
自宅に急須を持っていないご家庭が増えたとか。
ペットボトルのお茶は急須で入れるお茶より不味い、美味いではなく、
ペットボトルのお茶より急須で入れたお茶は不味い、美味いという
評価になったというのです。

福寿園の社長がおっしゃっていました。最高級の玉露が100グラム1万円、
一杯入れるのに2グラムですから、2杯入れれば1杯100円という計算になります。
つまり、ペットボトルよりも安く最高のお茶がいただけるのです。

お茶を急須で入れてゆっくりしたひと時を大切にしたいものですね。

投稿者: 管理者 日時: 2013年03月13日 13:40 |  

2013年03月07日

総合地球環境学研究所を訪ねました!

総合地球環境学研究所を訪ねました。
とっても気持ちの良いところです。これからは、
なんでも地球レベルで考えないといけませんね。

投稿者: 管理者 日時: 2013年03月07日 10:17 |  

2013年03月04日

イタリアアッシジ大聖堂の水琴 10周年!

イタリアアッシジの大聖堂の水琴は、10周年を迎えました。
日本から駆けつけてくれた同志達と共にメンテナンスをして、
共に祝福ができたことは感無量でした。
院長も10年とは言わずもっと早くまた訪れてください、と
言っていただきました。ありがとうございました。

投稿者: 管理者 日時: 2013年03月04日 09:28 |  

2013年03月01日

大聖堂の水琴メンテナンス完了!

大聖堂の水琴メンテナンスが完了しました。
6年ぶりの大掃除にフランチェスコも喜んでくれたでしょうか。
10年経って水琴も、イタリアの聖地に少し馴染んだように見えました。

投稿者: 管理者 日時: 2013年03月01日 10:22 |  

ローマ法王最後の謁見!

ローマ教皇猊下の最後の謁見に参加しました。
様々な言語で挨拶され、会場に集まった15万人の
聴衆は拍手で応えました。お疲れ様でした。
そして、ありがとうございました。

投稿者: 管理者 日時: 2013年03月01日 10:19 |  

2013年02月27日

水琴レインボーツアー!ローマに到着しました!

ローマに無事に到着しました。
皆さん元気です。私も元気です。
今日はバチカンで法王猊下に謁見に臨みます。

投稿者: 管理者 日時: 2013年02月27日 15:57 |  

2013年02月20日

大切なこと

大切なことは目に見えない。
星の王子様にキツネが教えた大切なことです。
大切なことは聞こえない。水琴が教えてくれた大切なことです。
昨日、イタリアアッシジのシスターと電話がつながりました。
10周年記念式典では、よろしくお願いします。見えないことを見て、聞こえないことを聞く、そんなツアーになりますように。
.

投稿者: 管理者 日時: 2013年02月20日 13:36 |  

2013年02月15日

水琴レインボーツアーの皆様と

水琴レインボーツアーにご一緒する皆さんと。
初めてお出会いした方も深いつながりがあったりして、
楽しくなりそうです。

投稿者: 管理者 日時: 2013年02月15日 16:03 |  

2013年02月14日

総合地球環境学研究所の渡邉先生がお越しくださいました。

私が京都大学生だった頃、助手をされていた先生です。
現在では総合地球環境学研究所教授をされていて、水資源の専門家。
世界的に活躍されている先生です。水をテーマにしたプロジェクトをご一緒できればいいですね。これからもよろしくお願いいたします。ありがとうございました。
http://www.chikyu.ac.jp/

投稿者: 管理者 日時: 2013年02月14日 10:26 |  

2013年02月13日

久保田弥一郎先生がお立ち寄りくださいました。

京都大学の大先輩、久保田弥一郎先生が会社にお立ち寄りくださいました。久保田先生は91になられたそうです。サイボーグではないか、という冗談も聞かれるぐらいお元気です。日野原先生とご一緒したときは、久保田先生は若者で、80代の先生が子供扱いされていました。時間を超えている人たちは、やはりサイボーグなのかもしれませんね(笑)いつまでもお元気でいてください。

投稿者: 管理者 日時: 2013年02月13日 14:43 |  

2013年02月01日

イタリアツアー打ち合わせ

宝積老師とイタリアツアーの最終打ち合わせをしました。ローマ法王様との謁見、大聖堂での式典などを打ち合わせしました。さあ、これからが佳境です。皆さんに喜んでもらえますように。

そして、聖フランチェスコ大聖堂に交換用の「かけひ」が出発しました。
「かけひ」って言われても何のことやらと言われないように
図解書も入れました。水が出てくる竹筒です。
水琴窟タイプには、かかせません。

投稿者: 管理者 日時: 2013年02月01日 13:04 |  

2013年01月10日

気になる木

御所にある気になる木です。
よーく見て下さい!気になるものが見えて来ますよ!

投稿者: 管理者 日時: 2013年01月10日 14:46 |  

2012年12月24日

メリークリスマス

メリークリスマス‼

クリスマスは、キリストの生誕を祝うと共に
太陽の復活を祝う日でしたね。

今年は冬至は21日でした。太陽の復活祭です。
太陽が一度死んで蘇る日。

おめでとうございます。

新しい年は、どんな年にしたいですか?
やっぱり、高周波な年にしたいですね。

太陽がだんだんと昇るにつれて、周波数も上がります。
取り残されないように、
日頃から水琴で周波数を上げておいてくださいね。

投稿者: 管理者 日時: 2012年12月24日 23:10 |  

2012年12月07日

天皇陛下


新作DVDの話をしていたところ、会社の前を天皇陛下が通られました。シンクロニシティが起こりはじめているようです!いつも日本のためにご尽力いただき心より御礼申し上げます。ありがとうございます。

投稿者: 管理者 日時: 2012年12月07日 14:17 |  

2012年11月26日

タテヨウの葉書 その後…


印空寺でいただいた葉書が届きました。
狸が出したのかと思われたのでしょうか、
時間がかかりましたけども…。ようやく
ティーズコーポレーションに届きました。

投稿者: 管理者 日時: 2012年11月26日 14:12 |  

2012年11月21日

お芋の中から六芒星!

家で六芒星の水琴『最強の家』をかけていたら、
六芒星が芋の中から出てきました。それもニコニコ付き。
今日は何か楽しいことがありそうだ。

「最強の家」ご注文はこちらまで
http://www.suikinkutsu.net/cd/index.html

投稿者: 管理者 日時: 2012年11月21日 11:55 |  

高周波な石

玉石です。イセゴロタと言います。
聞こえてきますか?
真ん中の大きな石の間から
水琴の高周波が出ています。

投稿者: 管理者 日時: 2012年11月21日 11:14 |  

2012年11月16日

ハイビスカス

ピソリーノの上のハイビスカスが咲きました。
夏に大きな花を咲かせてから、
ピソリーノの上で水をあげてきました。
高周波パワーすごい!
どんどん成長しています。
奇跡のハイビスカス!?

投稿者: 管理者 日時: 2012年11月16日 12:19 |  

2012年11月02日

タテヨウの葉書を投函しました!

先日印空寺で頂きましたタテヨウの葉書に
住所を書いて、切手を貼って本日投函しました!
無事に届く手しょうか??楽しみです。

投稿者: 管理者 日時: 2012年11月02日 15:31 |  

2012年10月31日

タテヨウの葉書

京都西山にある印空寺さんを訪ねました。
境内には葉書の語源というタテヨウの樹がありました。
その葉に石で字を書くと浮かび上がってくるのです。
葉書の語源になったとか。とても素敵なお寺です。
タテヨウの葉書ちゃんと送れるのかな?
試してみようと思います。

投稿者: 管理者 日時: 2012年10月31日 11:40 |  

2012年10月05日

きみがよものがたり

日本国家の「君が代」。
この歌詞は平安朝の古歌で、
詠み人知らずだったということと
ご存知でしょうか?

三十ニ音の歌の一音一音を読みとくと
日本人の心が見えてきます。
素晴らしい絵本です。

あまな合同会社
TEL:078-11-3690
http://kilei.ocnk.net/product/60

投稿者: 管理者 日時: 2012年10月05日 15:03 |  

2012年10月03日

弁天さんの水琴

弁天さんの水琴です。
さて水琴はどこにあるでしょう??

弁天さんの前の竹筒の刺さったところです。
この弁天様水琴は、まもなくリニューアルされて
お目見えすることになりました。

京都の観光名所の中です。
お楽しみに。

投稿者: 管理者 日時: 2012年10月03日 14:15 |  

2012年09月28日

鉄橋

宮古市を通るJR山田線の鉄橋はまだ落ちたままでした。
海岸近くのホテルは復興作業の職人さんでいっぱいです。
素敵な街が戻ってくることを期待します。

投稿者: 管理者 日時: 2012年09月28日 13:55 |  

2012年09月26日

たらふく

宮古のラーメン屋さん
「たらふく」
昔ながらの醤油味
美味しいですよ。
たらふく食べました♪

投稿者: 管理者 日時: 2012年09月26日 13:08 |  

2012年09月25日

東北へ行ってきます。

今日から東北へ行ってきます。
皆さん元気にしてますか?

宮古市の保険施設で、最強の家を
流して頂いているそうです。頑張ってね。

東北の秋。楽しみですね。
さあ、味覚の秋を楽しみましょう。
たくさん東北の味を食べるぞ‼

投稿者: 管理者 日時: 2012年09月25日 10:36 |  

2012年09月14日

ホールインワン水琴!

水琴を玄関に設置したお客様が、
なんとゴルフでホールインワン
したそうです。ついてますね。
おめでとうございます(^-^)/
高周波な出来事に乾杯。

投稿者: 管理者 日時: 2012年09月14日 13:44 |  

2012年09月12日

おすすめDVD!

宝積先生から座禅の入門DVDを頂きました。
とてもわかりやすく座りたくなります。
勝負時を迎えるあなたにおすすめのDVDです。
DVD>自宅で坐る―静寂の境地を求めて 禅匠が教える禅の極意ー居間が禅堂に変わるー ()

投稿者: 管理者 日時: 2012年09月12日 16:12 |  

2012年09月03日

さがみ典礼様は亀甲マーク

先日オープンした信州さがみ典礼様のロゴマークは
なんと亀甲マークではありませんか!!

亀甲マークは、籠目紋とも呼ばれ、
ユダヤではダビデのマークとも言われる、
六芒星(ろくぼうせい)の相似マークです。

六芒星は、火相と水相を合わせたかたちで
火水(かみ)の形状とされる最強、最安定の形です。
自然界には、細胞の形、ベンゼン環の形としても知られていますね。

この形は、自然界で最も安定した形とされています。
この形状になぞらえて、家相を最強にしようというのが、「最強の家」です。

どうぞ、お試しください。最強です!!

http://www.suikinkutsu.net/cd/index.html

投稿者: 管理者 日時: 2012年09月03日 20:41 |  

2012年08月24日

水琴高周波空間の変化

水琴を導入するとその場が変化していきます。

水琴(75タイプ)を設置すると約1ヶ月くらいで
水琴の音が安定して響が整ってきます。
高周波の音も増大します。

3ヶ月くらいで人の耳が高周波に慣れて、
敏感になってきます。

6ヶ月くらいで水琴の設置してある空間が
高周波化されて全体に馴染んできます。
いつでも心地良い空間(パワースポット)の完成です。

投稿者: 管理者 日時: 2012年08月24日 14:53 |  

2012年08月17日

大文字五山送り火

昨日は京都五山送り火でした。
ご先祖様に感謝!
有難うございます!

投稿者: 管理者 日時: 2012年08月17日 16:07 |  

2012年08月02日

虹の広場

亀岡保育園様で初音之式が滞り無く行われました。
保育園の真ん中のピアノのあるスペースに設置され、前日から子供達は大騒ぎ。

初音之式当日は、五カ所の霊泉が集められ、
園長先生のお話、理事長の祝詞奏上、大橋のお話、
そして真清水合わせの義のあと、子供達の手で霊水が水琴にくべられました。
最後に子供たちも一緒に祝詞を奏上して(さすが大本の地です)、
水琴の音色は、自然に広がり始めました。

こうして、地球高周波計画=レインボープロジェクトが
大本の地である亀岡から始まったのです。
地球さんも喜んでいるようです。
心から感謝と喜びで満たされているときに一報が・・・

あの設置された場所は実は、
虹の広場と呼ばれていたのです。
そういえば、写真の後ろに虹の絵が・・・

ここに設置されることは決まっていたのかもしれませんね。

大地の恵みに、深遠なるご縁に感謝致します。ありがとうございました。

投稿者: 管理者 日時: 2012年08月02日 14:44 |  

2012年06月26日

あるお寺でオニヤンマが出迎えてくれました。


元気ですか?
ついてますか?

投稿者: 管理者 日時: 2012年06月26日 15:36 |  

2012年06月22日

白馬のオーブスさん訪問

日本アルプス白馬岳の村にあるオーブスさんを訪問しました。水を徹底的に研究する岸社長は、超水フェチです。

身体に、飲料に、お肌に、家屋に・・・
水はあらゆるものの基本です。

岸さんのような方が日本にいてくれて良かった。
水の国、日本から、水の不思議、大切さを発信し続けてください。

水琴に通すと高周波が増えるかも・・・
早く帰って音が聞きたい。音フェチでごめんなさい。

菅野さん、大野さんお世話になりました。

投稿者: 管理者 日時: 2012年06月22日 09:59 |  

2012年06月21日

アッシジからのお便り

イタリアアッシジで宮廷舞踊を教えている日本人、
小野千枝子さんからお便りが届きました。

日本の産経新聞で取り上げられたそうです。

 こちら → http://sankei.jp.msn.com/world/news/120611/erp12061117280002-n1.htm

小野千枝子さんは、
海外で海外の歴史的舞踊を
海外の子供や大人に教えられている素敵な方です。
アッシジへ伺う時にお会いしたいですね。

投稿者: 管理者 日時: 2012年06月21日 14:45 |  

2012年06月20日

ピソリーノにうっとり!

ピソリーノを流したら、
寄ってきて、すやすや
ご機嫌だワン。

ワンちゃんは素直です。
ストレスの中でお疲れのあなたに、
水琴は自然界の恵み「高周波」を届けます。
お試しください。

投稿者: 管理者 日時: 2012年06月20日 14:38 |  

2012年06月14日

東本願寺東山浄苑に立ち寄りました。

陰陽の水琴窟(水琴)は真ん中に立つと
高周波がステレオで迫ってきます。
立体的に直撃されると、
そのまま昇華してしまいそう!
霊園ですけど是非体験してみてください。
すごいですよ。
たぬきではありません。

東本願寺東山浄苑
http://honganjifoundation.org/jouen/

投稿者: 管理者 日時: 2012年06月14日 09:49 |  

2012年06月06日

ピソリーノちゃん出発!

6月9日に開催されるセミナーで活躍する
ピソリーノちゃんが本日会社を出発しました。
皆様に粗相の無いように、
京都でしっかり?修行してきましたので、
お手柔らかにお願い致します。

でも、ピソリーノは手を抜きませんよ。
高周波をビシバシ当てまくります。直撃します。

新刊の発表も会場で行います。
CD、書籍の販売会、サイン会も行います。

みなさん是非是非!ご来場下さい!!
お待ちしています。

 http://www.suikinkutsu.net/topics/#001282

投稿者: 管理者 日時: 2012年06月06日 18:28 |  

2012年05月27日

アコオさんご一行

倉敷から弊社岡山営業所の
アコオさんご一行がお越しになりました。

倉敷で介護施設を運営されている
素敵な会社です。

 グループホームには、水琴が設置されています。

 岡山のみなさんお立ち寄りください。

http://www.acoh-business.com/care/index.html

投稿者: 管理者 日時: 2012年05月27日 12:52 |  

2012年05月21日

金環日食

金環日食は見れましたか?
月と日が一直線にならぶ今日はもちろん新月です。
月のエネルギーを全身に浴びて元気アップして下さい。
心の中に感謝をもてば天地人のエネルギーがそろいます。

投稿者: 管理者 日時: 2012年05月21日 15:03 |  

2012年04月16日

東山浄苑さんの桜

東本願寺東山浄苑さんに寄りました。
枝垂れ桜が満開で、
水琴にもたくさんの方が集まっていました。

故人を思い、春の風を受けていたら
水琴の音が心を癒してくれる。

陰陽の水琴は今日も来る人を癒しています。

梅から桜に変わり
四季折々の花が迎えてくれます。

是非訪れてみてください。

投稿者: 管理者 日時: 2012年04月16日 17:17 |  

2012年04月04日

アンパンの日


今日は、アンパンの日です。
1875年(明治8年)4月4日、花見に行幸した明治天皇に
山岡鉄舟が献上し、木村屋のあんパンは皇室の御用達
となったそうです。アンパン買いました。あー美味しい。

投稿者: 管理者 日時: 2012年04月04日 13:22 |  

2012年03月28日

トムレダーさんと


セレナイト光の剣のトムレダーさんとお話させていただきました。光の剣で周波数を上げるそうです。水琴と原理は同じですね。
トムレダーさんは、温和な素敵な方でした。
船井メディアの皆さんありがとうございました。

投稿者: 管理者 日時: 2012年03月28日 16:10 |  

2012年02月09日

日新河原町ビル様メンテナンス完了

新春、新たな気持ちで水琴も機嫌よく
春の詩を唄っています。

京都へ来たら四条河原町の日新河原町ビルへ寄って
裏道をひょいと行くと新京極の池田屋さんへ辿り着きます。

そして錦天満宮様で感謝のお参りをすれば
あなたの夢も叶うかも。

おすすめコースです。

投稿者: 管理者 日時: 2012年02月09日 16:32 |  

2012年02月01日

大阪国際美術館に立ち寄りました。

草間弥生さんの展覧会では
細胞の絵画、色付きの夢、
そんな世界が体感できました。

「私の人生は戦いです」
オノ・ヨーコさんとダブって見えるのは
その根底にあるサバイバル感かもしれません。

いつまでも元気な作品を作り続けて下さい。
水琴の高周波が入るとさらに良くなるかも。


投稿者: 管理者 日時: 2012年02月01日 10:59 |  

2012年01月04日

アルプス一万尺

アルプス一万尺な唄を聴いていたら、
不思議な歌詞だなあと思いました。
調べてみるとしっかりしてます。

1尺は30.3cmですから1万尺は3030m、
日本北アルプスの山の高さを表すタイトルなのです。
槍ヶ岳は3180mであり、
小槍のうえとは槍ヶ岳の頂上をさすようです。

でも唄のように
ランラランランランランラン
と登れるようなところではないようです。

いい唄ですね。
ランラランランランランラン。

投稿者: 管理者 日時: 2012年01月04日 15:27 |  

2012年01月01日

本年もよろしくお願いします。

水琴を聞きながら
静かに年を越しました。

本年もよろしくお願いします。

下鴨神社さまから頂いた御神酒を水琴に当てたら、
びっくりするほど美味しくなりました。

最初に少し飲んでから1時間ほど当てるとよく分かります。
あなたの中の龍が喜ぶはずです。

龍は経験を食べて大きくなります。
水琴を呼吸して元気になります。

ブータン国王万歳。
お試し下さい。

投稿者: 管理者 日時: 2012年01月01日 00:44 |  

2011年12月26日

名探偵コナンに「水琴窟」が放送されました!

第640話 12月10日放送

8枚のスケッチ記憶の旅(岡山編)
岡山を観光中、コナンらは夢二郷美術館の前で記憶喪失になった女性と知り合う。
彼女は何らかの衝撃により、突発的な記憶障害になっていた。
女性は老夫婦の携帯から流れる水琴窟の音に反応する。
コナンたちは水琴窟がある旧野崎家住宅を訪ねる。というストーリー
(読売テレビホームページ「名探偵コナン」より)

ついに水琴窟がメジャー化してきました。水琴窟の研究を始めて15年。
とても嬉しく思います。水琴窟という音遊びがあったからこそ水琴が完成
出来たのです。弊社から電話をすると「ティーズさんにいるんやろ」と
分かってしまいます。アリバイが成立したのか、いや、それとも何かを
意図してCDを放送していたのか…
ミステリー水琴ツアーの始まりです。

「大きい方がご利益ありますか?」と問い合わせをしてこられた方のバック
ではものすごく大きな音で水琴の音が流れていました。
さりげなく流してもらえればいいですよ。
でも高周波は抜けてくるので相手にはよく聞こえます。
試しにティーズまでお電話してみて下さい。

投稿者: 管理者 日時: 2011年12月26日 11:20 |  

2011年12月22日

本日は冬至です。

太陽が一年で一番南へ行く日です。
つまり太陽が一度死ぬ日。そして蘇る日。

今年を振り返り、マイナスな想念をはらい、
新しい門出として高周波を全身に浴びましょう。

一度死んでまた蘇る。

このくりかえしの中に生命の真理があります。

六芒星の「安心」の中で五芒星の「確実」を手にしましょう。
水琴は、その二つの原理を音として提供しています。

様々なことが起こった1年でしたが、
新しい年が豊かで美しい1年でありますように。
お祈り申し上げます。

投稿者: 管理者 日時: 2011年12月22日 10:21 |  

2011年12月20日

アテンダントさんから「愛の種」を頂きました。

マジッククリアファイルというそうです。

白い紙を入れるとあら不思議。夕暮れからお昼の風景に変化します。

特急電車の走る姿は電車ファンでなくとも美しく感じますね。

素敵なプレゼントをありがとうございました。

投稿者: 管理者 日時: 2011年12月20日 10:19 |  

2011年12月15日

中村幸昭さんの講演

鳥羽水族館名誉館長の中村幸昭さんの講演をお聞きしました。
中村さんとは10年ほど昔、鳥羽水族館を訪れた際にご紹介頂いて
以降でしたが「お久しぶりです」というと「あーまた遊びに来てな」
と笑顔で応えてくれました。

ドジョーの出産の話や象の子育ての話など楽しいお話で聴衆も大笑い。
これからも益々お元気で、楽しいお話をお聞かせ下さい。

投稿者: 管理者 日時: 2011年12月15日 11:34 |  

2011年12月01日

師走

12月が始まりました。

京都の紅葉シーズン11月が終わると
年末年始の準備で慌ただしくなります。

ところが12月初旬が紅葉の盛りになっていることを
ご存知でしょうか。
人が減って紅葉が美しいこの時期に一度
京都を訪れてみてはどうでしょうか。

12月3日〜5日 イヤシロチツアー(船井メディア)
12月16日   池田屋ミニセミナー(池田屋)
12月21日   水琴オーナーの会

投稿者: 管理者 日時: 2011年12月01日 12:05 |  

2011年11月19日

雨はみそぎ。

京都は雨です。雨はみそぎです。
日々汚れてしまったものを浄化することは大切なことです。

低周波なものは毎日あなたに襲いかかります。
朝、家を出てから帰るまでに、
様々な低周波な出来事、人と出会います。
家に帰ったとき、みそぎを行いたいものです。
神社であれば祝詞、お寺であればお経でしょうか。

毎日のみそぎは水琴の高周波にお任せ下さい。
水琴の高周波は、空間を浄化して、
あなたのけがれをはらいます。

音を呼吸する。そんな感覚であたり前にしてみると
毎日が過ごしやすくなるかもしれません。

「最強の家」は、6枚の水琴のCDで
あなたの家を最強にします。
ぜひお試しください。
ご感想もお待ちしています。

 こちら → http://www.suikinkutsu.net/topics/#001145

投稿者: 管理者 日時: 2011年11月19日 13:57 |  

2011年11月02日

ツイッターもしています!

ツイッターもしております!
毎日更新していますのでチェックして下さいね!

ティーズ・コーポレーション 
http://twitter.com/#!/TsCorporation

大橋智夫
http://twitter.com/#!/ToshioOhashi

投稿者: 管理者 日時: 2011年11月02日 09:24 |  

2011年11月01日

11月が始まりました。

いよいよ11月です。

いろいろなことがどんどん過ぎていきます。
いろいろな人も現れては消えていきます。
めまぐるしい変化に翻弄されていませんか?

周囲に気を取られすぎていると
あなた自身を忘れてしまいそうです。

ときどき立ち止まって一息入れて
あなた自身を確認してくださいね。

最強の家がリリースされて
いろいろなところで奇跡が起こり始めています。
本心へ向かう旅。

水琴はその道案内人です。

投稿者: 管理者 日時: 2011年11月01日 17:04 |  

2011年10月14日

雨の日の吉上上もいいものです。

水琴を楽しめる吉上上さん。
今日は雨ですが、大変な賑わいです。

水琴をゆっくり頂くには
こんな日がいいかも。

今日は、へしこの豆がらしを頂きました。
うまい。さすが。

投稿者: 管理者 日時: 2011年10月14日 20:14 |  

2011年09月22日

妙乗院様の六芒星水琴がパワーアップ!

愛知県、東海市にある妙乗院様の六芒星水琴が
本堂に響き渡っています。

天然石の水晶とソーダライトを
上部に置いた六芒星水琴。

お参りする人のご利益絶大とか。
六芒星水琴の作法を紹介します。

《六芒星水琴の作法》
1.二回礼をする
2.合掌する
3.右回りにニ回水をかける
4.左回りに一回水をかける
5.一回礼をする

一度お試しください。

投稿者: 管理者 日時: 2011年09月22日 15:36 |  

2011年09月09日

伊勢神宮訪問

お伊勢さんを訪問しました。

京都の菅原院天満宮の宮司さん、
水火天満宮の宮司さんらと、ご一緒させて頂きました。

伊雑宮は内官の別室で遙宮(とおのみや)と
古くから呼ばれ天照坐皇大御神御魂を御祭神に
しています。

おもしろいご神木がありました。
地からのエネルギーを吸い上げていることが
よく分かります。

ありがたい気持ちで、いっぱいになりました。
ありがとうございます。

投稿者: 管理者 日時: 2011年09月09日 11:48 |  

2011年08月21日

今日は地蔵盆の日でした。

お地蔵さんをガレージなどに持ってきて、
子供たちを中心にお参りをする日です。

地蔵菩薩の縁日が毎月24日で、
お盆の期間中の8月24日を「地蔵盆」と呼びます。
最近はそのあたりの日曜日などに行われます。

各町内ごと地蔵菩薩の前に屋台を組んで花や餅などの供物をそなえ、
みんなで「百万遍大数珠繰り」を行います。

数珠の一つ一つが仏様で
大きな数珠が阿弥陀様だそうです。

子供たちの安全と健康を祈りました。
環境問題や食糧問題が毎日ニュースになる昨今です。
美しい環境を将来のために残していきたいですね。

高周波が放射能の影響を抑える効果があるということが
テレビで放映されていたそうです。
水琴の高周波が日本の将来の役に立ちますように。

投稿者: 管理者 日時: 2011年08月21日 19:06 |  

2011年08月10日

福島の子供たちを支援する会に参加しました。

小学生のみんなは、思い思いの絵を
大きな紙に描いていました。
この絵が10年後の福島の役に立ちますように。

水琴のCDを全員にプレゼントしました。


勉強する時にかけると総理大臣になれるよ。
寝る時にかけると宇宙人にあえるよ。
と説明すると、目をランランと輝かせていました。

本当だよ。

投稿者: 管理者 日時: 2011年08月10日 23:32 |  

2011年08月05日

海峡をつなぐ光を見ました。

「海峡をつなぐ光〜玉虫と少女と日韓歴史ロマン〜」は
日刊文化交流の素晴らしい歴史ドキュメント映画でした。
玉虫の羽根の光沢は数百年経っても
その色を保ち、人を魅了しているそうです。

お隣りの国、兄弟の国として仲良くしていきたいですね。

日韓合作ドキュメンタリー映画
「海峡をつなぐ光 〜玉虫と少女と日韓歴史ロマン〜」
乾弘明監督最新作.
http://heiseimaster.com/kaikyou/

投稿者: 管理者 日時: 2011年08月05日 10:01 |  

2011年07月29日

船井幸雄先生にお会いしました。

お元気そうで何よりです。
本物、本当のことを
これからも発信し続けて下さい。

御健勝をお祈り申し上げます。
ありがとうございました。

投稿者: 管理者 日時: 2011年07月29日 15:11 |  

2011年07月17日

祇園祭鉾巡行

今日は祇園祭鉾巡行の日です。

疫病を祓うために鉾を立て無病息災を祈念しました。

当時の全国の国の数を表す66本の矛を神泉苑に立て、

諸国の悪霊を移し宿らせることで諸国の穢れを祓ったのが

その起源であるとされます。

 ■ 関連記事
【大橋智夫の運気が上昇するヒーリングメルマガ】
http://archive.mag2.com/0000263825/index.html

投稿者: 管理者 日時: 2011年07月17日 18:09 |  

2011年07月06日

吉上上1周年おめでとうございます。

現在、吉上上では原田充郎さんが京都にお店を出して、
1周年の記念に生ビール1杯のサービス中です。
鉄人をやぶった原田さんのお料理を頂きながら
ビールを頂き、その後は月の桂「水琴」を燗で。
これであなたの運気も上上間違いなし!
ちなみに「水琴」は月の桂のお酒に2週間以上水琴の高周波を
浴びせて完成した高周波なお酒です。

月の桂「水琴」→
http://www.tominaga.ne.jp/fs/tominaga/c/mizukoto

※サービス期間は1週間だそうです。急げ!

投稿者: 管理者 日時: 2011年07月06日 11:31 |  

2011年06月30日

水琴が熱い!

暑い夏がやってきました。

全国各地で水琴のCDブックが売れているようです。

高松市の紀伊國屋書店さんでは水琴コーナーが出来て、
音も放送されているそうです。
写真の青いムックは、
『幸運の連鎖を招く「水琴の音」CDブック』(マキノ出版)です。


ありがとうございます。

11月号「ゆほびか」(9月16日発売)での特集が決まりました。
お楽しみに。

投稿者: 管理者 日時: 2011年06月30日 10:59 |  

2011年06月28日

本栖寺様水琴窟「妙音」

本栖寺様は京都市伏見区小栗栖の山にあるお寺です。
藤森駅(JR)又は、六地蔵駅(京都市営) から
徒歩20分くらいの場所です。

ご住職の杉若恵隆和尚様は、毎朝鐘を打ち、
「妙音」に水をくべ、開運堂でお参りをするそうです。

和尚様をよく乗せるタクシーの運転手さんが、
来るたび妙音の音を聴き、
開運堂でお参りをしていたところ、
社内売り上げナンバーワンになったとか。
ありがたいので先日奥様と2人でお参りに来られたそうです。

さすが開運堂。ご利益抜群です。
是非訪れてみて下さい。

本栖寺様→
〒601-1463 京都府京都市伏見区小栗栖中山田町5−5

投稿者: 管理者 日時: 2011年06月28日 10:13 |  

2011年06月27日

カフェ創造手さんでカプチーノを頂きました。

私の額をじっと見つめて書いてもらった文字は「受入」
正に私の今年のテーマ「寛容」にぴったり。

大きな羽の生えた王様の包容力が見えたそうです。

かき混ぜるのがもったいなかったですが、
かき混ぜて美味しく頂きました。

カプチーノは¥600で楽しめます。おすすめです。

カフェ創造手
〒651-0056 兵庫県神戸市中央区熊内町4丁目8−4カナヤラビル 
カフェ&レストラン528 カフェ創造手

投稿者: 管理者 日時: 2011年06月27日 14:00 |  

2011年06月21日

宮の雪の社長の講演をお聞きしました。

宮の雪といえば、三重県の地酒。
鈴鹿の伏流水で造られた、私のお気に入りのお酒です。

モンドセレクションで、
20年以上連続で金賞を獲得している世界的に有名なお酒です。
まだの方、お試しください。

その会社の社長は、気さくな方で、
成功秘話をたっぷりお聞かせ下さいました。
ありがとうございました。

自分の強みはなんですか?
自分では分からないことが多いけど、
それを知ることで、飛躍的にのびる。そうです。

水琴の強みは、
暮らしに自然界の高周波を持ち込めること?
宮の雪をいっぱいやりながら考えてみます。

投稿者: 管理者 日時: 2011年06月21日 22:43 |  

2011年06月10日

池田屋さんのアートフラワー

京都新京極の池田屋さんからアートフラワー(造花)を頂きました。
現在はフィギュアの販売をされていますが、歴史ある文具店です。
これからアートフラワーも手がけていくそうです。

あっと驚くイベントも企画中とか。楽しみです。

京都新京極 池田屋
〒604-8046 京都市中京区新京極通蛸薬師下ル東側町513
075-221-5761


投稿者: 管理者 日時: 2011年06月10日 21:09 |  

2011年06月07日

役行者の命日です。

今日は、役行者の命日です。
七色の光に乗って天へ上って行ったそうです。

お母さんを八丈島に捕まえられても、
雲に乗って富士山まで修業に行ったとか。

昔の人は大したものですね。
そんなことが出来たら、
ブログやYoutubeで自慢しまくります。
UFOには、五回ほど遭遇してますけどね。

毎年、この日には自分の非力さを実感します。

投稿者: 管理者 日時: 2011年06月07日 20:40 |  

ピアノトリオコンサートをご紹介します。


ワルシャワ国立フィルハーモニーの
ヴァイオリン、チェロの奏者と
あの木知寿子さんがトリオで
コンサートを開催されます。

どんな調べを奏でてくれるのか。
おすすめのコンサートです。

詳しくは、プランツコーポレーションまで → http://planz.co.jp/

2011年7月16日3:00
京都会館第2ホール
S席4000円 A席3000円 B席2000円

投稿者: 管理者 日時: 2011年06月07日 14:11 |  

2011年06月04日

尾崎 榮(サカエ・シータマタ)講演会に参加

尾崎 榮(サカエ・シータマタ)さんの
講演会に参加しました。

日本のマザーテレサと呼ばれる
素晴らしい方でした。
こんな人が日本にいてよかった。

新神戸にカフェがあるそうです。
また行ってみよう。

主催して頂きました正心塾さま、
お誘い下さいました新河町の安保さま、
素敵なお話をして頂きました尾崎榮さま、
ありがとうございました。

投稿者: 管理者 日時: 2011年06月04日 21:33 |  

2011年06月02日

リーガロイヤルトークサロンのデザート

この日の為にデザートを作ってくださった料理長?曰く、

「今回は大変難しいテーマでしたが、頑張って作りました。
今回のテーマの水と流氷をイメージして作りました。
少し不思議な味になってるかもしれませんが、どうぞお楽しみ下さい」

見た目もとてもきれいで、さっぱりと、さわやかな味でした。
(下のブルーの部分はゼリー)

紅茶は、ここでしか味わえないという、とても珍しい茶葉を使った紅茶とのことでした。


さわやかな苦味がほんの少しあり、ケーキにぴったりの紅茶でした。

投稿者: 管理者 日時: 2011年06月02日 13:28 |  

2011年06月01日

妙見さんの日です。

毎月1日は、妙見さんの日です。

先月の無事を感謝して、
今月の幸せを感謝しましょう。

ありがとうございますは、高周波の言葉。

たくさん発してお肌すべすべになって下さいね。

本栖寺さまの妙見堂の水琴も
皆様に元気を与えているそうです。
ありがとうございます。

私は頂妙寺さまでお参りさせて頂きました。

投稿者: 管理者 日時: 2011年06月01日 18:33 |  

2011年05月12日

雨の日の水琴

雨の日の水琴窟(水琴ガーデン)は、
やかましいのでしょうか?

答えはNOです。

雨の音の方がやかましいという理由と
水琴には雨水を排水する水路が設けてあります。

ですからご安心下さい。
テンポが少し早目の音で雨の日も楽しめます。

投稿者: 管理者 日時: 2011年05月12日 15:06 |  

2011年05月05日

端午の節句、おめでとう男子!

端午の節句に男子の健やかな成長を祈願し
各種の行事を行う風習が日本にはあります。
国民の祝日「こどもの日」になっているので誰もが知る節句ですね。

五節句というように日本には五つの節句があります。

1月7日、七草粥「人日(じんじつ)の節句」
3月3日、ひなまつり「上巳(じょうみ・じょうし)の節句」
5月5日、こどもの日「端午(たんご)の節句」
7月7日、おり姫、ひこ星「七夕(たなばた)の節句」
9月9日、月をめでる「重陽(ちょうよう)の節句」

日照時間や自然現象から春分、夏至、秋分、冬至などの
二十四節気という歴が中国で作られましたが、
日本風にそれにちなんで奇数が重なる日に
宮中で邪気を祓う宴会が催されるようになり
「節句」といわれるようになったそうです。

暦の上では明日が立夏に当たりますが、
実際には5月5日20時23分が立夏に当たるそうです。

厄払いには高周波ですよ。
高周波は低周波を祓ってくれますからね。

投稿者: 管理者 日時: 2011年05月05日 20:23 |  

2011年04月29日

宮古市訪問

岩手県の宮古市を訪れました。
今日から新幹線が開通とのことですが、
一昨日は開通前のため、夜行バスで行きました。
大変ですねと言われましたが、
この夜の時間っていいものです。

やっぱり眠れません。
ですから、いつも忙しい時には少ない思考の時間が取れます。
頭で後から考えてみようと思っていたことなんかを
あれこれ考えるのです。
そうこうしていれば着いてしまいますから
本当にありがたいものです。

被災地は言葉を失いました。
町が流れてしまっているのてすから。
ごめんなさい。許してください。
そう言うしかありませんでした。
私達に出来ることは、
祈ることしかないのでしょうか。

そんな中で頑張る皆様に
水琴が少しでも癒しになりますように。
是非ご利用下さい。

■ 水琴の癒しプレゼント
 http://www.suikinkutsu.net/topics/#001013

投稿者: 管理者 日時: 2011年04月29日 14:06 |  

2011年04月27日

今年のテーマは「寛容」です。

小林芙蓉先生に私の今年のテーマ「寛容」を書いていただきました。
見た瞬間に良寛さまをイメージしました。
字から出るエネルギーは相当のものです。

この掛軸を背に一年間会長を頑張りたいと思います。
ありがとうございました。


水―小林芙蓉作品集

小林芙蓉作品集「水」 Works WATER

お話をした「アヂト」は美味しいビールに合う創作料理が楽しめるお店です。
正に「アヂト」です。お勧めです。

 アヂト → http://www.adito.jp/

投稿者: 管理者 日時: 2011年04月27日 13:36 |  

2011年04月19日

水琴M75の音調整をしてきました。

出ました 108デジベル!
驚異の高周波!

音量計で108デジベルは騒音です。
それも水滴の音から発生するのです。

それは高周波〜超音波が出ているからです。
東京のマンションに設置されますので
完成したらお知らせします。

投稿者: 管理者 日時: 2011年04月19日 15:22 |  

2011年04月15日

市田ひろみさんのトークサロンにお邪魔しました。

市田ひろみさんのトークサロンにお邪魔しました。
http://www.rihga-kyoto.co.jp/event/talk_0415/index.html

洞爺湖サミットで日本文化を紹介したお話やサントリーのお茶のお話。
もてなしの大切さなどなど、素敵なお話でした。

日本は石油や穀物がないが、伝統文化がある。
日本文化を誇りにして欲しい。

市田さんは、和を語れる数少ない日本人の一人です。

次回は大橋智夫が出演します。
2011年5月30日(月)
お楽しみに。

投稿者: 管理者 日時: 2011年04月15日 14:02 |  

2011年04月11日

一ヶ月が経ちました。

震災の状況が刻々と変化する中
私達、西に住むものは何が出来るのでしょうか。
自問自答の毎日です。
何も出来ないことは分かっています。
でも、せめて毎日、祈ることが出来ます。
ご冥福とご無事をお祈り致します。

バスがとれました。
お見舞いに伺おうと思います。
飯は持参、クソは持ち帰り。
ご迷惑をかけないように。
元気を届けられますように。

被災地の皆様の勇気と優しさに
感謝申し上げます。

頑張れ!東日本!

投稿者: 管理者 日時: 2011年04月11日 19:41 |  

2011年04月06日

桜が満開です。

京都の桜が気がつけば満開になりました。

寒さが長く続き、様々な出来事で翻弄されている間に、
春がやって来ました。

いつものように何もなかったかのように
桜は見上げる人にこんにちはと挨拶しています。

どんちゃん騒ぎをして桜ほったらかしだった花見が、
ちょっと恥ずかしい気持ちになります。

桜を愛でて、春の到来を感謝して受け止める。
そんな静かな花見もいいものです。

月の桂『水琴』を少しいただきながら、
胸の真ん中辺りに手を当てて
優しい気持ちに感謝しました。

どんなに焦っても、何もしなくても、
あたり前のように季節は巡り、
また新しい四季が始まります。

新しい門出をお祝い申し上げます。
新しい気持ちを持って頑張っていきましょう。

桜の下ではそんな静かな時間が似合います。
水琴窟の音色はそんな時間がぴったりです。

投稿者: 管理者 日時: 2011年04月06日 22:38 |  

2011年03月28日

仕事の中で社会に貢献する

あなたの携わる仕事ってどんなものですか?
あなたは何をしていますか?
それは楽しいですか?苦しいですか?
どんなものであっても、その仕事でお金をいただけるとすれば、
それは社会の役に立っているのです。
あなたの存在が役に立っているのです。

役に立とうではありませんか。
あなたの出来ることで。

ロータリークラブは世界中に存在する最も有名な慈善団体かもしれません。
その理念は、仕事の中で社会に貢献するというものを中心にしています。

今年度、会長をやる予定の方が休会しました。
そこで来年やる予定だった私が、今年度の会長をおおせつかりました。
ロータリークラブは7月から新年度です。
仲間の会員と共になにか役に立てればと思っています。

今日はコンビニで義援箱にお金を入れました。
名もない行為こそ真実に近いのかもしれません。

投稿者: 管理者 日時: 2011年03月28日 22:49 |  

2011年03月12日

被災地の皆様

ご無事をお祈り致します。

投稿者: 管理者 日時: 2011年03月12日 06:03 |  

2011年03月11日

洛北ロータリークラブでお話をさせて頂きました。

洛北ロータリークラブの歴史研究会で
お話をさせて頂きました。

高周波の大切さと現代社会で
その大切な音が欠如していることを熱く語りました。

医療に従事している方は、
私もそう考えてきたし、これから大切な事柄だとおっしゃって頂きました。

又、京都では古くから町家に坪庭があり、そこに水琴窟があるお屋敷は
繁栄すると言われている、というお話も頂戴しました。
京都の人は水琴音風水を昔から暮らしに活用してきたようですね。

水琴は、水琴窟として、高周波発生装置として、
これからますます大切な役割があるのだと
改めて考えさせられました。

投稿者: 管理者 日時: 2011年03月11日 15:51 |  

2011年02月22日

自然な表情の仏様

妙乗院様を訪問しました。
こちらは、人工の滝が有名なお寺です。
街中で滝行ができると話題になっているそうです。

そこの酒井住職がこれまた楽しいご住職。
月に一度滝行をやっているそうですから覗いてみては。

そこで木彫りの「円空仏」と対面できました。
展覧会では見たことがありましたが
間近で見るのは初めてでした。
素朴な表情の仏様に心が和みます。

自然に生きることがとても大切に感じました。
「自然に生きる」
そんな当たり前のことを
今年のテーマにしたいと思いました。

水琴の出来事は、
全て自然の中で起こっている出来事なのです。

投稿者: 管理者 日時: 2011年02月22日 22:49 |  

2011年02月17日

福井北ロータリークラブ様訪問

栗田ガバナー、大中会長、他会員の
皆様お世話になりました。

仲が良いということが肌に伝わって
くるような素敵なクラブでした。

今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

投稿者: 管理者 日時: 2011年02月17日 14:33 |  

2011年02月15日

バレンタインでした。

バレンタインデーは、楽しく過ごせたでしょうか?

美味しい高周波なチョコを頂きました。
ありがとうございます。

笑顔の高周波で感謝して春を迎えましょう。

狩人が旅人にうさぎを獲って
火で焼いてご馳走をしてくれました。

旅人は少しかわいそうだと思いました。

そこで狩人にうさぎを食べるとき
どう思うのですかと尋ねました。

狩人はじっと考えて、きびしい顔で答えました。

いつも心の中でこう言っているんだ。

ありがとう。

投稿者: 管理者 日時: 2011年02月15日 11:10 |  

2011年02月12日

小林芙蓉先生のDVD発売おめでとうございます

小林芙蓉先生のDVD発売記念祝賀会へ参加させていただきました。

神社本庁総長の田中恆清様とは
イタリアのアッシジで行われた平和の集いでお出会いして以来でした。
お元気なご様子、嬉しく思いました。

小林芙蓉先生はたくさんのお弟子さんやファンの方から
支えられているのだなあと自分のことのように嬉しく思いました。
阿波踊りをする小林芙蓉先生も素敵でした。

あなたも私も、みんな支えられえているのですね。
そんな当たり前のことを日常では忘れがちです。

小林芙蓉先生、芙蓉会の皆様、お招き下さいましてありがとうございました。
益々のご活躍をお祈り申し上げます。

http://www.kobayashifuyoh.jp/

投稿者: 管理者 日時: 2011年02月12日 21:57 |  

2011年02月08日

桜が咲いていました

近くの公園で桜が咲いていました。
少し暖かくなって春が待ちどうしい今日この頃です。

ベランダのシクラメンは、
元気に弱ることなくそのままで咲いています。

リビングの一輪挿しのガーベラも
変化することなくそのままで咲き続けています。
時間が止まったように・・・。

水琴の高周波を食べているのでしょうか?
それともサボテン化したのでしょうか?

今年は楽しいことがたくさん起こりそうです。

投稿者: 管理者 日時: 2011年02月08日 10:40 |  

2011年02月03日

今日は節分です。

京都では壬生の狂言が行われ、各地で豆まきが行われます。

「鬼は外」「福は内」

鬼の役はお父さんですか?

鬼は鬼門を守る大切な役割があります。
世のお父さん頑張って下さいね。

月の暦の大晦日。

水琴の高周波で1年の垢を祓って下さい。

投稿者: 管理者 日時: 2011年02月03日 13:14 |  

2011年01月29日

KajiGroupの新年会に参加しました。

KajiGroupの加地先生とは10年来の友達です。
その加地さんが代表を務めるKajiGroupの新年会に参加しました。

信頼できる大阪、京都の税理士さんならこちらをお勧めします。
素敵なスタッフに囲まれて、加地さんの人柄が伺えました。

皆さん頑張ってくださいね。
ご健勝と益々のご活躍をお祈り致します。
ありがとうございました。

http://www.kaji-group.net/pc/index.html

投稿者: 管理者 日時: 2011年01月29日 13:18 |  

2011年01月27日

原田充郎さんのお店は最高です。

東北からいらっしゃったYさんと
吉上上を訪れました。

料理好きのYさんは原田さんの料理に興味津々。
贅沢にも厨房の前でお話をお聞きしながら、
美味しい創作和風料理を頂きました。

もちろん吉上上さんには水琴が鳴り響いています。
そして水琴のお酒を頂きながら、
幸せなひとときを楽しませていただきました。

やっぱり原田さんの料理を水琴でいただくと最高です。

吉上上
http://www.leafkyoto.net/special/1012_gourmet/45

投稿者: 管理者 日時: 2011年01月27日 18:48 |  

2011年01月13日

キャリプロ会議に参加

キャリア・アップ・サポートさん主催の
happy女性キャリア・プロジェクトキャリプロ会議 VOL.2に
コメンテーターとして参加させていただきました。

神戸の女性起業家の集まりということで
会場もビジネスのプレゼン大会という内容なのに
和気藹々としたムードで進められていました。

世界で唯一の水琴窟(水琴)のビジネスモデルの会社として
紹介していただきました。

二部ではインプロ研修の体験をさせていただきました。
インプロとは即興を意味するものですが、
そのトレーニング手法を
ビジネスシーンのコミュニケーションに活かすというものです。

http://www.impro-works.com/

やっぱりビジネスの基本はコミュニケーションですからね。
人とのつながり、絆を大切にしていきたいものです。

神戸の女性起業家の方
ちょっと覗いてみてはいかがでしょうか。

http://www.happy-cap.com/index.html

投稿者: 管理者 日時: 2011年01月13日 13:50 |  

2011年01月10日

タイガーマスクは誰?

最近、全国を騒がせているタイガーマスク。
全国の少年施設へランドセルを贈っているとか。
良い人って良いね。
伊豆の踊子の一節を思い出しました。
やりたいですね。
いいこと。
子供のころは簡単に出来たのに。
どう思われてもいいじゃないですか。
やっちゃいます。いいこと。
今年の目標です。

投稿者: 管理者 日時: 2011年01月10日 21:49 |  

2011年01月01日

明けましておめでとうございます。

本年も宜しくお願い致します。

癒しは情熱だ!
今年も熱く癒しを提供していきたいと思っています。

高周波は世界を救う。
これは大自然からの贈り物なのです。

あなたはもっとあなたらしく
もっと情熱的に
もっと勇ましく
真心と共に行動できるのです。

イベント、講演会場でお会いしましょう。
高周波のティーズオリジナル商品を宜しくお願いします。

皆様のご多幸と世界の平和をお祈りいたします。

有限会社ティーズ・コーポレーション
代表取締役 大橋 智夫
スタッフ一同

投稿者: 管理者 日時: 2011年01月01日 09:00 |  

2010年12月29日

今年もあとわずかになりました。

今年もあとわずかになりましたが、
皆様には大変お世話になりまして、
誠にありがとうございました。

読者の皆様には、沢山のお便りを頂きました。
お便りは私達の大切な財産です。
喜びのお便りはもちろんのこと、
お気付きのことがあれば、
些細なことでも結構です。
来年もどしどしお寄せ下さい。
お待ち申し上げます。

また、水琴を設置して頂いたお客様、
音色のこと、利用方法、メンテナンス、
演出などなんなりとご相談をお待ち申し上げます。

商品をご購入のお客様、
ご不明な点があれば、ご連絡お待ち申し上げます。
水琴レディが対応させて頂きます。

皆様、誠にありがとうございました。
良いお年をお迎え下さい。
ご多幸をお祈り致します。

投稿者: 管理者 日時: 2010年12月29日 22:25 |  

2010年12月25日

メリークリスマス

今年もやってきました、クリスマス。
日本に馴染んでからどのくらいが経つでしょうか。

思えば2002年の12月に聖フランシスコ大聖堂に
水琴ガーデン(水琴窟)を設置させていただいてから
まもなく10周年を迎えようとしています。

世界遺産の大聖堂内ではクリスマスミサの準備が行われていました。
日曜日のミサでは、石で出来た聖堂内を歌声と
パイプオルガンの音色が響きわたっていました。
天使の歌声を感じずに入られませんでした。

母なる大地の声と水琴のことを表現された神父様は
水琴の設置された場所をイタリア語で「日本の泉」と名づけられました。
イタリアの文化に自然に馴染んでくれることを願ってなりません。

2012−2013に10周年記念ツアーを開催する予定です。
是非ご一緒にアッシジへ参りましょう。
私は何度も行っていますが、何度行っても心がなごむ聖地です。

大聖堂の地下に聖フランシスコの遺体が葬られた石棺があります。
その周りはものすごいパワースポットになっています。

パワースポットセミナー海外編をお楽しみに。

参考
http://pliocena.com/ticket/franc/basilica.html

投稿者: 管理者 日時: 2010年12月25日 09:47 |  

2010年12月11日

盛岡冷麺最高です。

盛岡冷麺を頂きました。
美味しい!最高です。
ありがとうございました。

岩手県は大好きな県ですが、
冷麺とじゃじゃ麺とわんこそばが
有名とは知りませんでした。
岩手県の皆様すみません。

わんこそばはもちろん知っていましたが、
盛岡冷麺を送っていただき頂きました。
本格的な韓国冷麺ですね。

でも不思議です。
福岡は韓国の影響で辛子明太子が出来たとか、
岩手は冷麺が名物になるということは
韓国の食文化は日本のそれとと馴染み易いのですね。

日本人が韓国人に
おまえの国は、犬を食うなんて野蛮だ
と言ったところ
韓国人は日本人に
おまえの国は、馬を食うなんて野蛮だ
と言ったとか。

仲良くいきましょう。
水琴は国境、文化を超えます。
中国の蘇州には水琴を輸出しましたが、
韓国にはまだありません。
是非どこかで使っていただきたいですね。

ぴょんぴょうん舎
http://pyonpyonsya.co.jp/

投稿者: 管理者 日時: 2010年12月11日 19:41 |  

2010年11月29日

ペンギンさんは高周波!

ペンギンさんは水琴の音が流れていました。
今日はくすみとりコース。
顔のくすみを取り除いてくれます。らしい。
なんとなく肌触りも違います。

カットやさんで水琴が流れているとゆっくりできます。
なんかいいことありそう。
北白川店が引越しをするそうですので、
年末は懐かしの公園店かも知れません。

行きつけの店があると安心ですね。
車で30分かけてかよっています。
でもやっぱりペンギンはいいですよ。癒されます。

http://www.kyoto-pengin.com/

投稿者: 管理者 日時: 2010年11月29日 20:51 |  

2010年11月28日

水琴ガーデン(水琴窟)の打ち合わせ。

マイホームに水琴をというお客様と打ち合わせをしました。
和風のこだわりのある住宅です。

中庭に本格的な茶庭の蹲をあしらえ、
水琴ガーデン(水琴窟)設置のプランです。

弊社がお届けする庭は、
お陰様で大変ご好評を頂いておりますので
ご安心ください。
完成したらお知らせしますね。

投稿者: 管理者 日時: 2010年11月28日 22:50 |  

2010年11月26日

水琴の音調整完了。

Y様のご自宅へお届けする
水琴ファーニチャの調整をしました。

小春日和の屋外で高周波を浴びて
腰掛けていると眠気が襲います。
あー気持ちいい。

今回もバッチリです。
お好みの服を着せて来週お届けします。
Y様お楽しみに。

投稿者: 管理者 日時: 2010年11月26日 22:14 |  

2010年11月23日

韓昌祐さんのスピーチ

マルハンの韓昌祐さんのお話は世界のVIPのジョークと題して話されました。
世、界をまたにかけて活躍される方だけに、
大統領との話や総理大臣との話やらスケールが大きくてためになりました。
ありがとうございました。

来週の盛岡の講演会では、情熱とジョークでたっぷりお話したいと思います。
岩手の皆様会場までお越し下さい。

お会いする日を楽しみにしています。

投稿者: 管理者 日時: 2010年11月23日 10:08 |  

2010年11月19日

アコオ様に立ち寄りました。

老人ホームのアコオ憩の家さんには、
水琴55サローネタイプが設置されています。
玄関で訪れる人を暖かく迎えます。

読者の方が最近訪れたそうです。
CDをかけていただけで、宝くじが当たったので
本物を見に来ましたとのこと。
その後、いいことはありましたか。
お便りお待ちしています。

アコオの皆さん有難うございました。
来春はデイケア施設が完成するそうです。

投稿者: 管理者 日時: 2010年11月19日 16:17 |  

2010年11月09日

西寿寺様に立ち寄りました。

西寿寺様は色々な形で
水琴をご利用頂いています。

そして様々な形のお墓があります。
家族が小さくなった現代、
お墓のニーズも様々です。

お墓の無い方。
分家でお墓を自分ひとりのためだけに
作らなければいけない方。
ペットのためのお墓が欲しい方。

様々なお墓のニーズに
西寿寺様はお応えになっています。

花壇葬が増えていました。
花壇がお墓という全く新しい発想です。

女性ならではの発想かもしれませんね。
決め細やかな心配りの感じる
素敵なお寺です。

投稿者: 管理者 日時: 2010年11月09日 18:14 |  

2010年11月02日

妙乗院様を訪問しました。

愛知県東海市の妙乗院様を訪問しました。
天台宗の由緒あるお寺です。

ご住職は、心理カウンセラー。
境内で滝行ができるよう滝を作ってしまったという
ユニークな和尚さんです。

毎月三日に滝行を開催しているそうです。
寒くなり始めたこれからが行の季節です。
暑い時は気持ちよかったそうですが・・・。
明日はどうなるでしょうか。
是非体験してみてください。

http://www.myojyoin.jp/index.html

投稿者: 管理者 日時: 2010年11月02日 19:40 |  

2010年10月27日

2011年秋、京都で「国民文化祭」が開催されます。

今年は、岡山で
「あっ晴れ!おかやま国文祭」
と題して10月30日から開催されますが、

来年は京都だそうです。
京都で文化祭!
大変なことになりそうですね。

キャラがまゆまろです。
まゆのまろです。

京都2011 - こころを整える〜文化発心
がテーマだそうです。
心を整える。
いいじゃないですか。
どこかで聴いたような・・・。

そうです、新作
「ツキを呼びこむ 水琴の音風水 CDブック」
のキャッチが、
「整える」だけですべてが好転します!
でした。
好転させましょう。
どんどんね。

投稿者: 管理者 日時: 2010年10月27日 17:00 |  

2010年10月23日

三好芫山先生50周年おめでとうございます。

尺八都山流の大御所、
三好芫山さんが師範になって50年を迎えられ、
その記念式典があったのですが、
残念ながら参加できず、
個人的に楽しい仲間とお祝いを吉上上で行いました。

やっぱり水琴聴きながら
原田さんのお料理頂いて
今回は美味しいワインをいただきました。
最高です。

楽しい会話も弾み
芫山先生のお祝いだったことをすっかり忘れて
みんなで盛り上がりました。

元気で行きましょう!

三好芫山ホームページ
http://www.genzan.co.jp/genzan/

投稿者: 管理者 日時: 2010年10月23日 22:26 |  

2010年10月15日

吉上上のランチを頂きました。

街中で打合せがあったため
吉上上さんへ立ち寄り
ランチを頂きました。

なんと¥850の日替わりランチがありました。
コーヒーも付いて、原田さんのこだわりの逸品がついて
水琴聴きながら頂いて、
最高です。

日替わり以外は
お刺身も付くそうです。
天ぷら定食は、お刺身もついて¥1200。

本格創作料理が格安で頂けるお店。
原田さんの食に対するこだわりが、
行くたびに感じられるお店です。

京都の町屋でお食事を頂くなら
絶対ここがおすすめですよ。
夜は電話して予約して行けば安心です。

吉上上
京都市中京区柳馬場通六角下ル井筒屋町404
TEL 075‐241‐7576
昼11:30‐14:30 
夜17:30‐21:30 ※水曜日定休

投稿者: 管理者 日時: 2010年10月15日 17:36 |  

2010年10月12日

水琴ガーデン(水琴窟スタイル)が完成しました。

伊勢原市のデイケアセンター高森莊様に
水琴ガーデン(水琴窟スタイル)が完成しました。

デイケアに訪れる皆様の憩いの場として
活用頂ける事を祈っております。

理事長の人柄か敷地内の植物が活き活きしています。
奥様も御子息も心豊かな素晴らしい方。
そんな施設で水琴が活躍できるのですから私も本望です。

高梨理事長ご家族、スタッフの皆様、ご利用者の皆様、
特に豊浦様にはお世話になりました。

これから水琴を末永く宜しくお願い致します。
皆様のご健勝とご多幸をお祈り致します。

現地施工は、たったの3日間でしたが、
皆様に大変お世話になりまして
誠にありがとうございました。

投稿者: 管理者 日時: 2010年10月12日 15:23 |  

2010年10月06日

水琴の音調整完了

厚木にあるデイケアサービスの施設、
T莊様に水琴を設置することが決定しました。
入り口で皆様をお迎えします。

そのとき使う水琴を音調整してきました。
いきなり90デジベルを出してきます。
そして収れんしていくことで
今回は98デジベルまで共鳴させることが出来ました。

水琴の高周波が今度は
おじいちゃん、おばあちゃんの元気に役立つと思うと
本当に嬉しくなってきます。

今週の設置ですので完成したら
報告しますね。

投稿者: 管理者 日時: 2010年10月06日 17:28 |  

2010年10月01日

メンテナンスの季節です。

今年も早いもので10月になりました。
年末はメンテナンスの季節です。

水琴ガーデン(水琴窟)をお庭でご利用のお客様は特に
筧を新しいものにして新年を迎えるという京都の慣習から
12月に筧を新しい竹と取替させてもらっています。

北海道はそろそろ凍結の準備時期ですね。
気になるお客様はお気軽にお問い合わせ下さい。

水琴75は、メンテナンスをすれば
半永久的にご利用頂けますので安心です。

投稿者: 管理者 日時: 2010年10月01日 07:35 |  

2010年09月28日

コーチング

北海道からコーチングの先生がお見えになりました。
コーチングとはなんぞや。
と思っている人って私だけでしょうか。

体験させていただきました。
テニスのコーチはテニスプレーヤーの力を
最大限引き出す事を目的としています。
その人の自己実現のためにある。
それがコーチングでしょうか。

とてもヤル気が起こってきました。
これは高周波現象と同じような感覚です。

「コーチ」(COACH)とは馬車を意味し、
馬車が人を目的地に運ぶところから、
転じて「コーチングを受ける人(クライアント)を
目標達成に導く人」を指すようになったそうです。

七倉廣香先生、ありがとうございました。
また、京都へ起こし下さい。
http://www.com-aqua.com/

投稿者: 管理者 日時: 2010年09月28日 18:38 |  

2010年08月28日

癒しの床屋さん

癒しの床屋さんへ行ってきました。
ペンギンさんは左京区の白川通沿いにあるカットやさんです。
そこでは最近いつも水琴が流れています。

フローリングの内装にナイスガイのスタッフ。
そして店長の西さんのトークには癒されます。

全国で賞を何度もとっているのに気取らない。
そんなスタイルがお気に入りの私の癒しスポットです。

人の気がいいところは、パワースポットですね。
近くの方はお勧めですよ。

http://www.kyoto-pengin.com/

投稿者: 管理者 日時: 2010年08月28日 21:31 |  

2010年07月17日

コンチキチンは高周波!

祇園祭、鉾巡行の日でした。
今年は自宅でKBSの生中継を観覧しました。
結構いいですね。
涼しい中で見せ場は外しませんし解説入りです。

前夜祭は御存知の通り、宵山と呼ばれ、
大通りが歩行者天国になります。
今年は47万人集まったそうです。

是非、鉾や山にも登ってください。
コンチキチンの演奏をすぐ間近で体験できます。
これこそ高周波の塊です。
タイなどのガムランに共通する
高周波を発する宗教楽器です。

脳までカキーン!
これで厄も祓われます。
水琴もそうやってあなたの厄を祓ってくれているのです。

投稿者: 管理者 日時: 2010年07月17日 21:12 |  

2010年07月16日

水琴の調整をしました。

TNC(テレビ西日本)様 本社ビル1Fに設置する水琴の音を調整しました。
完璧です。
8月7日の初音の式をお楽しみに。
九州の皆さん11時に生中継もされるそうですのでお越し下さいね。

投稿者: 管理者 日時: 2010年07月16日 13:27 |  

2010年07月15日

祇園祭が始まりました。

祇園祭は7/1から約1ヶ月程行われているのですが、
宵々山、宵山の夜店がいよいよ出ました。
光のモニュメントとしての鉾も綺麗です。
大雨が降ったりしますが、それでも毎年大勢の人で賑やかになります。
雨は悪いものではありません。
お祓いしてもらって、心身とも綺麗になりましょう。

投稿者: 管理者 日時: 2010年07月15日 13:25 |  

2010年07月07日

七夕の願い事

今日は七夕ですね。
願い事はしましたか?

柏手玉水先生から事付です。
お願いは、感謝することが大切なんじゃよ。
いまのあんたがそうやって生きていられることを
まず感謝するのじゃ。
そして今の幸せの中から、
もう少しだけ上の喜びを願うのじゃ。
そうなってくれてありがとう。
と感謝するのがコツだよ。

なるほど。そうだったのか。
彦星も織姫も少しかけ離れた望みを願ったのかもしれないなあ。
1年に1度会えるのなら。
そのことを感謝して、1年に3回会えるように願うといいかもね。
3回も会えるようになれてありがとうございます。

7月18日の水琴イベントへもお越し下さいね。
そんな玉水先生のお話もさせてもらいますね。

会えるといいですね。

投稿者: 管理者 日時: 2010年07月07日 23:15 |  

2010年07月06日

水琴で高周波な世界へ!

あなたはすっかり水琴の音で防御線を張っていますか?
会社でも自宅でも車の中でも電車の移動中にも。
でもやっぱり低周波は打ち寄せてきますね。

いつも他人に対して嫌な言葉を掛けているやつっていますよね。
あなたの周りにもいませんか?
そんな時は同調してしまわないように要注意です。

その人は大きな劣等感を秘めているのです。
悲しいのです。かわいそうなのです。
頑張ってね。で自分の幸福のことに専念しましょうね。

心の中で「ありがとうございます、許してください、ごめんなさい、愛しています」
って言えますか?その嫌なやつを思い浮かべてですよ。
でもそれだけでいいのです.
関わってあげなくてもいいのです。

やさしいあなたはついつい関わってあげたくなるはずです。
それはあなたの中の劣等感がやつの劣等感と同調しているのです。

忘れましょう。クリーニングしましょう。
あなたはあなたの美しさを大切にしてあげてくださいね。

水琴で高周波な世界へまっしぐら!
低周波なことは絶ち切っていきましょう。

投稿者: 管理者 日時: 2010年07月06日 19:55 |  

2010年07月03日

高周波がキーワード!

キーワードは高周波です。
高周波は自然界にありました。
そして今でも高周波は自然界にあります。

あなたは日常で疲れた時、
ストレスが溜まった時、どこへ行きますか?

せせらぎがあって、鳥が鳴き、静かに風が流れる、
郊外の森ですか、大きな公園でしょうか。
そこには緑があり、美味しい空気が・・・、

でも大切なことを忘れてきたのです。

あなたが気持ちいという場所には
高周波があったのです。

高周波。

これから豊かに暮らすための
キーワードになるかもしれません。
要チェックです。

その高周波を暮らしに持ち込む工夫が
水琴なのです。
水琴の音は高周波の塊なのです。

投稿者: 管理者 日時: 2010年07月03日 23:38 |  

高周波がキーワード!

キーワードは高周波です。
高周波は自然界にありました。
そして今でも高周波は自然界にあります。

あなたは日常で疲れた時、
ストレスが溜まった時、どこへ行きますか?

せせらぎがあって、鳥が鳴き、静かに風が流れる、
郊外の森ですか、大きな公園でしょうか。
そこには緑があり、美味しい空気が・・・、

でも大切なことを忘れてきたのです。

あなたが気持ちいという場所には
高周波があったのです。

高周波。

これから豊かに暮らすための
キーワードになるかもしれません。
要チェックです。

その高周波を暮らしに持ち込む工夫が
水琴なのです。
水琴の音は高周波の塊なのです。

投稿者: 管理者 日時: 2010年07月03日 23:38 |  

2010年07月01日

松籟庵さんに立ち寄りました。

嵐山の湯豆腐懐石のお店、松籟庵。
嵐山の渡月橋から川沿いに上流を目指すとあります。
渡し船で行くという風流な方法もあります。

ここのご主人である小林芙蓉先生は書画家で
今度のCDムックにも登場して頂きました。

船井メディアで船井幸雄先生と対談させていただいたときに
ご一緒させていただいてからのお付き合いですが、
私のキーパーソンであることは間違いありません。

CDムックでは『陰陽』『響き』の書画を掲載していただきました。
まさに水琴にふさわしい書画に感動します。

そしてここの湯豆腐は絶品です。
京都に来てよかった。そんなお店です。
ちょっと階段がきついので足の悪い方は難しいかもしれません。

今日はその一角に設置してあるピソリーノを調整しました。
パワースポットをさらに高周波でパワーアップしています。
是非足をお運び下さい。私もまた立ち寄らせていただきます。

http://www.kyoto-okoshiyasu.com/eat/syoraian/

投稿者: 管理者 日時: 2010年07月01日 22:59 |  

2010年06月20日

ダライ・ラマ陛下の講演を聞きました。

ダライ・ラマ陛下はとても気さくに
語りかけてくれました。
善光寺会場では善光寺のお坊さんたちが
般若心経を合唱してお迎えされました。
それに応えてダライ・ラマ陛下は
その解釈に触れ、無なるものを解かれました。
時々英語混じりで話す姿は情熱的でした。
日本の学生へのメッセージとして
英語をもっと学んで世界中へ羽ばたいて下さい。
とおっしゃっておられました。
宗教かというよりも哲学者。
私の受けた印象です。
これからもわかり易い言葉で
調和を説いて欲しいと思いました。
ありがとうございました

ダライ・ラマサイト http://www.tibethouse.jp/home.html

投稿者: 管理者 日時: 2010年06月20日 20:21 |  

2010年06月18日

ゆほびか8月号は読みましたか?

まずは水琴の音の記事を読んでくださいね。

それから面白い記事はというと・・・
「背骨ゆらし」
座ってゆったりと上体をゆり回すだけ
こんなに簡単な運動があったとは・・・。

それから倍音声明。
なんと私が提唱するテーラという発声法も
倍音の発声法です。
倍音を出すと水琴の原理で
高周波が生まれエネルギーが増大するのです。

声を響かせるだけで元気になるのです。
またどこかでお伝えしたいと思います。

投稿者: 管理者 日時: 2010年06月18日 21:22 |  

2010年06月17日

水琴窟(すいきんくつ)と水琴(みずごと)の違い

水琴窟の研究から始まった旅は水琴(みずごと)へと発展しました。

水琴窟は江戸時代から町家を中心に遊び心が自然発生的に創ったものです。
誰ともなく、誰でもなく、面白いねという感覚が作り上げたものです。
そこには文献も資料も定義すら存在しません。
私は数々の水琴窟を調査して音響工学の知識と
流体力学の知識を使って水琴窟を現代に蘇らせることに成功しました。
そして音響的な追求の中で「水琴」として完成することが出来たのです。
これも長年、私共を支えて下さる皆様のおかげです。ありがとうございました。

弊社で水琴窟として水琴を埋設することもあります。
庭師さんが水琴を使って水琴窟を作成することもあります。
絶対に失敗がないばかりか今までの工法ではありえない
共鳴を提供できるので大変喜ばれています。

さらに水琴は循環モーターを内蔵することで
いかなる環境にも対応しています。
家具にもモニュメントにももちろん庭園にも
空を飛ばすことさえも出来ます。

水琴の挑戦は始まりました。
現代の住空間に音で潤いを提供したいのです。
無理難題をお申し付けくださいね。
必ず心地よいお返事をさせて頂きます。

これからもよろしくお願い致します。

投稿者: 管理者 日時: 2010年06月17日 19:41 |  

2010年06月09日

1Q84を読みました。

1Q84を読みましたが、流石です。
村上春樹先生のあの変態的な理屈っぽさと
そんなとこまで見ているのというマニア的情景描写。
初めから吸い込まれてしまいます。

そういうあなたが変態なんだよ。
そうです。
私の周りには半分以上変態がいます。
ということは私が変態なのかも・・・。

最期まで読んで気がついたのですが、
このストーリーの流れは、どこかで読んだ気が・・・。

ひょっとしてギブアンドギブ?
どこが同じでどこが違うかって。
教えられませんよ。
両方読めばわかります。

でも驚きました。
水琴が運んでくるもう一つの世界は、
真実の陰の部分を浮き彫りにするのかもしれません。
陰陽のバランスを取ることで真実が見えてくる。
今度の新作の音もそういう作り方をしています。
って、理屈っぽくてすみませんでした。

投稿者: 管理者 日時: 2010年06月09日 21:02 |  

2010年05月20日

水琴で赤ちゃんにっこり!

乳幼児をお育て中のお母様。
やっぱり水琴の安眠効果は絶大です。
泣く子も黙る水琴。

夜泣きで困っていたお母さんが
水琴のCDをかけたらあら不思議。
にこにこしてすやすやお休みします。

近くで困っているお母さんがいたら
教えてあげてくださいね。

今日は水琴の音で心に平和を作って
世界平和に貢献するプロジェクトを相談してきます!?
世界平和はあなたの心の平和にかかっているのです。

あなたの心に住んでいる臆病な子供に
いつも忘れて放ったらかしの子供に
優しくありがとうって言って抱きしめてあげましょう。

水琴はそんな風に
あなたを抱きしめてくれているのです。

投稿者: 管理者 日時: 2010年05月20日 18:45 |  

2010年05月13日

山が黄緑です。

オフィスから東山が見えますが
この季節は黄緑の葉っぱが広がります。
新緑です。
山が枯れていると
大騒ぎしたことが有りましたが
新緑です。
ご安心下さい。

来月末に発売される水琴CDムックの
音を製作中ですが、
良いですよ〜。
新作は、陰陽五行説の流れを
水琴の音で作ってしまいます。
CDを流す度に・・・。

ちょっと待った。
ムックをご期待ください。
まさに音曼荼羅の世界観です。

投稿者: 管理者 日時: 2010年05月13日 17:51 |  

2010年05月10日

猪木さんが来られました。

アントニオ猪木さんがロータリークラブの例会場に来られました。
さすがに元気の素!
元気ですかー!と笑顔で言われて
希望する人に気合を入れていました。

笑顔と笑いが高周波だ!
ということを身体で表現されている人でした。
例会場にいた人もパワーをもらったようです。
またお越し下さいね。

ちなみにうちの母は大ファンです。

投稿者: 管理者 日時: 2010年05月10日 20:41 |  

2010年05月08日

特急サンダーバードで福井訪問

今日は福井を訪問しました。
京都から特急サンダーバードで約2時間です。

サンダーバードっていう名前、気になります。
あのTVのサンダーバードですか?
ずいぶん前からこの名前がついていますが、著作権の侵害では?
と思っているあなたに回答です。

サンダーバードはインディアン部族の間に伝わる神鳥の名前。
その名前をTVのあの人形劇も使っているわけです。
そしてJRは、元々有った特急「雷鳥」から
新しく「スーパー雷鳥(サンダーバード)」に、
さらに「サンダーバード」に改称したそうです。

納得しましたか?

福井のプラットホームで
おばさんが若者に
指定席を買ったの?もったいない。
払戻してきなさいよ。
どうせ自由席もがらがらよ。
と言っていました。

頑張れ!サンダーバード!
世界の平和のために!

投稿者: 管理者 日時: 2010年05月08日 22:01 |  

2010年05月06日

GWはいかがでしたか?

渋滞でイライラしましたか?
GW明けから早速お電話などを頂きました。
ありがとうございます。

水琴を聴いても良いこと無いよというあなた。
いいことを探すコツを教えますね。

今現実に起こっていることにから
少しずつ過去に帰っていきましょう。
さっきやっていたこと、昨日やっていたこと
先月やっていたこと、去年の自分、
五年前の自分、子供の頃の自分、
そう言えば、道端でお花を積みましたか?
バッタを捕りましたか?

生まれた時のことは誰かから聞かされたことが現実です。
憶えてないことが当たり前ですよね。

でもちょっと考えてみましょう。
生まれてくる前の自分。
何かに困っていたのでしょうか?
何かで喜んでいたのでしょうか?

ひょっとして今と同じことを考えていた気がしませんか?
同じように何も変わらないと思っていた気がしませんか?

あなたには癖になっていることがあります。
その癖が、クセモノです。
思考の、行動のパターンです。

子供の頃のようにもっとのびのびと生きることを心がけると
あなたの周りには沢山の幸せがあることが分かります。

小さなことで我慢しろと言うのではありません。
小さなことにも大きな幸せがあるということを
思い出して欲しいのです。

時にはゆとりを持って静かな気持ちで
自分と対話してみてはどうですか?

あなたは完璧な人なのですから。

春になりました。
情熱的に活動開始です。

宜しくお願いします。

投稿者: 管理者 日時: 2010年05月06日 17:52 |  

2010年04月23日

柳さんのバイオリンは素晴らしかった。

昨日、柳さんのバイオリンを収録しました。
陳さんのバイオリンを最も弾きこなすという
お墨付きだけあって。さすがです。

イベントにも来て欲しいなあ。
企画してみますね。

お楽しみに。

投稿者: 管理者 日時: 2010年04月23日 14:42 |  

2010年04月02日

子守唄効果

長野で子育てのコツをお聞きしました。
赤ちゃんが泣くと、おばあちゃんは、
小川に連れていったそうです。
家の裏にある小川の土手であやすと
赤ちゃんは泣き止んだそうです。

これぞ正しく高周波効果。

ピソリーノの音を子どもに聞かせると
子どもは落ち着いてすやすや眠ります。
それは日本の原風景にあった子守唄効果だったのです。

水音の持つ力は
昔から人が生きていくために必要なものだったのですね。
都会の暮らしに必要なものなのです。

投稿者: 管理者 日時: 2010年04月02日 19:11 |  

2010年03月25日

九州が熱い!?

九州からK様、お越し下さいましてありがとうございました。
水琴の波紋が西へ広がりそうな予感です。

高周波なお酒、第二弾。
杏酒が出来そうです。
6月くらいの発売を検討中ですので
お楽しみに。
詳しくは、決定次第
ホームページでご紹介します。

水琴の体験出来る場所が
増えてきました。
随時お知らせしますね。

投稿者: 管理者 日時: 2010年03月25日 14:31 |  

2010年03月20日

日本酒まつりに参加

伏見の酒蔵、月の桂さんを訪れました。
蔵出しイベントとあって沢山の方がお見えでした。

車で行ったので試飲は出来ませんでしたが、
昨日、しぼりたてのお酒を販売していましたので早速購入。
帰って飲むと菌が生きているっていう感じでとても美味しかったです。

これで今年のお酒は全部搾ったそうです。
今年の月の桂・水琴はどんな出来事を提供してくれるでしょう。
楽しみですね。

お彼岸です。
ご先祖様を大切にしましょうね。
感謝。感謝。

投稿者: 管理者 日時: 2010年03月20日 21:51 |  

2010年03月15日

ポラリス保育園様オープン間近!

本日、ポラリス保育園様に行ってきました。
内覧会は3月28日だそうです。
4月からお子様を預けられる
お母さんにとって緊張の時でしょうか。

でも安心して下さい。
ポラリス保育園では水琴がお子様をお守りします。
素敵なフロアーには水琴の音が
全階とも鳴り響く予定です。

園庭には埋設式の水琴、
洋風のかわいい水琴窟が
設置されました。

こんな保育園が近くに欲しいなあ。
音が森を作ってその中で子供たちが
育まれて行くのですからね。
あーうらやまし。

投稿者: 管理者 日時: 2010年03月15日 17:33 |  

2010年03月06日

山岡尚樹さんとお話しました。

東京で七田チャイルドアカデミー
右脳開発プロデューサーの
山岡尚樹さんとお話しました。
ありがとうございました。

今年の正月番組、
超能力スペシャル2010 『最新脳科学×最強超能力者』
に出演されていましたから、
ご覧になった方も多いのでは。

音を使って右脳を活性化する。
教育の現場で高周波を利用する。
そんなお話が出来ました。

山岡さんとは「水琴の調べ」CD(ウォーブル)で
共に監修させて頂きました。
教育の現場で高周波を使うと
集中力がアップしたり、
気持ちがすっきりしたりしてくる
と言われています。

七田チャイルドアカデミーのホームページでも
紹介されています。

 こちら → http://tinyurl.com/yca96sr

投稿者: 管理者 日時: 2010年03月06日 21:31 |  

2010年03月03日

にっぽん歌謡の夢祭り

にっぽん歌謡の夢祭りに行ってきました。
久しぶりの大阪城ホールでした。

行きのJRは事故がなかなか復旧せず、
やっとの思いで着いたのが1分前。
ギリギリセーフ。

演歌をコンサート会場で聴くのは初めてでしたが、
一流の人の歌声は流石です。
すっかりファンになりました。

中でも鳥羽一郎さんの「兄弟船」。
真っ直ぐに心に響いてくるあの声に圧倒されました。
坂本冬美さんの「大阪で生まれた女」には、
歌姫と呼ばれる所以を知らされた感じがしました。
Boroさんの原曲を神戸で目の前で
聴かせて頂いたことを思い出しました。

会場で配布して頂いたチラシには
水琴お試しキャンペーンを載せましたので
行かれた人はもういちど見てくださいね。
チラシ特典もありますからね。

実は次の日というと今日ですが、
お会いした人が会場に奥さんと行っていたらしく
まさかのシンクロに興奮しました。
ちょっと面白いことを企画していますよ。

さてさて今週末は栃木県へ行きます。
那須野が原に水琴設置です。

投稿者: 管理者 日時: 2010年03月03日 20:19 |  

2010年02月28日

水琴の紹介パンフレット

キャンペーンでCDと一緒に送る予定の
パンフレットを作っています。

水琴の解説と皆様から頂いた感想文
そして水琴を暮らしに取り込む方法を
解りやすくまとめたいと思います。

水琴って聞くのが一番です。
理屈では無いのです。
高周波を浴びるとすぐわかります。
こんなふうに自然に生きていたのだと。
そんなことが少しでも伝われば良いのですが。

感想文を抜粋していると
全国から様々な感想文を頂いていることに
改めて感謝しています。
思いがけない面でお役に立っていたり、
まさかこんなところでお困りとは・・・。
それらをまとめていきたいです。
ご協力頂いている皆様、ありがとうございます。

もっともっと皆様のお役に立てるよう
スタッフ共々、頑張っていきますので
これからもティーズ・コーポレーションを
よろしくお願いします。

投稿者: 管理者 日時: 2010年02月28日 23:39 |  

2010年02月15日

水琴窟から生まれた水琴。

江戸時代から京都の町家を中心に
工夫に工夫を重ねて
楽しまれた水琴窟。

ご主人の粋な楽しみとして
いろいろな町家に存在していました。

地元の京都の人に言わせると
昔はどこにでもあったよ。
と言われます。
昔の町家には必ず蔵がありました。
そして蔵に入る前には
手を洗う習慣があったのです。
その手水鉢の前にカメが埋められました。

その音色は、個人的な趣味として、
様々な工夫がなされました。

この間もある町家のご主人から
お電話をいただいて
昔からある水琴窟の調査に伺いました。
カメではなく石で空洞を作ってあるようでした。

これは珍しい。
でも水琴窟は音ですから、
見えるのは穴ばかり。

残念ですが、
音を楽しむのであれば
作り替えることをお勧めしました。

水琴は音、高周波を追求していますから
驚くほど音環境が変わります。
空間全体が変わってしまうのです。

避暑地に来たような
森林を感じるようになるのです。

高周波のパワーは凄いものですね。
水琴のパワーをまずはCDから体験して下さい。

投稿者: 管理者 日時: 2010年02月15日 23:08 |  

2010年02月11日

高周波で若返り

なんと吹き出物が出来ました。
高周波酒「月の桂・水琴」
を皆で飲んだ翌朝です。

元気になることを飛び越えて
中学生に戻ってしまいました。

えらいこっちゃ。

このお酒。
すごいパワーがありそうですよ。

お問合わせは
トミナガまで
http://www.tominaga.ne.jp/fs/tominaga/c/mizukoto

投稿者: 管理者 日時: 2010年02月11日 10:45 |  

2010年02月06日

んまいで水琴を頂きました。

昨夜は知人の送別会で
烏丸六角にある
「んまい」さんへ行きました。

お料理は、馬刺しがお薦めです。
焼き鳥も絶品です。
もちろん飲み物は水琴です。

飲みやすいというのが
皆さんのご意見です。
なぜこんなに飲みやすいのか?
お試しください。
飲みすぎにご注意を。

投稿者: 管理者 日時: 2010年02月06日 09:00 |  

2010年02月04日

新春おめでとうございます。

立春です。暦の上では春です。
今年は高周波な年にしましょうね。
笑顔で、楽しく、与える精神で。

水琴の世界が広がって
もっと豊かで気持ちの良い
空間が増えますように。
これからも情熱を持って
活動していきます。
宜しくお願い致します。

投稿者: 管理者 日時: 2010年02月04日 21:05 |  

2010年02月03日

体温を上昇させるピソリーノの高周波

今日は九州からお客さんが来られました。
CDブックのご愛読者ということで
本物の音を聞きたいと会社まで
お越しいただきました。

事務所ではピソリーノが
本物の高周波を提供しています。
ピソリーノは水琴35タイプという小型ですが、
その横に座られてお話していると
暖かくなったという感想をよくお聞きします。

*水琴55タイプ、水琴75タイプ(水琴窟)は、
  水琴窟で有名な西寿寺などで体験出来ます。

高周波のバイブレーションが
身体のエネルギーをアップさせて
新陳代謝をよくして
体温を上昇させるのです。

今日は節分です。
新しい年を迎えるために
高周波でお祓いをして
新春をお迎えください。

下鴨神社で梅の切花を頂きました。
梅の切花は挿し木にすると
良くつきます。
いよいよ平成22年の始まりです。

投稿者: 管理者 日時: 2010年02月03日 19:55 |  

2010年02月01日

京都平安ロータリークラブで卓話します。

今夜、京都平安ロータリークラブで卓話します。
ロータリアンの皆様お立ち寄り下さい。
高周波のお話と運気上昇のお話をしますので
お気軽に越し下さい。
ここは私のホームクラブです。

烏丸六角東入の「んまい」の店主は
こちらのクラブ会員の仲間です。

偶然ですが、本日から「んまい」で
高周波なお酒「水琴」解禁です!
中からやってくる高周波をお試し下さいね。

投稿者: 管理者 日時: 2010年02月01日 16:40 |  

2010年01月27日

魔法の水が届きました。

北の大地から魔法の水が届きました。
しそ風味の魔法の水です。
N様ありがとうございました。
美味しく頂きました。

北海道の名寄市立大学に
水琴(水琴窟)を大阪のK先生が寄贈され
設置しに行ったとき、
地元の方から鍛高譚(たんたかたん)を勧められ、
しばらく癖になっていました。
焼酎と言うよりワイン、グラッパと言う感じですか。
少し甘くてデザート酒にいいですね。

名寄市はとっても美しい街でした。
おとぎ話に入っていったような
そんな感じがしました。
名寄市立大学の学生さんが
制作中に遊びに来てくれました。

今頃は零下何十度でしょうか。
マイナス40度になる時もあると聞きました。
さすがに水琴(水琴窟)の水も冬期は抜きます。
5月頃雪解け水が流れるときに復活です。

北海道の冬の厳しさは京都では想像出来ません。
でも水琴の音は、暖かくなりますよ。
高周波が血行を良くするからです。
オフィスに来た人も熱くなったと言います。
名寄市立大学の学生さん
是非研究対象にしてくださいね。
協力しますよ。

http://www.nayoro.ac.jp/index.html

投稿者: 管理者 日時: 2010年01月27日 21:37 |  

2010年01月25日

星月日

ビジネス社のCDブック三部作は

 「金運体質に変わる奇跡のCDブック」
 「いいことが次々と起こる和みのCDブック」
 「流すだけで運気が上昇する魔法のCDブック」

星月日の水琴の音CDを
それぞれお付けしています。
もちろん全部違います。
水琴の音は一期一会の音なのです。

星月日と言いう三つの光は
三光石に由来しています。

そして星月日と鳴く鳥がいます。
その名も三光鳥。
ご存知でしたか?
京都では山の方へ行くとたまに鳴いています。
「ホシツキヒー」
イントネーションは「ツクツクホーシ」でしょうか。
いやちょっとちがう。
言葉では表現しにくいです。

三光鳥からプレゼントが届きました。
星月日の形をデザインした携帯ストラップです。
I様、ありがとうございました。

これを見て、
光の三つの形態を思い出して(携帯だけに)
一方的な偏った考えに陥らないように注意します。

天地人もそうですが、
三つの側面から考えることが
真実に迫る大切なアプローチなのです。

投稿者: 管理者 日時: 2010年01月25日 22:33 |  

2010年01月17日

今日は阪神・淡路大震災の日です。

あれから15年がたちました。
あの日、たくさんの悲しい気持ちが溢れました。

あの後、神戸へ行って
ビルが折れている現実に愕然としました。
助け合う人の行動に感動もしました。

助け合わなければ人は生きていけません。

亡くなられた人の魂のご冥福をお祈りいたします。
そして大切な人を失った皆様のご健勝をお祈りいたします。

投稿者: 管理者 日時: 2010年01月17日 16:09 |  

奥田裕斎邸、松籟庵訪問

嵐山にある奥田裕斎邸を訪問しました。

裕斎さんもお元気そうでなによりでした。
パリ・ルーヴル美術館出展おめでとうございます。
トイレの水琴(水琴窟)もご機嫌でした。

裕斎邸
http://www.yumeyusai.jp/

お隣の松籟庵さんでは
美味しい湯豆腐料理を頂きました。

いつもスタッフの皆様の笑顔にも癒されます。
ありがとうございました。

松籟庵
http://www.kyoto-okoshiyasu.com/eat/syoraian/

ご一緒したKさん、Nさんも
大変喜んで頂き嬉しくなりました。
またお越し下さいね。

投稿者: 管理者 日時: 2010年01月17日 11:28 |  

2010年01月13日

水琴窟の音色と葛きり

水琴窟の音の研究から水琴の開発まで
この間にたくさんの場所で水琴窟が作られました。

思えば京都音風景〜水琴窟の調べCDを
リリースしたのが1998年ですから
12年目を迎えます。
今月CDの再販が決定しました。
ロングセラー商品ですね。
お手元でご愛用いただいている皆様
心より御礼申し上げます。

京都の甘味どころで有名な
鍵善良房さんでは、
午前中店内で放送してもらっています。

有名な葛きりを頂きながら
水琴窟の音でくつろぐ。
是非お尋ね下さい。
中庭には昔からの水琴窟がありますよ。

鍵善良房
http://www.kagizen.co.jp/

*京都音風景〜水琴窟の調べ
  シングルCDとCDブックのCD内容は同じです。

投稿者: 管理者 日時: 2010年01月13日 11:15 |  

2010年01月08日

水琴(水琴窟)で高周波を体感する。

水琴窟の研究から水琴窟の施工、
そして水琴の開発。

私達は、人に役立つ音を追求してきました。
そしてたどり着いた高周波。
その音は、自然界にあるエネルギーの宝庫だったのです。

水琴は高周波を暮らしに提供するツールです。
水琴窟として庭に埋設することも
家具としてお部屋に持ち込むことも可能です。

手軽にガーデニングとして
スコップ一つで作ることが出来る簡易式から
完全プロ仕様の水琴75まで
お客様のニーズに合わせて幅広く取り揃えております。

水琴窟という言葉を使って
様々な場所で作られるようになりました。
でも高周波を保障するのは
ティーズ・コーポレーションの水琴だけです。

今年はどんな形で
皆様とお出会いできるのか。
今から楽しみにしています。

投稿者: 管理者 日時: 2010年01月08日 08:52 |  

2010年01月07日

七草がゆの日

七草がゆを食べるようになったのは、
一月七日に七種の菜を食べると
邪気が払われると言われるからです。

この時期は春に向けて色々な
菜っ葉類が出てきますね。
菜っ葉類は大地のエネルギーを
届けてくれます。

寒い風に吹き飛ばされないように
旬の野菜をいっぱい食べて
元気をもらってください。

正月、水琴があんまり美味しくて
飲みすぎました。
そんな時は、菜っ葉を食べましょう。
大地の水を含んだお野菜は美味しいです。

埼玉から深谷ねぎを頂きました。
美味しいですね。
ねぎ焼にすると絶品です。
メインディッシュになります。
ありがとうございました。

投稿者: 管理者 日時: 2010年01月07日 21:57 |  

2010年01月06日

もうしばらくお待ち下さい。

脳に聴く高周波シリーズ
「水琴の調べ」魔法の音色CD2枚組

のご注文ありがとうございます。

ホームページから他の商品と一緒に
ご注文出来るようになるまで
もうしばらくお待ち下さい。
大変ご迷惑をおかけしまして、
申し訳ございません。

もうしばらくの間、

お申し込みは、こちらまで → info@suikinkutsu.net

投稿者: 管理者 日時: 2010年01月06日 22:41 |  

2010年01月03日

平安神宮の神矢

開運招福なら平安神宮。

神矢を購入すると
神楽殿への入場が許され
お神楽のお祓いをして頂けます。

そして矢を自宅に持って帰って
勝負方向へ向けて壁に突き刺します。
と言っても本当には刺せませんから、
立てるのです。

結構効きますよ。
お試し下さい。

投稿者: 管理者 日時: 2010年01月03日 21:12 |  

2010年01月02日

水琴で乾杯!

今年も水琴で乾杯しました。
おめでとうございます。

おせちには水琴です。
日本酒が苦手な人も飲みやすいと言って
ぐいぐい、いっていました。

濃い味ね、
え?うそ。飲み易いよ。
いやしっかりした味してる。
ごくごくいってしまうよ。

不思議です。
試飲会でもそうでしたが、
人によって評価は様々に分かれます。
日本酒の味ってやっぱり奥が深いですよね。

稲を育てて、
お米にして、
日本酒を育てて、
高周波を聞かせて、
やっとやっと出来るのですから。

それを思うと
しっかり味わわないと
もったいないですね。

ああもったいない。
ご馳走様でした。

トミナガさんでは、
店頭に並べての販売はしていませんので、
ご購入を希望される方は
電話で予約注文してから
行かれることをお勧めします。

特別加工品ですので、
宜しくお願いしますね。

投稿者: 管理者 日時: 2010年01月02日 21:52 |  

2010年01月01日

謹賀新年

明けましておめでとうございます。

            平成二十二年元旦

いつも温かい気持ちをありがとうございます。
今年は与える年にしたい、そう思っています。
皆様のご健勝、ご多幸をお祈り致します。

            代表取締役 大橋智夫

「高周波なお酒 月の桂・水琴」
 (トミナガ酒店075-464-0002)新発売

「第8回イヤシロチ探訪セミナー京都・比叡山」
 (船井ビジョンクリエイツ)ナビゲーター
 2010年1月16日-18日

「ギブアンドギブ」(ビジネス社)
 2010年1月23日全国書店で新発売!

投稿者: 管理者 日時: 2010年01月01日 00:00 |  

2009年12月31日

今年もありがとうございました。

今年も残すところ数時間となりました。
来年は寅年。情熱的な年です。
情熱的にいきましょう。

今年はいろいろありましたが、
ブログへ遊びに来てくれる皆さまには、
心より感謝申し上げます。

来年もよろしくお願い致します。

2009年の出来

「タワーコート北品川」
 (東京都港区)に水琴完成
「水琴と鳴釜の集い・京都西寿寺」
 イベント開催
「運気上昇・水琴の誘い2009高台寺円徳院」
 イベント開催
「熊野・天川 イヤシロチ探訪セミナー」
 (船井ビジョンクリエイツ)ナビゲーター
「金運体質に変わる奇跡のCDブック」
 (ビジネス社)新発売
「熊野・天川 イヤシロチ探訪セミナー追加便」
 (船井ビジョンクリエイツ)ナビゲーター
「鶴雅リゾートスパ-水の謌」
 (北海道しこつ湖畔)に水琴完成
「水琴・心の癒しの夕べ」
 (風流生活)イベント開催
「パークハウスフォレストリエ」
 (東京都世田谷区)に水琴完成
「第6回イヤシロチ探訪セミナー京都編・比叡山夏2009」
 (船井ビジョンクリエイツ)ナビゲーター
「手作り水琴窟キットVita35/ビータ35」
 新発売
「水琴の誘い2009第2弾-茶の湯と香遊び」
 イベント開催
「ゆほびか11月号」トップ記事
 (マキノ出版)水琴の音CD制作
「アクアシンフォニー」2枚組CD
 新発売
「水琴の音で、パワースポットをあなたの部屋に」
 (シンコーミュージック・エンターテイメント)新発売  
「水琴の調べ」2枚組CD
 (ウォーブル・レコード)新発売
「高周波なお酒 月の桂・水琴」
 (トミナガ酒店075-464-0002)新発売

ティーズ・コーポレーションのTはヘブライ語のτ(タウ)を意味し、
最も小さいもの、謙虚なものを表しています。
私達は最も謙虚に社会を支える会社でありたいと考えています。

■ 有限会社ティーズ・コーポレーション T's corporation 
〒600-8483 京都市下京区堀川通高辻上ル吉水町344
Tel 075-813-7321 Fax075-813-7320 
info@suikinkutsu.net http://www.suikinkutsu.net 

投稿者: 管理者 日時: 2009年12月31日 12:14 |  

2009年12月28日

年賀状

年賀状はもう出されましたか?
まだの人、お早めに。

会社からの年賀状は本日発送いたしました。
元旦に届きますように。

正月には年賀ハガキのお年玉番号で
プレゼントを予定しています。

昨年も大好評でしたので、
今年もやります。

ホームページで確認して下さいね。
お楽しみに。

投稿者: 管理者 日時: 2009年12月28日 10:08 |  

2009年12月25日

クリスマス

クリスマスは冬至をお祝いするセレモニー?
ある牧師が説教でおっしゃっていました。

日本神道も冬至をお祭りする習慣が
かつてあったそうです。

一度死んで復活する太陽を愛でる。

地球上に暮らす生命に普遍の
大切にしたい感覚の一つですね。

メリークリスマス!

太陽が復活開始です。

投稿者: 管理者 日時: 2009年12月25日 10:05 |  

2009年12月16日

大橋智夫の不朽の名盤

ご存知ですか?
今から10年以上前に出したCDブックです。

今では、声明の語らいはCDになっていますが、
この京都音風景シリーズは
今でも人気があるロングセラー商品です。

まだの方はお試し下さい。

ホームページからご注文できます。
http://www.suikinkutsu.net/cd/index.html


 アマゾンでのご購入はこちらから

投稿者: 管理者 日時: 2009年12月16日 19:17 |  

2009年12月13日

名古屋のツインタワー12階に立ち寄りました。

名古屋駅ビルのツインタワーの12階に
水琴が設置されているのは
ご存知でしょうか?

定期的にメンテナンをさせて頂いていますが、
今日立ち寄ってきました。
エレベーターを降りると大きなクリスマスツリーが見えます。
その横を通って竹葉亭の前にあります。
名古屋へ行ったら駅ビルの中ですから
一度寄ってみてくださいね。

銅製のこだわりの水盤からこぼれる水が
擬石の中に仕込まれた水琴へと導かれる仕組みです。
12階はレストランフロアーということで
やかましい環境のため
マイクスピーカーで大きくしています。
周りは本物の植物で装飾されています。

ちょっと今日はテンポがゆっくりだったかな。
周囲の人の心が早い時は、
水琴のテンポはゆっくりに感じられるから不思議です。

投稿者: 管理者 日時: 2009年12月13日 21:27 |  

2009年12月09日

プレゼントの画像などの不具合について

CDブックの出版を記念して
毎回、感想文を頂いた方には
特別な画像や音源を
メールにてプレゼントしてきました。

ところが、

開かないことがあるそうです。
機種によって、
画像が開かないとか
音が聞けないとかです。

全機種で調べるわけに行かないので
プレゼントもらったのに開かなかったと
がっかりした方には
大変申し訳なく思います。

ご指摘を受けて改善に
取り組みたいと思いますので
画像が開かなかった方
音が聞けなかった方の
情報をお待ちいたします。

ダウンロードした携帯電話の機種名と
携帯電話の購入時期(年月)をお知らせ下さい。

調べて改善を図りたいと思います。

よろしくお願い致します。

投稿者: 管理者 日時: 2009年12月09日 10:43 |  

2009年12月01日

メンテナンス開始

ティーズ・コーポレーションの
水琴をご愛用いただいているお得意様。
いつもありがとうございます。

メンテナンスの季節となりました。
水琴を綺麗にして
高周波をたくさん出して、
豊かな新年を迎えましょう。

文教学園様、みのり幼稚園様を皮切りに
水琴の設置してある場所を
スタッフが心を込めて
綺麗にしてまいりますので
どうぞよろしくお願い致します。

やんちゃな水琴は
私が行ってあやす予定です。

お気軽にお申し付け下さい。

投稿者: 管理者 日時: 2009年12月01日 10:08 |  

2009年11月29日

劇団四季の公演を観てきました。

劇団四季の美女と野獣を見てきました。

京都の駅内にある劇場は、
思い出のある場所です。
イタリアの名ピアニスト、カラムタ氏による
水琴とのコラボレーションコンサートを
2000年にプロデュースしたところです。

「衛星中継水琴窟ヒーリング空間コンサートin Kyoto」
と題して、大原から映像を衛星中継しました。
そして水琴の音とピアノの共演。
当時の感動が甦りました。

同じステージで繰り広げられるミュージカルは、
素晴らしい感動の作品でした。

テンポと迫力。
笑えて泣ける。

私の好きなまんが日本昔話から
引き継がれる王道かもしれません。

それをリアルなステージでやってしまうのが
劇団四季の凄いところなのでしょうね。
どうぞ一度見に行ってくださいね。

感動しました。

投稿者: 管理者 日時: 2009年11月29日 22:29 |  

2009年11月28日

今年もあと一月ですね。

もうすぐ12月になります。
忙しい師走となります。

水琴はメンテナンスの季節になります。
水琴のお掃除をして
新しい年を迎えたいものです。

水琴のCDをかけると掃除がしたくなるという
お便りをたまに頂きますが、
高周波な状態は、
エネルギー的に高い状態ですから
崩壊していくベクトルと逆になります。
つまり秩序が整っていく方向なのです。

頭がスッキリしてくる。
力がみなぎってくる。
思考が整ってくる。
物事の本質が見えてくる。
単純になって行く。

だから掃除がしたくなるのかもしれませんね。

CDをバンバンかけて、
幸福な波動の中、
じゃんじゃん片付けて、
掃除して、
新しい年をお迎えください。

その前に、「高周波なお酒」を発表します。
12月19日(土)に夕方から試飲会を行う予定です。
空けておいて下さいね。
来週頭にはホームページで発表しますので
ご参加お待ち申し上げます。
忘年会もかねて楽しくやりましょうね。

投稿者: 管理者 日時: 2009年11月28日 22:22 |  

2009年11月26日

アコオグループ忘年会

アコオグループさんの忘年会に
倉敷まで行ってきました。

井原社長率いるアコオグループは、
忘年会といえど100人の宴会です。
社長の人柄でしょうね。
そういう私も京都から参加しましたから。

アコオグループが運営する
アコオ憩いの家には
水琴が設置されています。

社長は、これからも様々な施設に
利用者の憩いの為に
水琴を設置していくとおっしゃっていました。

癒しにも、目覚めにも、運気上昇にも、
水琴の高周波は役立ちそうです。

アコオグループの皆さん
お疲れ様でした。
お世話になりました。
ご健勝、ご発展をお祈りいたします。

まもなく新作のCDの発表です。
お楽しみに。

投稿者: 管理者 日時: 2009年11月26日 21:49 |  

2009年11月22日

京都は紅葉真っ只中!

京都市内は渋滞真っ只中です。
事務所の前の堀川通りも
大渋滞です。

色々なお寺や神社で
ライトアップやイベントが
開催されています。
日本人の紅葉を愛でる
気持ちは本物なのでしょう。
事故に気を付けてお帰りください。

我が家のデザインは、
ピソリーノと電球を連動した
クリスマス仕様に変身しました。

水琴の高周波の音は
イルミネーションと連動すると
鐘の音のように聞こえます。

水琴の高周波は、
インフルエンザも軽くおさえるそうです。
加湿器にもなりますから、是非お試しください。

投稿者: 管理者 日時: 2009年11月22日 23:05 |  

2009年11月21日

保育園に水琴!

保育園に水琴が設置される予定です。

保育園事情は、
全国で問題になっていますね。
数が少なくて、
なかなか入れないようです。

そんな中、保育園に
水琴が設置される予定です。

子供の教育現場では
京都のみのり幼稚園様に
設置させてもらっていますが、
子供たちの反応が面白いです。

星が降ってきた!
音楽みたい!
音が光っている!
ぽんぽん言ってる。

なんとも詩人です。
子供の心は芸術家です。

そして夢中になって
ずっと聴いていたいと言います。

水琴で脳にエネルギーを
チャージした子供たちは、
右脳をフル回転して、
素晴らしい発想をしてくれることでしょう。
水琴で右脳教育を!

子供達にとって音環境の悪化は
深刻な問題です。
水琴を使った教育。
まだまだ始まったばかりです。

追って情報はお知らせしますね。

投稿者: 管理者 日時: 2009年11月21日 22:31 |  

2009年11月12日

祝!天皇陛下御即位二十年。

平成になって20年が経ちました。
平成天皇様は、被災地へ行っては
被害にあった人たちを励ましてこられました。

素晴らしい行動ですね。
その立場を利用する人もいますが、
天皇制がこうして続いてきたのには、
理由があるのではないでしょうか。

私利私欲を離れて
象徴として生きるということは
大変なことだと思います。

ご高齢ですが、
これからもお元気でお過ごし頂くことを
お祈り申し上げます。

投稿者: 管理者 日時: 2009年11月12日 21:22 |  

2009年11月07日

マンゴー酢

マンゴー酢って飲んだことありますか?
今はまっています。

酢のジュースって色々ありますけど、
素材感がやっぱり大切ですね。
マンゴーの甘さと酢が
絶妙のハーモニーを奏でています。

寒くなってきましたので、
風邪をひかないように、
水分補給してくださいね。

ところで、
ピソリーノは加湿器としても
効果抜群です。
乾燥するこれからの季節には
ばっちぐー!

バージョンアップした
ピソリーノ2.1は、
静音モーター標準装備ですから、
寝室でもリビングでも
お好きなところでご利用ください。

お茶の先生のお宅でも
玄関でご利用いただけると
おっしゃっていました。
ありがとうございます。

投稿者: 管理者 日時: 2009年11月07日 23:29 |  

2009年11月04日

四日市訪問

四日市に久しぶりに立ち寄りました。

近鉄四日市駅近くの
中国料理八宝さんは
何十年振りでも全く変わらない感じでした。

何でも四日市のトンテキが有名なんだとか。
早速頂きました。
いわゆるローステキです。
それにニンニクがたっぷりかかっています。
エネルギー全快になりそう。
ブヒブヒ!

八宝
http://sawayaka3.fc2web.com/index.htm

投稿者: 管理者 日時: 2009年11月04日 11:30 |  

2009年10月28日

100デジベルをなぜ超えるのか。

本日、水琴の音響調整をしてきました。
暖かい調整日和の中、

出ました。
100デジベル!

CDブックでも少しずつ説明してますが、
なぜこれが凄いことなのかと言いますと・・・

水琴の発生源は水滴音です。
それが共鳴を極限まで取ることによって
音量が増加するのです。

やかましくなるのではありません。

共鳴が極限までとれると、
倍音が発生します。
倍音が瞬間的に無数に発生することで、
音量が増加するのです。

しかし、やかましくはありません。

なぜなのか。

それは、人の耳では聞こえない高周波、
中でも超音波が
多数発生しているからなのです。

つまり、
脳を活性化する高周波の塊が
水琴では出来上っているのです。

だから奇跡が全国で起こっているのです。
エネルギーは増加するのです。

高周波を浴び続けると
エネルギーが超満タン。
あっ・・・。

水琴の音で引き寄せられる
現実のレポート、
お待ちしていますね。

宜しくお願いします。

投稿者: 管理者 日時: 2009年10月28日 23:11 |  

2009年10月26日

水晶のエネルギー

ゆほびか掲載記念プレゼントの
天然水晶玉はどうでしたか?

水晶は水の組成を変化させます。
例えば水琴に注ぐ水に水晶を入れると
音色が変わります。

石のエネルギーは
その場所の土地のエネルギーにも
影響を与えます。

泉谷山西寿寺の水琴は
すっかり有名になりましたが、
注がれる水は
泉谷山の由来になった
霊泉からひいています。

地中の鉱石から受ける
エネルギーをは水に転写され
水琴の音としてあなたに
届けてくれているのです。

この原理を使って
次作のCDブックは作成しました。

富士山のエネルギーを
音で提供します。

お楽しみに。

今週末に全国書店に並びます。

投稿者: 管理者 日時: 2009年10月26日 19:22 |  

2009年10月25日

堀川の清掃に行ってきました。

堀川の清掃に行ってきました。

仲間と堀川に出来た遊歩道の
清掃に行ってきました。

堀川は今年川原が復活したのです。
御池通りから今出川まで
気持ちよく行けるようになりました。

張り切って行ったのですが、
綺麗なこと綺麗なこと。
空き缶を見つけた時には
やったーと喜んでしまうほどでした。

なんでも数日前に
ボランティア団体が綺麗にしたそうです。

そう言えば、京都は汚いところが
繁華街以外はあまりありません。

嵐山へ清掃に行ったときも
綺麗なものでした。

でも清掃する習慣っていいでしょ。
住んでいる周りをちょこっと
掃除するだけでも気持ち良いものです。

お試しを。

綺麗にするとそこへ
幸運が入ってくるようです。

投稿者: 管理者 日時: 2009年10月25日 21:43 |  

2009年10月09日

台風はいずこへ

台風が接近した日に
石切神社の近くに用事があり
訪問しました。
お客様の会社は台風で休業になったそうです。

前日、明日は台風が来ますから
会社は休みですが
私は出社しますからと課長談。
責任感のある方です。

ありがとうございます。
そうか、朝のうちに上るな
と直感しました。

その通り真夜中に台風は
関西圏を抜けていきました。

でもだからと喜んではいられません。
例えば日本列島が
私の身体とすれば
おなか痛は直ったけど
頭痛が、ということです。

色々な災害や
苦難はあります。

それを対処する方法は
感謝です。

ありがとうございます。
これが全ての始まりなのです。

と課長が笑顔で
その答えを教えてくれました。

ありがとうございます。

投稿者: 管理者 日時: 2009年10月09日 22:18 |  

2009年10月06日

愛感謝

私の携帯には
愛感謝の文字がテロップで張られています。
何の変哲もない普通のフォントで
おもむろに機械的に印字されたテロップが
貼ってあります。

この文字は
水の組成を変化させると言われている文字なのです。
空中の水、私の身体の水、
これらを綺麗にしてくれるのです。

この文字を書道の先生に
書いてくださいと言って頼んだところ
愛と感謝を
に変形されて書かれました。

でも意味は関係ないのです。
この文字が大切なのです。

真言を唱えて御参りするのと同じです。
その響きが、その形状が大切なのです。

綺麗な言葉には
それにふさわしい言霊が宿っているのです。

投稿者: 管理者 日時: 2009年10月06日 22:42 |  

2009年10月05日

んまいの熱燗

京都烏丸六角にある
んまいという
居酒屋の熱燗ですが、

だいぶ前にお連れした方が
久しぶりに会ったときに
あの熱燗はうまかったなあ、
とおっしゃるので、
調べたところ、
京都伏見の酒で
んまいオリジナルだと言うこと。

熱燗にもこだわるお店です。
また熱燗の美味しい季節になりました。
飲みに行ってきます。
馬刺しもうまかったなあ。

んまい
http://www.unmai.jp/index.html

投稿者: 管理者 日時: 2009年10月05日 22:42 |  

2009年09月14日

京都鶴屋鶴寿庵訪問

今度のイベントに協賛してもらっている
京都鶴屋鶴寿庵さんを訪ねました。

新撰組発祥の地、壬生屯所は
ここを経営する八木家の住居です。

社長の八木さんとお話しをしました。
NHKの大河ドラマでテーマになった時は
行列が一日続いたそうです。
壬生あたりは四条通まで渋滞するほどでした。

実は私もこちらのお菓子が大好きです。
事務所から歩いていけるところですので、
ちょくちょくお邪魔しています。

こちらのお菓子を
イベントの木津先生の御抹茶席ではお出しします。
お楽しみに。

京都鶴屋鶴寿庵
http://www.kyototsuruya.co.jp/index.html

投稿者: 管理者 日時: 2009年09月14日 19:01 |  

2009年09月11日

木津宗隆家元教授ご紹介

今度のイベントは申し込んでもらいましたか?

水琴の誘い第二弾です。

今回は御抹茶とお香を体験して頂きます。
その御抹茶のお手前を行っていただく方が
武者小路千家の木津宗隆家元教授です。

高台寺円徳院の小堀遠州の庭を見ながらのお手前ですが、
あの見事な風景をいかに料理して
お茶を振舞っていただけるのか。
楽しみです。

難しく考えることはありません。
お茶もお香も心で感じるものですからね。

違ったあなたに遭遇するかもしれませんよ。

感じてください。

投稿者: 管理者 日時: 2009年09月11日 20:43 |  

2009年09月09日

水琴調整のドラマ

水琴の調整は、いつも劇的です。

未知との遭遇だからです。
ポイントにはまると世界が変わります。

無限連鎖の倍音の階段と遭遇するのです。

なんじゃそれ?

CDブックを御読みください。

この秋にパワースポットをテーマにした新刊を
発行することになりました。

パワースポットと
聖地とイヤシロチってどこが違うの?

どうすれば分るの?

そういった質問に答えたいと思います。

投稿者: 管理者 日時: 2009年09月09日 20:38 |  

2009年09月05日

御家流香聚会のお香を体験

御家流香聚会のお香を大阪のカルチャーセンターで体験しました。
堀井先生のご指導で香遊びを体験させて頂きました。

香聞きをして二つの香りを覚えて、
三つの香りを聞き比べる。

そうです嗅ぐではなく聞くというのです。
音と同じバイブレーションを知るという意味です。

今回は白川香と題した香遊びです。
白川の関を題材にした和歌をテーマに香が選ばれている為です。

お陰様で3つとも当てることが出来ました。
さらに席の会期をいただきました。
何でも全部当てることが出来て上座にいた人が頂けるそうです。
和歌を題材にして匂いを当てる、
なんともいえない風流な体験をさせて頂きました。

今度のイベントでは堀井先生のお手前が円徳院で体験できます。
ご期待下さい。
 詳しくは → http://www.suikinkutsu.net/topics/#000593

投稿者: 管理者 日時: 2009年09月05日 09:12 |  

2009年09月02日

水琴コンサート。太鼓との共演。

水琴のコンサートが非常に好評だったようです。
参加した方から、

寝れた。
違う世界へ行ったようだった。
宇宙の声を聞いた。

などの感想を頂きました。

私の太鼓は、永遠をテーマにしました。
繰り返される生命の営みといえば大げさかもしれませんが、
毎日色々あってもその根底を流れている
生命の連続性というか、
うねりです。

そして他者との一体感である「きずな」
を体験していただきたかったのです。

気持ちよければ全てよし。
またご感想お待ちしていますね。

投稿者: 管理者 日時: 2009年09月02日 23:27 |  

2009年08月27日

山岡尚樹さんと面談。

七田アカデミーの山岡尚樹さんと面談しました。

山岡さんは著書に「音脳法」というものがあります。
それを頂きましたが付属CDが非常に面白いです。
1のほうでは七田メソッドが紹介され、
倍速で聞くモーツアルトや
複数の音を同時に聞く聖徳太子の耳などが体験できます。
2のほうは、音の辞書みたいにありとあらゆる効果音を用途別に配列してあります。

音で世の中に役立ちたいというコンセプトが一致して、
有意義なお話ができました。

一度是非お試しくださいね。
http://www.shinko-music.co.jp/feature/nouryoku/

投稿者: 管理者 日時: 2009年08月27日 23:13 |  

2009年08月24日

京倶楽部さんに立ち寄りました。

錦市場にある京倶楽部さんに立ち寄りました。お店の前には水がじゃばじゃばと流れていますが、錦の地下水をそのまま流しているのだとか。水を汲んでいく方もいるそうです。京都の井戸水は、盆地の伏流水ですから、美味しいに決まっています。京都の野菜、お豆腐、お酒がなぜ美味しいのか。それは水が美味しいからです。そんなお店の店内の内装は数奇屋建築の工務店に頼んだとか。とても落ち着く空間です。水と空間。おや?何か足りませんね。高周波が足りない。早急に入れてもらいましょう。美味しさと安全にこだわった食事やコーヒーが味わえるカフェダイニング。お勧めのお店です。

京倶楽部 075-222-1831

投稿者: 管理者 日時: 2009年08月24日 20:47 |  

2009年08月22日

武部宏さんおめでとうございます。

武部宏さんのアナウンサー50周年記念パーティに招待されて行ってきました。本当に長い間、おめでとうございます。登場は愛用の自転車で。そして若きころの写真や声を聞かせて頂きました。
50年同じ職業を続けて、現在も現役という武部さんには脱帽です。これからもお元気で京都市民の声をラジオで聞かせてください。またスタジオにも寄らせてもらえれば嬉しいです。おめでとうございます。

投稿者: 管理者 日時: 2009年08月22日 00:13 |  

2009年08月19日

ワコール本社に展示中のサローネ見学

ワコール本社に展示中のサローネを見たいというお客様と一緒にワコールを訪ねました。ワコールの1階エントランスに設置されてからしばらくになりますが、たくさんの人が見ていただいたのではないでしょうか。写真に写すとその横に展示されているワコール商品が一緒にうつる為、使うのにはちょっと躊躇します。もちろん商品とは女性下着ですからね。しかし、ワコールさんはさすがにセンスが光ります。さりげなく商品棚の横に同じ色のサローネを展示しています。そしてその音は2階の商談スペースにも響いています。水琴の音は上に広がる性質があるためにそうなるのです。展示品を見学希望されるかたはティーズ・コーポレーションまでお申し込みください。いつも管理をして頂きましてありがとうございます。

お申し込みはこちら → info@suikinkutsu.net 

投稿者: 管理者 日時: 2009年08月19日 21:23 |  

2009年08月03日

納涼パーティーに参加しました。

 富きくおさんの納涼パーティに参加しました。富さんは京都市議会議長を昨年度勤められ、私の出版記念祝賀会にも来て頂いた方です。京都市長とは30年来の友人ということで市長もかけつけていました。私も市長には教育長時代からお大変世話になっています。この日は会合が4件目ということでした。
 1000人も集まる大盛況ぶりには驚きました。富さんの人柄と25年議員を務められた歴史なのでしょう。ギターで『サライ』を謌っている姿は、皆さんも気さくな人柄と温かいものを感じたのではないでしょうか。これからも地元の人達の声を生かした行政をよろしくお願いします。頑張ってください。
 京都行政関係では、京都府立植物園と子供センターパトナに水琴窟(水琴ガーデン)を設置させてもらっています。京都市民もやっぱり脳には高周波です。高周波が世の中を綺麗にしてくれるのです。頑張れ高周波!

投稿者: 管理者 日時: 2009年08月03日 09:37 |  

2009年07月22日

岩戸開き日食見ました。

京都では部分日食が見れました。80%かけたそうです。車に乗っていてコンビニを通ると空を見上げる人影が、そうだ皆既日食の日だった。車を止めて空を見あげると雲の間から太陽が顔を出します。ちょうど見やすいぐらいのその瞬間を写真に収めました。太陽が三ヶ月のようになりました。実は岩戸開きのような太陽に私は良く出会います。じっと見ていると雲が薄くなるんですよね。次回は2035年9月2日の北陸・北関東などで見られる皆既日食まで26年間起こらないそうです。その時、また見ましょう。生きていれば。

投稿者: 管理者 日時: 2009年07月22日 21:35 |  

2009年07月19日

土用の丑の日にうなぎ

今日は土用の丑の日です。うなぎ食べますか?やはり夏ばて予防には精のつくものを食べたいですね。京都では夏の精のつく食べ物として「はも」が有名ですが、正直なところそれほど美味しいものでもないですよね。貴船で頂くはもしゃぶが一番美味しいと、知人の料理職人が言っていました。しかしあのうねうねしたはもをさばいて食べるという昔の人の勇気とそれに応える料理職人の意地に敬意を表します。そしてあの小骨の多いはもの骨の標本を作ったということが去年ニュースになりました。どこまでマニアなんだろう。この変態性こそ京都の文化を支えてきた原動力ではないでしょうか。あっ、変わった虫の声がした。録音だ。私も変態かも。今日は鰻屋さんの思惑通りうなぎを頂きます。普通だ。

投稿者: 管理者 日時: 2009年07月19日 10:16 |  

2009年07月17日

祇園祭お茶会

煎茶道、方円流主催の祇園祭お茶会に参加しました。ビルから鉾巡行を眺めるという贅沢な催し。美味しい冷茶のお手前を頂き、点心、紅茶をたっぷり楽しませて頂きました。お手前会場には小型水琴窟「ピソリーノ」が設置され、「今日は水琴窟の音を鴨川の流れと思って下さい。」と家元が紹介されました。今年のお稚児さんは鍵善良房さんのお子様でとっても嬉しく、祇園祭が身近に感じられました。
祇園祭は龍神さまのお祭りです。今日も京都市内に雲がただよい京都市内を清めてくれました。いよいよ夏本番です。方円流の皆様、いつもありがとうございます。

投稿者: 管理者 日時: 2009年07月17日 15:01 |  

2009年07月10日

漏刻(ろうこく)

漏刻って知っていますか?復元されたものが近江神宮にあるというので見に行きました。天智天皇は1300年程昔に漏刻(水時計)を近江に設置して時刻制度を開始したとされています。それにちなんで御祭神が天智天皇のこの神宮では、復元された漏刻があるというので行ってきました。しかし残念ながら止まっていました。大きなのっぽの古時計♪といった感じでしょうか、水は止まっていました。残念。
何をやるにも一定間隔で物事を進めるということは非常に難しいことです。漏刻にも何層にも水を受けて一定速度で水を流す工夫がされています。そういえば水琴(水琴窟)の音の間隔にこだっわっている方に教えてあげよう。サイホンを連続して通すことによって圧力が抜け一定速度に近づくという仕組みです。

http://www.geocities.jp/afi_651/japantime.html

投稿者: 管理者 日時: 2009年07月10日 19:14 |  

2009年06月22日

細菌性髄膜炎ってご存知ですか?

細菌性髄膜炎は赤ちゃんがかかる感染症です。WHOは乳幼児へのワクチンの定期摂取を推奨し、多くの先進国では定期摂取が行われているにもかかわらず、日本では昨年からようやく任意摂取が始ったところです。ヒブワクチンは任意の為、費用が30,000円程度かかります。高すぎます。受けられる家庭が限られます。一刻も早く国がお金を負担して定期摂取できるようにしてもらわなければなりません。
今日、そんなお話を聞きました。「細菌性髄膜炎関連ワクチンの定期摂取化を求める請願」に署名して「細菌性髄膜炎から子どもたちを守る会」へ提出しました。私もこの活動に賛同します。

細菌性髄膜炎から子どもたちを守る会
http://zuimakuen.net/a1.html

投稿者: 管理者 日時: 2009年06月22日 22:53 |  

2009年06月15日

AED講習会に参加

AED(自動体外式除細動器)とは、心臓がけいれんし血液を流すポンプ機能を失った状態(心室細動)になった心臓に対して、電気ショックを与え、正常なリズムに戻すための医療機器です。
なんか難しそう。と思っていましたが、講習を受けてみるといたって簡単です。人が倒れていた時の対処方法を教えてもらいました。救急車が街中なら5分、郊外だと十数分以上かかるところもあるといいます。そんな時それまでの間、どうやって救急措置をうけたかで生存率やその後の回復もぜんぜん違うそうです。まずは心臓マッサージ。両手の腹で胸の中央の乳房の間あたりをリズミカルにおすのです。そしてAEDが近くにあれば使って救急車を待つというものです。AEDは心臓の動き(心電図)を自動解析し、電気ショックが必要な方にのみ電気ショックを流す仕組みになっているので、安心です。
でも言葉では伝わりません。会社とか学校とか団体で講習を消防団に申し込むと指導してくれるそうです。絶対お勧めです。いざというときに役立ちますよ。

http://www.jhf.or.jp/aed/

投稿者: 管理者 日時: 2009年06月15日 22:18 |  

2009年06月11日

「ベルリンフィル12人の金管奏者たち」

今日は武部宏さんの事務所へうかがいました。そして前回好評だった水琴の誘いイベントをご要望にお応えしこの秋に開催することになりました。皆さん来て下さいね。
現在、プランツコーポレーションさんで主催されるイベントの最新情報をお知らせします。

  「ベルリンフィル12人の金管奏者たち」
 京都会館第一ホール 問い合わせ 075-222-7755 プランツコーポレーション

このイベントはあの有名なベルリンフィルのメンバーの内、金管楽器の奏者のみ12人を招いてコンサートを開くというもです。東京を皮切りに全国で行われるそうです。京都での公演は、7月22日です。いい席はお早めにお申し込みください。私も聴きに行く予定です。

 詳しくは→http://www.kbs-kyoto.co.jp/contents/playguide/classic/12_1.htm

投稿者: 管理者 日時: 2009年06月11日 22:31 |  

2009年06月07日

今日は役行者の命日です。

6月7日は、役行者の命日って知ってましたか?文献によれば、虹に乗って空へと帰っていったそうです。八丈島から富士山へ修行しに雲に乗って通っていたというのも大好きな伝説です。そこまで出来てまだ修行かよと突っ込みたくなりますね。修行がよっぽど好きだったのですね。その日に私の父も他界しました。ですから絶対忘れられない命日なのです。いつか雲に乗れるようになりたい。出来たらブログでも知らせます。世界中で平和が実現しますように。平和は愛の結果です。

投稿者: 管理者 日時: 2009年06月07日 22:22 |  

2009年06月03日

6月2日富士山へ行きました

富士山はパワースポットとしてあまりにも有名ですね。正月の初夢に一富士二鷹三茄子と言われるように夢を見るだけでも運がいいことが起こると言われてきました。イヤシロチハンターの皆様ははずせませんね。
今回は幻の滝を見ることが出来ました。雪解けのこの季節だけ見ることが出来るそうです。滝のなかに何か見えますか?春の神様です。今回立ち寄った中でのパワースポットを紹介します。そこは古御嶽神社と言います。普通では考えられない物置小屋の建物の神社ですがその小さな鳥居の前とその後に続く登山道は素晴らしいポイントです。7月1日から山開きされますので是非立ち寄って下さいね。

投稿者: 管理者 日時: 2009年06月03日 11:09 |  

2009年06月01日

高台寺円徳院

今日は高台寺円徳院へお礼に武部さんと伺いました。後藤住職は、結婚式と葬儀は、イベントとして行うのではなく、周囲の人々との関係性において長い目で行うべきものだ。とおっしゃっていました。元来、周囲の人々へ披露することや、お別れをすることが目的だったのでしょうから、そのことを忘れないようにしたいですね。いつまでたっても熱い後藤住職(住職をご子息に譲られたそうです)に感激します。そういえば最近は草食男子と肉食女子とか言われて、熱いものが少なくなってきましたね。私はもっと燃えたい。お付き合いくださいね。

投稿者: 管理者 日時: 2009年06月01日 17:38 |  

2009年05月27日

サーバー移動

ティーズ・コーポレーションのホームページのサーバーの移動が完了しました。ブログのスピードもアップしたので頑張ってもっと情報を書いていきたいと思います。ちょくちょく見に来てくださいね。

投稿者: 管理者 日時: 2009年05月27日 10:43 |  

2009年05月23日

イベントの打ち上げ

イベントは企画から始まり制作して、準備して、設営して、運営して、撤収して最後は打ち上げです。たくさんの人が何をするにも関わってくれていることに驚き又、感謝の気持ちでいっぱいになります。本当にありがとうございます。やっぱり飲み過ぎました。ごめんなさい。

投稿者: 管理者 日時: 2009年05月23日 13:50 |  

2009年05月22日

出席って何

ある会の飲み会のテーマは「出席」でした。会に属しているものとして出席するのは当然ですが、それは大人であれば「権利」ですよね。「義務」ではありません。でもいろいろな奉仕団体では、出席率が減ってきているというのが問題となっています。なぜでしょうか。「楽しい会にする」「罰則を設ける」などいろいろな意見がありますが、私は「権利」を行使するかどうかは本人の問題だと思います。出席する自由、欠席する自由。これは「生き方」の問題かもしれません。というわけで飲み過ぎました。すみません。

投稿者: 管理者 日時: 2009年05月22日 11:13 |  

2009年05月20日

鞍馬に石を見に行きました

%96%7B%88%C6%94n.JPG京都には昔から名石があります。中でも本鞍馬石は茶庭の石としては一流です。この石は鉄分が年月とともに表面に出てきて大木の年輪のように模様を作っていくのです。何十年、何百年、そしてなんとも言えない風格となるのです。水琴窟(水琴ガーデン)をつくる時、特に人気のある石です。

投稿者: 管理者 日時: 2009年05月20日 14:56 |  

2009年05月04日

吉田神社へ行ってきました。

京都大学のすぐ隣にある吉田神社は私の好きなイヤシロチスポットの一つです。山頂の公園でゆっくりしているとなにやら高周波の音が本宮のほうから聞こえてきます。きーん、きーん。なんだなんだ。降りていってみました。するとお祭で使う鉾を持って歩く練習をしているのです。5mくらいの鉾を一人で持ち上げ、頭の部分についている鐘を当てながら歩くのです。そのたびにきーんという高周波が鳴るのです。しばらく見ていましたが、上手な人は振り子状の鐘を往復で当てて進むのです。言葉ではうまく伝わらないかも。これこそお払いです。鉾が進む道すがらはお払いされ高周波が場を浄化するのです。吉田山の山が持つ高周波のエネルギーをこうやって配っていたんだなあと感動しました。

投稿者: システム 日時: 2009年05月04日 15:36 |  

2009年05月02日

清志郎さんのご冥福を祈ります。

私は清志郎さんのファンでした。あの個性。そしてあの優しさに感動しないはずがありません。デビュー当時の無垢な少年が無垢な心で歌を歌っているという感じが忘れられません。そんな風に生きていきたいなあと思ったものです。蝶もど派手な衣装を身にまといます。清志郎さんはそのまま素直にど派手が好きだったんでしょうね。永遠のロックンローラー清志郎の冥福を祈ります。

投稿者: システム 日時: 2009年05月02日 18:49 |  

2009年04月30日

イヤシロチセミナー下見

イヤシロチセミナーの下見に行きました。京都にはまだまだたくさんイヤシロチがあります。万物が蘇生する場所イヤシロチ。そこへ行けば誰でも感じることが出来るはず。まずはなんとなく気持ちがいいこと。そしてさらに感じる方法としては、人間の身体は自分にとっていいものを触ったり、その場所へ行くと、身体がやわらかくなり、筋肉が強くなり、血流が早くなります。そのことを利用してイヤシロチの判断が出来ます。簡単なものは、屈伸運動をしてみる。すると屈折の仕方が場所によって異なることに気がつきます。例えば、身体に害があるものと有益なものを持ったときでも身体は素直に反応しますからお試しください。例えば、タバコと果物とかを持ちかえるだけで屈伸が変わります。船井幸雄先生もそうやって初めはいいものと悪いものを判断していったとおっしゃっていました。そうやっているとだんだん屈伸運動をしなくても分ってくるのです。私は血流で判断しています。血が騒ぐというのはこのことです。これは身体の感覚で教えてくれるのです。

投稿者: システム 日時: 2009年04月30日 21:08 |  

2009年04月12日

岩手県養護施設訪問

岩手県宮古市を訪問しました。素敵な町です。魚介類は最高に美味しいし、人は優しいし、静かで良い町でした。養護施設を訪問しましたが、素晴らしい施設でした。そういう人気の施設は順番待ちが相当長いそうです。スタッフも素晴らしい方々ばかり。こんなところなら今からお世話になりたいかも。と考えてしいました。(笑)
高齢化社会でこういう施設は大切になるでしょうが、ピークを過ぎれば無用になって行く。難しい選択です。でも今必要とされていることに応えていくことが大切なのではないでしょうか。今を大切に。高齢の方も今を大切に生き生きと生きていける環境って大切ですよね。水琴で脳の活性化を提供して、高齢者の生き生きに貢献できればと思いました。

投稿者: 管理者 日時: 2009年04月12日 20:53 |  

2009年03月28日

ハイパーソニック体験

音の中で6000ヘルツ以上を高周波、2万ヘルツ以上を超音波と呼びます。そして超音波をハイパーソニックと呼びます。大橋力先生らが提唱するその音は水琴(従来の水琴窟では残念ながらそういった成分は出ることはまれです)の音の中に含まれるものですが、残念ながら一般のCDには収録されず、生の水琴を聞かなければ体験できません。ところがN邸にはその音を体験する装置があると聞いてお訪ねしました。超音波を含めて収録した特殊なCDを100kHzまで再生可能なスピーカーで聞くのです。凄い。高周波専用のスーパーツイータースピーカーにキャップをすると臨場感ががらりと変わります。聞こえない音ハイパーソニック。しかし実感することが出来る音なのです。体験会でも出来るといいですね。感動間違いなしです。そしてその音は、分離してその音だけを放送しても効果は無いそうです。その音への階段、つまり倍音の連鎖がポイントなのです。そのあたりのことは、新作CDブックで書きましたのでお読みください。今週の「運気が上昇するヒーリングメルマガ」で少し触れたいと思いますのでご登録くださいね。凄い。

 「運気が上昇するヒーリングメルマガ」ご登録はこちらか → http://www.suikinkutsu.net/ 
  *右やや下に登録フォームがあります

投稿者: 管理者 日時: 2009年03月28日 11:04 |  

2009年03月26日

京都市会議長室訪問

方円流の樫原保園先生のご紹介で京都市会議長室へ訪問してきました。富きくお先生は今年の議長を勤められている議員先生で、とても気さくでバイタリティ溢れる方です。思わず、水琴の高周波の効能、水琴窟から開発してきた経緯、そしてそれにかける思いを語ってしまいました。財政の苦しい京都ですが、その文化度の深さを否定する日本人はいません。奥深い繊細な技術、思考、京都から色々なものを発信していかなければならない、改めて感じました。富先生は地元の人達の争いごとの仲裁をしたり、悩みを聞いたりすることが多いそうです。そういう地元に根ざした活動を応援したいと思いますし、期待しています。お疲れの時には、水琴でリフレッシュして下さい。

投稿者: 管理者 日時: 2009年03月26日 20:56 |  

2009年03月25日

「文化・学術・市民交流を促進する日朝友好京都ネット」の設立総会に参加

北朝鮮と日本の文化、学術の交流を促進する「文化・学術・市民交流を促進する日朝友好京都ネット」の設立総会(2009.3.25)へ参加してきました。民会の任意団体でこのような会が発足されたことに感動しました。副会長の上田社長(上田商事)は、北東の小さなエリアで民族が仲良く出来ないとことに民間がたちあがらなければならないと設立の動機をおっしゃっていました。後援者には、政党関係なく各界からの著名人の参加者も多く、熱気溢れる会に圧倒されました。会長の水谷幸正様も大変期待しておりますとのことでした。北朝鮮にも平和のシンボルとして水琴(水琴窟)を届けられたらいいですね。心が穏やかであれば平和になるはずですから。ある先生が、「実際には東アジアは平和なエリアなのです。不安を煽り立てているのは誰でしょうか。」とおっしゃっていましたが、確かに中東のように実際に人殺しをやっている場所では有りません。同じ地域の人間として仲良くやりたいものですね。

  * 京都新聞社記事はこちら
  → http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2009032500183&genre=M1&area=K00
  * この写真の中に私はいます。さてどこでしょう。

投稿者: 管理者 日時: 2009年03月25日 23:47 |  

2009年03月17日

たまごの黄身はなぜ黄色い

鶏を放し飼いしたいと懸命に奮闘した人の話を聞きました。最近、そういえば黄身の赤っぽいものが多いと思いませんか。話によると鶏の黄身は食べたものの色素の色が直ぐに出るそうです。鶏はコーンを食べるから黄色いそうです。そして最近はパプリカを混ぜて赤っぽくするというのです。悪いわけではないですが、だまされてはいけませんね。たまごの鮮度は白身の粘りだそうです。
焼き鳥屋を始める為に鶏の飼育からはじめたというこだわりには敬服しました。妙心寺の近くにお店があるそうですから、また行ったらお知らせしますね。
水琴窟の音もだまされてはいけませんよ。みそは倍音です。高周波です。水琴が水琴窟の最高峰と呼ばれるわけはそこなのです。

投稿者: 管理者 日時: 2009年03月17日 22:02 |  

2009年03月12日

Y邸の水琴が稼動開始です。

Y様には未だ言っていませんが、実はその水琴を取った写真が紫の光を発していました。水盤から流れる水は池の水蒸気に乗って広がります。そしてそこに暮らす家族を包み込むのです。おばあさんの言葉が戻ったという知らせが届きました。デイサービスにかようおばあさんの言葉が。本当によかったです。最終日に挨拶をさせていただいたときに、おばあさんはあたしをじっと見送ってくれました。そのおばあさんの部屋に水琴の響きは影響するような位置関係にあるのです。本当に嬉しいです。これからもどんな奇跡を起こしていってくれるのでしょうか。100デジベルを超える軌跡の高周波は、人の暮らしに熱帯雨林のジャングルが与えるエネルギーを提供できるのです。池に寄り添う水琴窟(水琴)。本物の響きを毎日お楽しみください。

投稿者: 管理者 日時: 2009年03月12日 15:37 |  

2009年03月11日

ケータイ国際フォーラムへ参加してきました。

トークショーで茂木さんが話されるということで歌舞練場へ行ってきました。この数年で子供の平均IQは上ったそうです。パソコンや、携帯電話、などの普及で脳の対応が幅広くなったせいではないかと茂木説。携帯は、いつ来るかわからないメールという満足を待つという構造上、最高のドーパミン精製機であるということでした。文化都市京都には様々な文化が深みをもって存在していますが、それには長い年月の間にはぐくまれた小さな変化が何重にも重なっているのです。そういう意味では、携帯文化はこれから出来上がっていくものなのかもしれません。源氏物語も何人もの手で書き直されていった結果が現在に残るあの作品なのだという説もあるそうです。新しい媒体として様々な可能性を模索してみたいですね。早速、有限会社ティーズ・コーポレーションの携帯専用サイトを立ち上げましたので、携帯からアクセスしてくださいね。

投稿者: 管理者 日時: 2009年03月11日 10:55 |  

2009年03月08日

煎茶道方円流の献茶式に参加

今日は煎茶道方円流の献茶式とお茶会へご招待され参加させて頂きました。高台寺で献茶式とたくさんのお茶席を一日開催する大型お茶会です。豊臣秀吉の正妻だった、ねね様が秀吉を供養したお寺として有名です。家元の御手前で厳かな中、献茶席は進められました。禅寺らしく太鼓と木魚で進行され、家元席では美味しい御煎茶を頂きました。方円流には紅茶席というのがあり、初めて体験させて頂きました。水琴窟のルーツとされる洞水門の考案者とされる小堀遠州が監修した庭がある円徳院は、ねねさんが晩年暮らしたとされる場所です。水琴の誘い2009イベントの会場です。次回のイベントをお楽しみに。

投稿者: 管理者 日時: 2009年03月08日 20:28 |  

2009年01月01日

明けましておめでとうございます。

新年明けましておめでとうございます。旧年中は大変お世話になりまして誠にありがとうございました。激動の年が明けました。益々スピードが増してこれからいろいろなことが起こりそうな年明けです。ホームページ、ブログ、ヒーリングレター、メルマガなどでどんどん情報をお届けしていきますので、本年もどうぞ宜しくお願い致します。皆様のご健勝、ご多幸をお祈り申し上げます。

■ ヒーリングレター正月号(四季報)が完成しましたので、水琴窟ネット-KYOTO JAPANの会員の皆様には6日発送いたしますのでお楽しみに。今ご入会の方は来年度(4月年度)の会費が無料になりますので、この機会にご入会お待ち申し上げます。http://www.suikinkutsu.net/suikinkutsunet/nyuukai.html

■ CDブックお陰様で30,000部突破記念。年賀状お年玉番号で「流すだけで運気が上昇する魔法のCDブック」(ビジネス社)または、「いいことが次々と起こる和みのCDブック」(ビジネス社)のお好きな方をプレゼント致します。当選番号のハガキの番号部分を切り取って郵送頂くか、ファックスで有限会社ティーズ・コーポレーションまで希望CDブック名をご記入の上、ご住所、お名前、お電話番号、年代と共にお申し込み下さい。1月30日必着でお願いします。先着10名様。

 当選番号 下3桁 969 109 

■ 大橋智夫のメルマガ(無料)は、登録フォームから登録下さい。「運気が上昇するヒーリングメルマガ」を毎週送信しています。目からうろこの情報満載です。http://www.suikinkutsu.net/

2008年の出来事

続きを読む "明けましておめでとうございます。" »

投稿者: 管理者 日時: 2009年01月01日 22:37 |  

2008年12月27日

ご苦労様でした。そしていろいろなところで頑張っている方、お疲れ様でした。

ティーズ・コーポレーションの納会が行われました。なぜかうちの飲み会は、人が増えます。飲み会のときは懐かしい人や目新しい人も参加してくれます。うちの事務所が宴会場になりますが、水琴の音をBGMにするとお酒も一層美味しくいただけます。
そうそう、北海道のMさんから生酒を頂きました。なんとクール便で届いたので、すぐに冷蔵庫に入れて頂きました。旨い。どぶろくのもっと洗練された味というか、そして酔いがまわるのがはやい。皆、満足していました。ありがとうございました。
年末、新年、とお酒の季節ですが、水琴の音色で気分良くなって下さいね。お酒にも高周波が当たって波動酒になるかも。飲めば飲むほど強くなる。ってどこかで聞いたような。
1年間どうもありがとうございました。なお、商品の発送は30日まで承っていますのでCDなどのご注文お待ちしています。

投稿者: 管理者 日時: 2008年12月27日 00:07 |  

2008年12月24日

メリークリスマス

今日クリスマス会を行いました。キリストの生誕を祝うこのイベントも電球の数を競うようになりました。京都では、ロームさんの電光は有名です。平安女学院の飾りつけも年々電球が増え綺麗になりました。電球は減りませんから、毎年どこでも増えていきます。我が家はずっと一本の電線だけなので来年くらいには1本くらい増やそうかなと思っています。感動、情熱、驚き、そういうものが集まってイベントは盛り上がります。有料でイベントを行っているとそういう初心を忘れそうになるときがありますが、それは危険です。イベントはお祭りですから人を動かすそういったものが無ければいいイベントにはなりませんからね。我が家のささやかなクリスマス会もピソリーノと電球を連動させました。ピソリーノの高周波音を連続で流すと鐘のように聞こえるのです。ジングルベルですね。水琴の又違った遊び方かもしれません。お試しを。

投稿者: 管理者 日時: 2008年12月24日 23:57 |  

2008年12月17日

宮城県へ行ってきました。

宮城県は太平洋から登る朝日の国。太平洋からダイナミックに登る朝日はエネルギーをこのあたりに注いできたのでしょう。ご自宅に水琴をというご相談を受け行ってきました。Y邸には、家をはさんで陰陽二つの池があります。その中に設置をしてみようかということになりました。池から聞こえる水琴。これは斬新なアイデアです。しかし理にかなっています。池の水蒸気が音を運ぶのです。こういう方法があったんだ。今まで気がつきませんでした。Y邸の池は山から水を導いているということで、京都の宝泉院さんと同じです。山の水や地下水にはミネラル分が多く含まれて音としては非常に澄んだ素晴らしい音色になります。西寿寺さんも霊泉を引いていますからあのような素晴らしい響きになるのです。実現したらすぐお知らせしますね。
太平洋のお魚を頂いて、地元のこだわりのお豆腐やさんのお豆腐とエネルギー満タンの自然の幸を頂きました。Y様、お集まりになった皆様ありがとうございました。

投稿者: 管理者 日時: 2008年12月17日 23:45 |  

2008年11月20日

金剛山歌劇団の公演を見てきました。

北朝鮮から来た金剛山歌劇団アンサンブル公演を見てきました。すごかった。舞踊の徹底した統制と活発な動きに2時間釘付けになりました。プロを感じました。感動。アンサンブルはも一つかな。民謡は、日本の民謡とよく似ていてルーツなんだなあと改めて思いました。日本音楽のルーツといえば、大原の魚山声明ですが、そのCDがリニューアルされて販売開始しますので、もうしばらくお待ちくださいね。それはそれとして北朝鮮の人達が餓死している現状を考えると悲しくもなりました。アジアの同胞として、なんか出来ることはあるか考えてしまいます。音楽や芸能が人の心を明るくして、明るい心が現実をリードして欲しいものです。一度行ってみようかな。

投稿者: 管理者 日時: 2008年11月20日 21:47 |  

2008年11月19日

お笑いと健康学会のイベントへ参加しました。

先日日帰りで横浜へ行ってきました。何を隠そう、お笑いと健康学会のイベントへ参加しました。小林芙蓉先生のきってのお勧めということで行きました。ちょっと私にはマイナーなお笑い漫才師がステージを進め、一方で会長がまじめにお笑いは筋肉を使っていい運動になるんだ、というようなお話をされていました。なかなか変わったイベントでした。

最近、お笑いを科学する団体とよく遭遇します。WHOでも大学教授が研究テーマにしているという発表をしていました。笑いは、高周波を放っています。特に腹から笑う笑い声は、高周波をたくさん出しています。体にいいとされることには、高周波が隠されているようですね。

投稿者: 管理者 日時: 2008年11月19日 22:52 |  

2008年11月07日

宝泉院メンテナンス

宝泉院の水琴窟は、理知不二水琴窟と呼ばれ、二連式の珍しいものです。約8年前に設置させてもらったものですので、そろそろ整備のころでしょう。痛んだ場所を今月中に改修して、音響もばっちりにしますので完了次第またお知らせしますね。お楽しみに。そろそろ年末メンテナンスの季節です。

投稿者: 管理者 日時: 2008年11月07日 18:15 |  

2008年11月04日

バザールKINUGASA&どうそうかいに出展しました。

「バザールKINUGASA&どうそうかい」室内ブースに水琴出展。お子様に、お母さんに、赤ちゃんに、水琴の高周波をご提案いたしました。メルマガの読者さんも来場いただき、ありがとうございました。子供は素直です。ピーン、チーン、などなど面白い擬音語が飛び出してきました。でも一番人気は、景品のおもちゃだったかも??衣笠幼稚園の先生他、皆様ありがとうございました。

投稿者: 管理者 日時: 2008年11月04日 14:00 |  

2008年10月22日

年金大丈夫?若くても関係ないよ!

えー!!!ほんとに!
友人の年金記録を告げる通知書が来ました。子供が出来て間もないお母さんの年金の確認通知です。ところが、支払っていた年金がもれているのです。数年前のことですよ。数年前に若くてお金も無いときに、アルバイトして稼いだお金をまじめに支払った記録が消えている。
これはどういういいわけも出来ませんよね。支払ったものを未払いとして通知するっていうことは、詐欺以外の何物でもないのではないでしょうか。ひょっとして係りの人が着服したのではないでしょうか。
ニュースを騒がしているのは、お年寄りの過去の年金情報が漏れているっていうやつでしょ。ところがそれだけではないのです。先月支払った年金の記録ももれている可能性があるのです。
どうすればいいのでしょうか。だれか国を刑事告発してくれるのでしょうか。お年寄りが騙されたことを知ったときにどれほど傷付いているのかを考えると頭にきます。
若くても関係ありませんから、是非一度確認してください。

投稿者: 管理者 日時: 2008年10月22日 21:03 |  

2008年09月07日

水琴の音収録

今日、水琴の音を収録してきました。現場の響きを確認して、マイクをセットする位置を決定して、水量を調整して響きの状態を確認。水琴の内部のずれを調整して、ようやく録音開始です。ここまで約2時間。今日は空の調子が不安定だったので、竜神様にお祈りをして、雲を払って、録音開始でした。雷が鳴るときは、電子が乱れ飛んでいるので、高感度マイクはその音をひろってしまいます。軽くショートした感じになります。水琴の音との会話は、3時間くらいしました。この間の会話を楽しめなければ、いい音は収録できません。こうして何度か収録したものからCDは作られるのです。皆様のお役に立てるように。今日は高周波をたっぷり受けて、稲妻の電子を頂いたので、元気盛り盛りです。このエネルギーを伝える方法理論を次作では紹介しますね。

投稿者: 管理者 日時: 2008年09月07日 21:27 |  

2008年09月05日

五十鈴

昨日、嵐山の松籟庵へ小林芙蓉先生を訪ねました。先生の書は芸術です。額に閉じ込められた書は、飛び出しそうに私には映ります。ピソリーノが松籟庵に備え付けられました。そして、その場で五十鈴を振っていただきました。五十鈴とは、天川弁財天に伝わる鈴です。その音は、高周波が周波数の低いものを払ってくれるものです。その音を芙蓉先生に振っていただき録音しました。生き物のように音色はうねってあなたに迫るでしょう。この音を使って作品を作る予定です。あなたに失敗とは無縁の幸運な人生を届ける為に。ご期待くださいね。

投稿者: 管理者 日時: 2008年09月05日 20:37 |  

五十鈴

昨日、嵐山の松籟庵へ小林芙蓉先生を訪ねました。先生の書は芸術です。額に閉じ込められた書は、飛び出しそうに私には映ります。ピソリーノが松籟庵に備え付けられました。そして、その場で五十鈴を振っていただきました。五十鈴とは、天川弁財天に伝わる鈴です。その音は、高周波が周波数の低いものを払ってくれるものです。その音を芙蓉先生に振っていただき録音しました。生き物のように音色はうねってあなたに迫るでしょう。この音を使って作品を作る予定です。あなたに失敗とは無縁の幸運な人生を届ける為に。ご期待くださいね。

投稿者: 管理者 日時: 2008年09月05日 20:37 |  

2008年06月20日

膳所焼美術館様訪問

6月19日膳所焼美術館様へ訪問しました。武者小路千家の木津先生と生徒さんたちと訪れました。お茶席の縁先にある水琴の音は、お茶席中に響き渡り、虫の音を鑑賞するような感じで楽しませてくれました。湿度が上ってきたことを感じて、こうやって湿度が上ってくると音が聞こえやすくなります。と説明していると雨が降り始めました。そうか私は人間湿度計も出来るかも(笑)。風景と情景がマッチした場所は、状況までマッチングしてくるようです。館長夫妻もお元気そうで何よりです。いつまでもお元気で。

投稿者: 管理者 日時: 2008年06月20日 12:53 |  

2008年06月05日

第4刷決定!

ビジネス社の編集長とお話をしました。編集長と私の思いのベクトルが一致していることが書店で売り切れ続出の現状を導いているのかもしれません。それは、世の中の役に立つような商品を作ろうということです。CDブック「流すだけで運気が上昇する魔法のCDブック」は、東京や全国各地の大型書店で飛ぶような勢いで売れているそうです。まだ1ヶ月ですが、第4刷決定しました。皆様ご支援くださいまして誠にありがとうございます。創業から12年ひたすら人を癒す音を追及してきた私には感無量です。これからも癒しの音を追求した商品、作品を全力で提供していきますのでどうぞ宜しくお願い致します。八重洲ブックセンターでも売り切れでした。ちょくちょく大型書店を覗きますが、1、2冊ある程度か売り切れています。平積みにするとすぐなくなると書店の方がおっしゃっていました。嬉しい限りです。近くの本屋さんに無い方は、ティーズ・コーポレーションまでご注文下さい。今なら在庫あります。10本単位でご注文いただいたりしていますので、うちの在庫も減るのが早いです。販売数の増加に伴い、犯罪数が減少すればいいですね。病気も犯罪も無い、豊かな社会実現のために貢献できれば、このCDブックを世に出した本当の意味での目的達成です。頑張れCDブック!

投稿者: 管理者 日時: 2008年06月05日 22:22 |  

第4刷決定!

ビジネス社の編集長とお話をしました。編集長と私の思いのベクトルが一致していることが書店で売り切れ続出の現状を導いているのかもしれません。それは、世の中の役に立つような商品を作ろうということです。CDブック「流すだけで運気が上昇する魔法のCDブック」は、東京や全国各地の大型書店で飛ぶような勢いで売れているそうです。まだ1ヶ月ですが、第4刷決定しました。皆様ご支援くださいまして誠にありがとうございます。創業から12年ひたすら人を癒す音を追及してきた私には感無量です。これからも癒しの音を追求した商品、作品を全力で提供していきますのでどうぞ宜しくお願い致します。八重洲ブックセンターでも売り切れでした。ちょくちょく大型書店を覗きますが、1、2冊ある程度か売り切れています。平積みにするとすぐなくなると書店の方がおっしゃっていました。嬉しい限りです。近くの本屋さんに無い方は、ティーズ・コーポレーションまでご注文下さい。今なら在庫あります。10本単位でご注文いただいたりしていますので、うちの在庫も減るのが早いです。販売数の増加に伴い、犯罪数が減少すればいいですね。病気も犯罪も無い、豊かな社会実現のために貢献できれば、このCDブックを世に出した本当の意味での目的達成です。頑張れCDブック!

投稿者: 管理者 日時: 2008年06月05日 22:22 |  

2008年06月04日

株式会社マルハン50周年記念式典に参加。

株式会社マルハン50周年記念式典に出席させていただきました。京都府峰山町から始めたマルハンさんは半世紀で1兆円企業に。会長の韓さんも感極まったご様子でした。お疲れ様でした。様々な団体に寄付をされているということで感謝状をいただいていましたが、そいう奉仕の姿勢があるからこそここまで成長したんだろうなあと感銘を受けました。ティーズ・コーポレーションも頑張って社会に貢献できる企業になりたい。そしてそうであるよういつも努力していこうと改めて思いました。おめでとうございます。

投稿者: 管理者 日時: 2008年06月04日 22:21 |  

2008年05月24日

府議会議員先生後援会に参加。

伏見区の府議会議員先生の後援会に誘われ参加しました。たくさんの応援者に囲まれ、一生懸命動く先生の姿は美しく見えました。人の為に動いている人って魅力的です。きっと計算を超えて生きているからなんでしょうね。頑張ってください。奉仕活動もたまにはしておかないと心が寂しくなります。そろそろどこか掃除したいなあ。皆様お邪魔しましたが、素敵な時間をありがとうございました。

投稿者: 管理者 日時: 2008年05月24日 22:53 |  

2008年05月22日

尼伊様調整。

尼伊様に久しぶりに立ち寄りました。ご主人は、いつも丁寧にお掃除をしておられて申し分ないのですが、ちょっと音響機器に触ってしまったので見てほしいということで立ち寄りました。ファントム電源がオフになるとマイクの電源が供給されなくなって、音が聞こえなくなります。ティーズ・コーポレーションが提供するマイク、アンプ、スピーカーは、完全プロ仕様ですから、水琴の微細な音まで再生する高水準器です。ですからちょっとお客様には難しいことがあります。でも気軽にお電話いただければ対応していますから安心下さいね。やっぱりうちは音にこだわっていますから、いいものを採用していますので。音響機器も選択するまで相当試行錯誤してきています。何でも聞いて下さいね。

投稿者: 管理者 日時: 2008年05月22日 22:28 |  

2008年05月17日

山崎泰孝先生のスタジオ訪問。

山崎泰孝先生のスタジオを訪問しました。先生は、コンサートホール、シアターなどの設計を手がけてこられ芸術に造詣が深い方で、スタジオで定期的に聞こえる振り子時計の鐘の音が印象的でした。水琴窟に興味があったらしく、植物園日本庭園で聴かれたり鍵善良房さんで私のCDブックを購入していただいていたということでした。日本的な芸術空間をテーマに研究会などを立ち上げるなど、様々な芸術家とのコラボレーションを展開しているそうです。煎茶も10年になるとか。これからも宜しくお願いします。

山崎泰孝先生ホームページ
http://www.yamazakiyasutaka.co.jp/

投稿者: 管理者 日時: 2008年05月17日 19:52 |  

2008年05月07日

岡山で水琴活躍!

O邸へ水琴のある庭、完成のお祝いに伺いました。綺麗になったお庭に完成した水琴(水琴窟)。屋内の3部屋に配信です。お好みの音色に調整してお楽しみ頂けたでしょうか。岡山では、アコオさんが施工を担当。O邸では、蛍を飛ばす予定もあるそうです。水後をご利用頂きまして誠にありがとうございました。
また、別邸のメンテナンスへ行きました。究極の間隔をお望みのお客様です。例えば水道バルブの調整で3秒に1回をコンスタントにという要望はかなりの要求です。実際、水道は圧力が変動しますので完全にコンスタントには不可能です。ですが、そのお客様の要望に極力お応えするのがプロですので、追求したいと考えています。実は、方法はすでに完成していますが、完成したらお知らせしますね。喜ぶ顔が楽しみです。

投稿者: 管理者 日時: 2008年05月07日 21:31 |  

2008年05月03日

フィンランドからお客様。

京都平安ロータリークラブがクラブで受け入れするフィンランドの一団が本日京都へ来られました。歓迎会だ。「いなせや」でお世話になりました。いいお店です。柳馬場通三条上る西側にあるお店で大きな町屋のお店です。外人の方も喜ばれると思います。ピソリーノがあっても似合うよな。その後、岩本会員のお店「しのぶ」で2次会。しこたま話で盛り上がったところで解散しました。何人かでもう一軒行ったようですが、今日はこの辺で失礼しました。フィンランド人5人は一週間くらいホームステイをされます。少々お疲れ気味でしたが、京都を、日本を味わって帰ってもらえるといいのですが、どうなることでしょう。旅路のご無事をお祈りいたします。国際交流って楽しいですね。フィンランドへも行ってみたいなあ。だれかフィンランドに水琴を設置しませんか?

投稿者: 管理者 日時: 2008年05月03日 12:20 |  

2008年04月26日

一○堂にて祝賀会開催

西宮苦楽園口にある「一○堂(いちまるどう)」様でご主人の還暦を祝う祝賀会に参加してきました。宝積老師、園田神父ともお会いすることができ、様々なご縁といろいろな場所で水琴(水琴窟)が利用されていることを嬉しく思いました。礒野様ご夫妻、誠におめでとうございます。これからもお2人、そしてご家族の皆様のご健勝とご活躍をお祈り申し上げます。一○堂は8角でできた珍しい建物です。これもご主人のこだわりだそうです。門に書かれた一○堂の文字は、宝積老師の揮毫。この日CDブックの音がBGMとしてかけられていました。参加した皆様に高周波のエネルギーが注がれ、参加した皆様に幸運がやってきたのではないでしょうか。革命はこうやって静かに始まるのです(?)

投稿者: 管理者 日時: 2008年04月26日 23:03 |  

2008年04月20日

倉敷訪問。

アコオさんのご紹介で水琴を設置することになったので、4月18日、19日と岡山県倉敷市を訪れました。お客様はご自宅のお庭を綺麗にして、玄関口に水琴窟(水琴) を設置されました。
音は、屋内の各部屋に配信し月末に完成予定ですので、また報告します。
水琴は、京都の工場で私が一つずつ調整していますが、何度やっても共鳴点が発見できたときは心がうきうきします。今回も調整は完璧です。完成が待ち遠しいです。
お客様は、試験的にホースで音を出した時、すでに感動されていました。
蛍を飛ばしたいともおっしゃっていましたので、夢が広がりますね。
その後、アコオの井原社長らと居酒屋でお食事を頂きましたが、瀬戸内とか山陰のお魚を美味しく頂きました。日本に生まれてよかった。倉敷っていい街ですね。

投稿者: 管理者 日時: 2008年04月20日 17:51 |  

2008年04月05日

円山公園で花見をしました。

久しぶりに円山公園で花見をしました。メインの枝垂桜は、もうかなり老朽化しています。数年前の美しさは無くなってしまいました。でもその周りのソメイヨシノは、大きく育ってきれいに咲き乱れていました。今日は、カッパ研究会の花見に合流です。京の水文化を語る座談会でお話させてもらったことがあるユニークな団体です。京都の水文化やカッパに関する報告を行っている、結構まじめに文化を研究している団体です。たぶん。各地でイベントをやってますので、京都や水に関することに興味のある方は、ホームページをご覧下さい。今日は、お邪魔致しました。

カッパ研究会
http://www.kappa-kyoto.vis.ne.jp/
*2004年10月、第15回 京の水文化を語る座談会
 「水琴窟〜たった一粒の水滴が生み出す響き〜」 
 大橋智夫 (水琴窟ネット・kyoto会長)

投稿者: 管理者 日時: 2008年04月05日 22:33 |  

2008年03月28日

イタリアルネッサンスの舞

イタリア文化会館で催された、イタリアルネッサンスの舞の講演を訪れました。講演された小野千枝子さんは、現在イタリアアッシジにお住まいですが、古い文献からイタリア王宮で行われていた宮廷舞踊を再現された方で、日本の能と対比された解析などをお話されました。イタリアの宮廷舞踊は、貴族だけのもので技能はクラシックダンスに受け継がれているそうですが、それ自体は受け継がれなかったそうです。15世紀ころのお話ですから茶の湯もそのころの始まり、水琴窟もそのころの発祥とされています。地球規模で時代を見るとシンクロニシティ(意味ある偶然)は、いろいろ見つかりますが、実は今現在もそういうシンクロが起こっていることを忘れてはいけません。私たちが考えていることはつなっがいるのですね。
小野さんとの出会いは、アッシジの聖フランシスコ大聖堂の神父様の紹介でした。日本人でイタリア宮廷舞踊研究の第一人者の方がアッシジにいらっしゃいます。と紹介されたのがきっかけです。アッシジに水琴窟が埋設されたことも小野さんが日伊の舞踊の研究をアッシジでされてきたことも、これから起こる素晴らしい出来事のためにつながった意味ある偶然なのかもしれません。
小野千賀子さんの「イタリアルネッサンスの舞」にご興味のある方は、この日曜日、2008年3月30日の15:00ころ京都御所の西隣にあるパレスサイドホテル1階ロビーでコーラスイベントの特別ゲストとしてお話してもらいますので、起こし下さい。参加費無料。私もいます。
http://www.palacesidehotel.co.jp/japanese/fr-top-jp.html

投稿者: 管理者 日時: 2008年03月28日 22:37 |  

2008年03月23日

CDブックの音源を編集しました。

4が下旬に出版予定のCDブックの音源を編集しました。水琴の音と自然の音風景、そしてサウンドプロデュースシステムで構成される音です。これは、京都音風景〜水琴窟の調べ〜でも採用した編集方法ですが、音風景の作曲といえる方法です。心理に対応して音を並べていくその手法は、私が1998年に開発したものです。その手法と西寿寺様の水琴(水琴窟)の音で創作しました。私の書籍第一弾ですので相当力を入れています。お楽しみに。詳細が決定次第お知らせします。出版を記念してメルマガを開始する予定です。皆様の登録をお待ち申し上げます。詳しくは後ほど。音の作業は、時間軸との戦いです。確認するにも時間が要ります。あっという間に2,3時間過ぎています。楽しいお話をしているときもそうですよね。喜んでいただけるよう出し惜しみ無く、最大限のものを提供する予定です。お楽しみに。

投稿者: 管理者 日時: 2008年03月23日 20:01 |  

2008年03月19日

さよなら「火の鳥 水 時計」

世界水フォーラムが京都で開催されることと京都駅ビル5周年を記念して設置された「火の鳥 水 時計」が、撤去されました。時報時には、音楽とイルミネーションが時を知らせ、その写真を携帯で撮って送ると幸せが来るといった噂が流れ、たくさんの方が撮影していた風景を懐かしく思い出されます。あれからたったの5年でしたが、待合スペースが2階の連絡通路に出来たことで撤去されることになったそうです。さようなら「火の鳥 水 時計」。今までありがとう。幸せを受け取った人は、忘れないで下さいね。

投稿者: 管理者 日時: 2008年03月19日 21:47 |  

2008年03月06日

倉敷訪問。

アコオさんのお誘いで急遽、倉敷を訪問しました。旧家の一角に水琴をというお話でした。倉敷という街は、歴史を感じさせる風土というかゆったり時間が流れるような雰囲気があります。「アコオ憩いの家」の水琴も快調に活躍しています。玄関に設置してありますが、吹き抜けになっているため2階のほうが良く響くそうです。アコオの社長と奥様とお食事を頂いて、その後部長も交えて楽しいひとときを過ごさせていただきました。アコオという社名は、響きから付けた名前だそうです。アクア、アコオ、いい響きですね。今度書籍で発表する予定の倍音発声法(テーラ)は、言葉から響きを抽出して発声することで声が倍音を生み、エネルギー的に高い高周波の音が、発声する人自身を癒すというものです。言葉の中には響きが隠されているのです。4月下旬の出版後にこのお話は詳しくお伝えしますね。書籍もお楽しみにしてください。アコオ憩いの家の皆様、ありがとうございました。

投稿者: 管理者 日時: 2008年03月06日 23:24 |  

2008年03月04日

変体トーク

今日、Hさんが来ました。Hさんは、シャンプーを研究して手の荒れない、肌が蘇生する素晴らしいシャンプーを開発されました。その謎のシャンプーを体験できるサロンが近々オープンする予定です。でもシャンプーを開発して十数年。かなりの変態です。私の周りには変態が多いのです。なぜそこまでするのっていう人です。私も水滴音を共鳴することに変態的にチャレンジしてきました。あなたの周りには半分以上変態がいますか? 半分以上いる方は、あなたが変態です。私の周りもかなりいます。一途に一つのことを追求する人って魅力的です。やるなら変体の域までやらないとね。変態バンザイ!

投稿者: 管理者 日時: 2008年03月04日 22:12 |  

2008年02月26日

銀座のお寿司屋「華爛」に立ち寄りました。

東京出張中、知り合いの紹介で銀座のお寿司屋「華爛」に立ち寄りました。朱色の鮮やかな店内。お手ごろ価格のランチを頂いてお話しすると、なんと船井先生がよく立ち寄るそうです。金沢の本社の社長がお知り合いだとか。このお店は去年のオープンで、テレビで出店の模様が放送されたそうです。お近くの方は、一度試されては。
華爛のホームページ
http://www.maimon-susi.com/karan/index.html

投稿者: 管理者 日時: 2008年02月26日 23:00 |  

2008年02月23日

正覚寺お茶会に参加

正覚寺様でお茶会に参加させて頂きました。
水琴窟(水琴)で身心を清めてお抹茶を頂き、詳しい方がザックバランに解説をしてくれながらお茶を楽しみました。
気軽なお茶会で文化に触れるという機会も大切なものだなあと改めて思いました。
お茶室にも屋外の水琴の音が電波で飛ばされていて、
BGMとして利用され、気持ちが豊かになりお茶を一層楽しませていただきました。

投稿者: 管理者 日時: 2008年02月23日 20:03 |  

2008年02月15日

膳所焼美術館訪問

大津にある遠州窯で有名な膳所焼美術館館を訪問しました。
窯元に古くから伝わる名器を展示してある美術館は素晴らしいものでした。
1年に1度庭にある茶室でお茶会を行うそうです。
お庭と共に楽しめますので、どうぞ立ち寄ってみてください。

膳所焼美術館
http://zezeyaki.jp/zezemuseum/

投稿者: 管理者 日時: 2008年02月15日 20:59 |  

2008年02月05日

新春です

春が明けました。節分から新春が来るわけですが、何かお変わりありませんか。ねずみの年は始まりの年です。エネルギーの変化が始まるときです。今年はどんなことが起こるでしょうか。アッシジから王宮舞踊の先生が京都へいらっしゃいます。水琴窟ヒーリングコンサートが企画されています。アッシジの聖フランチェスコ大聖堂の水琴窟が5周年を迎えます。盛りだくさんの今年は坪庭チェックもお忘れなく。
日常のストレスからの開放、疲れの癒し、生命エネルギーの吸収など水琴窟は音で私達の暮らす場と私たち自身にエネルギーを提供してくれるのです。

投稿者: 管理者 日時: 2008年02月05日 22:16 |  

2008年01月19日

市民オペラを鑑賞してきました。

天国と地獄というパロディ的なオペラで楽しかった。来年は出てくださいと誘われましたが、そういう趣味もいいなあとちょっと考えました。歌、笑いに隠されている癒し効果は、その人が発する高周波に秘密があります。倍音を発生するすばらしい歌声は、人の心を感動させ、無邪気な笑い声は、鐘の音のように邪気をはらいます。悪霊に取り付かれそうになったら笑うのがいいのです。そういえば小さいころ山で時間を忘れて遊んでいて真っ暗になったときは、あんまり怖いと友達と大声で笑いながら帰ったことを思い出します。お陰で暗闇は怖くなくなりました。そんな風に水琴窟は役立つのかもしれないなあ。と、暗い道を歩きながら考えて帰宅しました。

投稿者: 管理者 日時: 2008年01月19日 16:54 |  

2008年01月12日

美の追求

大阪心斎橋の尼伊様にご挨拶に寄って、その足で堀木エリ子さんの展示会に立ち寄りました。そごう心斎橋で開催されていますのでお立ち寄り下さい。和紙を使った光る壁紙、立体造形物などは素晴らしいものです。堀木さんとは辻村さんからの依頼でミラノサローネに水琴窟を出展したときご一緒してからのお付き合いです。日本の文化を現代に蘇らせたそのデザインと技術は素晴らしい。ライトは優しく空間を包み込みます。水滴の音楽とのコラボレーションなんて出来たらいいですね。こういう感覚こそ日本人が世界へ発信しなければならないものだと思います。日本人は、繊細で筋の通った国民だったはずです。美の追求を忘れては、武士道は存在しません。美しい日本って誰か言ってたなあ。
https://www2.sogo-gogo.com/usrinfo/index.html

投稿者: 管理者 日時: 2008年01月12日 20:57 |  

2008年01月01日

あけましておめでとうございます。

環境問題があちらこちらで取り上げられています。地球温暖化防止京都会議(COP3)10周年記念イベントに参加して、坂本龍一氏、加藤登紀子氏の対談を聞きました。テレビでは特番が環境問題をテーマにして組まれています。ありのままの情報として知ることが大切です。世界中のあちこちで環境が変化してきています。良いことか、悪いことか。人間にとって、自然にとって、生命にとって。ガラバゴスの島では、すでに新しい環境に適応する為にイグアナが進化を始めているそうです。
人間も進化が必要です。人間は他の動物と違って、実に簡単に変化できます。それは、思考を変えるという方法を使ってです。思考を変化するだけで結果も変化されます。100匹目のサルが海水で芋を洗うことをはじめたときに遠隔地のサルが芋を海水で洗い始めたという100匹目のサル現象。『百匹目の猿―思いが世界を変える』(船井幸雄氏著)進化もそういう精神世界での始まり方もあるのです。
新しいエネルギーの供給の方法として水琴窟も進化しなければいけません。日本人の感性がきっかけとなって出来た水琴窟は、人の心を癒すだけでなくエネルギーを与えるツールとして利用できるところまで追及しなければなりません。イヤシロチを作ること、イヤシロ人になること。日本が期待されることはあまりにも壮大です。消費するベクトルから喜びのベクトルへの進化を今年こそ始めましょう。本年は、聖フランチェスコ大聖堂の水琴窟も5周年を迎えます。イヤシロチセミナー第三弾も予定されています。皆様と笑顔でお会いできることを楽しみにしております。

投稿者: 管理者 日時: 2008年01月01日 15:12 |  

2007年12月04日

東寺訪問

真言宗総本山東寺を訪問しました。東寺は、いわずと知れた空海が晩年力を注いで創建した真言密教のお寺です。平安時代をそのまま残したような境内には日本というよりも世界を意識させるような建築物が多数存在しています。京都といえば東寺の五重塔ですが、案外忘れがちな名スポット。次回のイヤシロチツアーでは訪れることに決定しました。詳細は追ってお知らせします。

投稿者: 管理者 日時: 2007年12月04日 11:24 |  

2007年11月02日

水琴/Mizugoto」の調整

近江八幡市内のM邸に納める水琴を調整してきました。今回は苦労しました。調整に2時間くらいかかったでしょうか。調整管で調整するときに共鳴体の共鳴効果が最高のところをミリ以下の精度で調整していきます。陶器の形状や焼き締め時の焼きむら等で共鳴は左右されます。共鳴が増えたり少なくなったりするいわゆる共鳴曲線が難しかった。最終的には、100デジベルを出すところまで調整しました。最近は、ほとんど100デジベルを達成していますが、デジベル系の100の数値を見たときは桁が変わりますからやはり感動ものです。M邸が完成したらまたお知らせします。

投稿者: 管理者 日時: 2007年11月02日 14:13 |  

2007年10月28日

ユリの木とのお別れ

実家の大木を伐採することになったのでお別れとお礼を言いに実家に帰りました。木々から色々なエネルギーを得ていることを最近感じていますが、実家のユリの木は街路樹に使われる成長の早い木で、大きな気を子どものころから受けてきたのだと思います。実家の中心に植えられ大きくなっていましたが、年内に伐採されることになりました。子どものころから木登りをした木で、時の流れを感じずにはいられません。お神酒と塩を添えてお別れをしました。ありがとうございます。
最近は、京都の街中に暮らしていますので自然環境とは程遠く暮らしていますが、毎日オフィスまで歩く道には街路樹が数メートルおきに植えられています。これらの木は、美しく葉を広げ雄大に生きていますが、それは意図したことでしょうか。こっちのほうを伸ばそう、こっちは来年にとか考えてはうまくいきそうにありません。時の継続性の中でいわゆる自然に大きくなっているのだなあと考えて歩いています。太陽のあることを体で感じて、自然に、自然に。考えることよりも考えないことが大切なこともあるんだよと毎日教わっています。

投稿者: 管理者 日時: 2007年10月28日 16:50 |  

ユリの木とのお別れ

実家の大木を伐採することになったのでお別れとお礼を言いに実家に帰りました。木々から色々なエネルギーを得ていることを最近感じていますが、実家のユリの木は街路樹に使われる成長の早い木で、大きな気を子どものころから受けてきたのだと思います。実家の中心に植えられ大きくなっていましたが、年内に伐採されることになりました。子どものころから木登りをした木で、時の流れを感じずにはいられません。お神酒と塩を添えてお別れをしました。ありがとうございます。
最近は、京都の街中に暮らしていますので自然環境とは程遠く暮らしていますが、毎日オフィスまで歩く道には街路樹が数メートルおきに植えられています。これらの木は、美しく葉を広げ雄大に生きていますが、それは意図したことでしょうか。こっちのほうを伸ばそう、こっちは来年にとか考えてはうまくいきそうにありません。時の継続性の中でいわゆる自然に大きくなっているのだなあと考えて歩いています。太陽のあることを体で感じて、自然に、自然に。考えることよりも考えないことが大切なこともあるんだよと毎日教わっています。

投稿者: 管理者 日時: 2007年10月28日 16:50 |  

2007年10月20日

清掃活動を終えて

10月20日奉仕団体の仲間と嵐山の清掃活動をしました。前日の雨から一転、この日は晴天に恵まれました。ハサミとゴミ袋、ほうきとちりとりを右京区まち美化事務局で貸し出してもらい準備万端。天竜寺から川の北側は、店舗や人力車のお兄ちゃんの奉仕によってであろう、いつも綺麗であるということなので今回は桂川南側の山沿いを清掃することにしました。嵐山駅集合して熱い情熱の集団は道具を奪い合いながらスタート。確かに桂川以北の道は綺麗でした。橋を渡って南側に着くと川を上っていく。ゴミが無いので、さらに道を進んでいくと川の土手にあるわあるわ、念願のゴミの山が。数人降りて空き缶などを収集。さらに次のコーナーの先でも空き缶がたくさん放置されていました。缶には木が生えていて相当長い間放置されていたようで、その先にあった販売所や寺院でも気にかけていたみたいでしたが、なかなか清掃できずに困っていた、ということ。川岸で缶ジュースを売る94歳のおばあちゃんと記念撮影をして清掃活動を終えました。川の土手の清掃は一人二人ではなかなか出来ません。川に落ちていったらさあ大変ということでは済まされない。今回、集団で清掃をするからこそ綺麗になったのではないでしょうか。楽しく情熱を持ってみんなで成し遂げる、奉仕活動なんていうのは難しいことではなくて、ちょっとした優しい気持ちを行動に移すことではないでしょうか。水琴窟は心を綺麗にする掃除道具のようなものです。清掃活動は会社の一つのテーマにしていきたいと思いました。

投稿者: 管理者 日時: 2007年10月20日 18:40 |  

2007年09月20日

K邸水琴窟を録音

大阪のK邸の水琴窟を録音しました。ここの水琴窟は、2連式といって二つの異なる甕を並べてつくるものです。二つの音が面白い音風景を作ります。大阪市内ですから電車の音とか車の音が響いてきますので、そういう音をカットして、水琴窟の音ならではの加工をして完成させます。今回は、お客様のご子息の結婚式で使うということでしたからテンポのある音とか、厳かな雰囲気の音とかを水量で調整してつくり、披露宴の進行に合せて編集します。生命の鼓動の音をこうやって使っていただけるのは大変嬉しいことです。しずくの世界は、ゆっくりと広がっていることを最近実感しています。そこで、ティーズ・コーポレーションでは、メルマガを発行することに致しました。どしどしご登録下さい。詳細は、ホームページで発表します。

投稿者: 管理者 日時: 2007年09月20日 20:55 |  

2007年09月15日

陳昌鉉様工房訪問

バイオリンの製作者としてあまりにも有名な陳昌鉉様の東京にある工房を訪問しました。京都の西寿寺で対談して以来でしたがお元気そうで何よりでした。というより音の追求は現在も進行中、現役ど真ん中です。あくまでも自然の音に近づきたいとの思いでさらに開発、研究をされているそうです。世界一になってもやまない探究心とそのことを語るときの笑顔には、尊敬、敬愛を超えて、自己を恥じる気持ちにすらなります。人工物である楽器の追求から自然を目指す陳さんと自然の音を如何に人工的に広げるかを探求する私は、結局目指すものは天上の音楽なんだと実感しました。こんな素晴らしい人が日本にいてよかった。幸せなひとときでした。またどこかでイベントに来ていただければと思っております。陳様、奥様ありがとうございました。
http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C4%C4%BE%BB%EE%EB

投稿者: 管理者 日時: 2007年09月15日 15:55 |  

2007年09月14日

きっさ梟訪問

JR常磐線天王台駅近くにある「きっさ梟」を訪問しました。この春のオープンから水琴窟のある喫茶店としてだんだん有名になってきたようです。本を読んでいて寝る人、和室に上って寝る人。生の音はさすがにすごい安眠効果だそうです。お昼は食事でそれどころではないんですよ。とお店の方もにっこり。お昼と夕方の合間を見て訪れてちょっと一休みっていうのが水琴窟ファンにはお勧めです。スピーカーから聞こえる音には、CDとのコラボレーションを楽しむ仕掛けがあって、箏で弾かれる日本の童謡がぴったりとか。兵庫県の呉服店「かけひ」ではジャズとミックスしていました。自然のリズムって何かを超えている感じがして何度聴いても飽きません。関東地方の方は、是非一度訪れてみてください。

投稿者: 管理者 日時: 2007年09月14日 11:36 |  

2007年08月01日

8月が始まりました。

水琴窟って有名になったね。と最近言われます。水琴窟っていう文化を取り上げて10年様々なことをしてきました。この感覚を大勢の人に味わって欲しい。その思いは、海を渡り、ローマ法王にまで届きました。
最近海外では、様々な形で日本ブームが起こっていますが、さて、日本人は日本人たるや。文化活動をしているから、和服を着ているから、時代劇が好きだから、、、ではなさそうです。武士道に象徴されるなんとなく出来上がっている道。教義を何に委ねるでもなく心に道を作る精神性。大地に、太陽に、月に、星に、海に、山に、森に、火に、風に、神の継続性を知る感覚。侵略することなく自然の中に生きた時代には、当たり前だったこの感覚こそ、日本人の原点ではないでしょうか。意志を持って委ねること。欲求して委ねること。「ある」と言う共通言語は全ての物質に当てはまりますが、その中で無限に存在できるこの自由性こそ人間の本質ではないでしょうか。
世界では、主張の為に、憎悪の為に、殺戮が繰り返されています。人の命を奪う行為は、その無限の自由性を奪うこと。自分自身の無限性さえも崩壊させます。負の連鎖が少しずつ解け、笑顔が世界中に広がればいいなあと子供のように祈りました。
水滴の共鳴する無限連鎖音は、平和の音楽の一つになって欲しいものです。

投稿者: 管理者 日時: 2007年08月01日 21:45 |  

2007年07月17日

祇園祭が終わりました!!

 祇園祭が終わりました!!3日3晩鍵善良房様前特別ブースでの販売が終了しました。販売を頑張った皆さんご苦労様でした。来てくれた皆様、鍵善良房のスタッフの皆様、ありがとうございました。
 初日は、台風が来てどうなることかと思いましたが、小雨で飛ばされることもなく準備体操。2日目は、八坂神社へお参りに行く大勢の人が、寄っていっていただけました。もったいないTシャツを買ってくれたオーストラリア人にMottainaiのロゴの意味を聞かれてさあ大変。説明できないから国連でもMottainaiなんですよ。だけど人のいい(気の弱い)私は、メールで解説文を送ることを約束してしまいました。うー苦しい。出来たら送ります。いい英文の解説文がありましたら是非とも送ってください。
 それから3日目は、地震がありました。さすがにNHKの対応は早かったです。すぐ情報を放送していました。地震があったのですぐにNHKに切り替えたらもうやっていました。新潟は近年災害が多くて気の毒です。災害が最小限に収まることをお祈りいたします。そんな中、最終日は、鋒の車が祇園町を練り歩きます。鍵善良房様の前にも止まってお酒を振舞われていました。今年もいい年になりますように。いろいろなことを乗り越えて世界中に笑顔が増えますように。そう竜神様にお祈りをして、夜中の12時に閉店しました。ありがとうございました。祇園祭で出店したいという思いがひとつかないました。次回するとすれば、日本文化を発信する一つのスタイルとしてもう少し考えたいと思っています。文化の発信をしている方からのご意見お待ちいたします。それでは、おやすみなさい。

投稿者: 管理者 日時: 2007年07月17日 23:48 |  

2007年05月17日

春の植物園の風景

植物園は、子供達の帽子で一杯でした。日本庭園にある水琴窟をチェックしに寄せていただきましたが、芝生の広場で幼稚園児が3グループお遊戯中。水琴窟に行くとおじいさんが「水琴窟の聞き方教えたろか」と親切に竹筒の使い方を教えてくれました。「わたしは、この水琴窟の製作者なんです」と言うと「うちにも出来るか」とのお尋ね。「勿論出来ますよ」と答えると「なんぼや」、「いろいろありまして」。うちも日々開発してますから様々な種類の水琴窟システムを完成しています。ホームページでももっと解りやすいように工夫して紹介していきたいと思います。そんな会話をしているとかわいい小学生の子供達がやってきて、音を聞いてなにやらメモを取っています。「ぴちゃーんかなあ」「ポーンやで」ひそひそ話して走って立ち去りました。授業の一環なんでしょう。子供達の水琴窟をテーマにした詩が京都新聞の記事になったことがありますから、頑張って欲しいです。しばらくするとご老人の団体がわいわいとやってきて「風流ないい音だねえ」とご鑑賞。春の植物園は、新しい命が詰っていて活き活きしています。入園料は、一般200円 高校生150円 小・中学生80円でたっぷり1日遊べます。是非お立ち寄り下さい。http://www.pref.kyoto.jp/plant/

投稿者: 管理者 日時: 2007年05月17日 08:43 |  

2007年05月13日

京都大学洛水会に参加しました。

京都大学洛水会とは、京都大学農学部農業工学科のOB会です。1年に1回総会と懇親会が開かれるので参加しています。私の水琴窟の水利工学的解析の原点です。沢田敏男元京都大学総長も大先輩です。水の農業への利用、これは人類にとって特に農耕民族の日本人にとって古くて新しい重要課題の一つです。水琴窟の研究を人類のためにと開発をしてきましたが、農業の為にも研究してみたいと思います。音はエネルギーを伝達します。美しい水で美しいエネルギーを肥料のように与えられるようになるのではないでしょうか。

投稿者: 管理者 日時: 2007年05月13日 16:10 |  

2007年05月06日

動物園の音風景

久しぶりに動物園へ行ってきました。キリンの清水君の柄にはハートがあるとか、レッサーパンダの二本足歩行などを楽しみました。象を見るといつも上野動物園の第二次世界大戦の安楽死の話を思い出して悲しい気持ちになりますが、象は私の前でとまって優しい顔で関係ないよって挨拶してくれました。動物園の音風景はとても楽しいものです。この日は、こどもの日で人間の子供が一番多く、様々な音風景を提供していました。いつも水滴の音を扱っていますので、自然のリズムに敏感になっています。動物の動きのパターンは自然のリズムにそっていますし、子供達の叫び声や動きもそうです。パターンがあってそのベースの上に揺らぎとアクシデントが重なって大きなパターンをつくっているのです。このリズムって大切ですね。情報が次か次へと押し寄せる現代で崩れているものの一つです。そのベースのリズムを提供していきたいと改めて感じました。

投稿者: 管理者 日時: 2007年05月06日 15:23 |  

2007年04月07日

3大テノール夢の競演に行ってきました。

世界が認めたアジアが誇る3人のテノール、日本から福井敬氏、中国から河碩陪(ハ・ソクベ)氏、韓国から許昌(シューチャン)氏の夢の競演が京都コンサートホールで開催されました。感動の2時間でした。拍手の嵐に最後は赤とんぼを皆で大合唱しました。歌っていいなあ。改めて思いました。音楽って簡単に国境を越えることが出来るものです。感動に国境はありません。北朝鮮からも参加するテナーが現れるといいですね。
評論家的にいうと、母国語のイントネーションの違いが同じイタリア語を歌ってもあれほど現れることに驚きました。赤ちゃんも最初は全ての音に敏感なのが親の言葉に応じて聞き取れる音が変わっていくそうです。いつもニュートラルでいるともっともっと感動も増えることでしょう。原点は自然の響き。水琴窟テノールコンサートって聴いてみたいなあ。頼んでみようかなあ。聴きたいっていう人が1800人になったらオファーします。ご要望は、大橋まで。

投稿者: 管理者 日時: 2007年04月07日 21:51 |  

2007年04月05日

次の京都の癒しの音、水琴窟がお目見えする場所は、

水琴窟の音が京都の癒しの音として定着して数年になりますが、また京都の中心に水琴窟がお目見えすることになりました。さて、どこでしょう。京都府立植物園、子供パトナ、錦楽水舎、京都駅、嵐山祐斎邸、南禅寺羅組奄、その他有名寺院にありますが、次は、、、。ヒントは、現在建築中のビルです。本格的坪庭デザインになる予定です。詳細が決まればお知らせします。わくわく。ティーズ・コーポレーションが開発した響きは、じわじわと浸透しています。

投稿者: 管理者 日時: 2007年04月05日 22:38 |  

2007年03月28日

船井幸雄先生訪問。

京都大学農学部の大先輩の船井幸雄先生の会社を訪問しました。先生は、京都でお会いしたとき以来でしたが、お元気そうでした。会社の近くの林の中にはイヤシロチ化されたエリアがありましたが、そこのエネルギーの高さは半端ではありません。私は、今まで感じた最高のスポットはイタリアの聖フランチェスコ大聖堂のフランチェスコが実際に眠るお棺の周りです。たぶんそこにいれば病気が治るようなレベルと察します。世界には、まだまだたくさんそういった聖域がたくさんあるのでしょう。それをつくってしまう船井先生はまたすごい人です。こんな素敵な先輩と出会えたことに感謝感激です。私が水琴窟の原理を応用してつくった音響システムを使って都市空間に森を創りたいという願いは、言葉を変えればイヤシロチを創りたいということと同意義です。もっともっと深いレベルでお客様のご要望にあった癒しの森を提供できるよう常に研究、開発し、良い商品を提供していきますので今後とも宜しくお願いします。感謝感激の日でした。

投稿者: 管理者 日時: 2007年03月28日 22:36 |  

2007年03月01日

トータルヘルスデザイン様訪問

京都府木津町にあるトータルヘルスデザイン様を訪問しました。会社全体がイヤシロチ化されているオフィスは訪れるだけで癒されます。東京のオフィスにあるイヤシロルームも都会の真ん中にいるのに森林浴に来ているみたいでした。手軽に出来る墨を置く方法から家全体をイヤシロチ化する方法まで様々です。ご興味のある方は、http://www.thd-web.jp/をご覧下さい。

投稿者: 管理者 日時: 2007年03月01日 22:10 |  

2007年02月26日

がんばれ水琴窟

夢想竹庵の水琴窟に立ち寄りました。ご主人の悩みは、水量調整です。3秒に1回の音がつくりたい。水琴窟が完成してその日になんと実現。これには、私もびっくりしました。それもそのはず、ご主人は水琴窟が出来るまでに獅子脅しを作られていて、水量調整の経験があったのです。良い音だねえ、とご満悦。ところが4、5日経つと水量が不安定に。調整しても一向に安定しない。台所の水道管の水漏れが見付かり修理してもらいまた安定。しかし2、3日してまた不安定。うーじゃじゃ馬だなあ。バルブがおかしいのか。私が立ち寄ったときも早くなったり遅くなったりしているそうで困っておられました。水琴窟も出来たては赤ちゃんのようで夜鳴きもするのです。まだ環境に適合していないようでした。バルブを開放させてガス抜きをして、なだめなだめ絞り込んでいきます。治まったところで一休み。さらになだめなだめ絞り込んでいきます。いい感じです。良い子にするんだよとと言い聞かせて帰りました。3日たって今朝ご主人から、安定していますとお喜びの声が届きました。少しは大人になったかな。がんばれ水琴窟。

投稿者: 管理者 日時: 2007年02月26日 21:19 |  

2007年02月18日

水琴窟と梵鐘の音曼荼羅

今日は、久しぶりに音の編集をしました。それは、梵鐘の音です。京都にはいくつか有名な梵鐘がありますが、この音は、非常に難しいのです。まず波長が長いこと。これは、水琴窟と全く逆ですが、波長の長い音がベースにあって、その倍音で構成されています。波長が長いと本来はデジタル録音には向きませんが今回は録音は終了してますのでこのことはまたの機会に譲ります。次に聴感です。梵鐘の音は、鐘を叩く打撃音が鐘の内側で共鳴して外側にいる人へ全体の響きとして伝わります。録音物はマイクから採取された音ですので、実際に人の耳に届いている状態ではありません。かつて擬似的に人形の耳の位置にマイクをつけて聞いている状態と同じように録音する技術が話題になったことがありますが、それでも実は人の聴いている聴感とは全く違っていたのです。ここに風景として使う音の難しさがあります。

続きを読む "水琴窟と梵鐘の音曼荼羅" »

投稿者: 管理者 日時: 2007年02月18日 21:10 |  

2007年02月16日

水琴窟の無い坪庭

京都市内のある坪庭のあるお家で今日会合がありました。素晴らしくも歴史を感じる町屋には、土間があり、坪庭があります。お手洗いへ行くところにきちんと手水鉢があり手ぬぐいがかけてあります。改めていいものだなあと思いました。手を洗うと、、、。無い。このパターンならと期待しましたが、待てども愛くるしい水琴窟の音が聞こえてきません。たぶん排水口を覗けば陶器らしきものが見えることでしょう。京都の町屋には、どこにでもあった水琴窟。排水として甕が埋められた当時は、それを楽しむというより、どこでも少しは音がしたようです。排水装置の洞水門というものです。水琴窟のある環境でいつも過ごしているとストレスも消え最高ですが、無い環境が寂しく感じるのも事実です。何を隠そう私の携帯電話の着信音は水琴窟の音です。いいでしょう。いやな気持ちで電話に出ることがなくなりました。そういえば、血管美人さんにストレスを測ってもらったら、0でした。経営者にしては珍しいそうです。辛いこともありますが、パキーンと吹き飛ばすのが75サイズの凄いところなのです。坪庭欲しいな。そうそうここが私の坪庭でした。

投稿者: 管理者 日時: 2007年02月16日 22:23 |  

2007年02月08日

観音するということ。

久しぶりに清水寺を訪れた。清水寺内にある善光寺のご住職であった福岡精道様とは遠戚にあたり、学生の頃何度か訪れることがあったが、久しぶりの訪問であった。私が当時精道様を訪ねたときに忙しい時間を割いて夕食に誘って頂いたことがあった。二人で注文をしてビールを頂いたとき「おいしーねえ」と満面の笑顔でおっしゃったことが印象に残っている。目の前の幸せを素直に感じることが出来てまた表現できるということは素晴らしいことだと思った。清水寺は観音信仰で知られる奈良仏教の単一寺院であるが、観音とは音を観ると書く。このときの音は、響きであり、空間であり、場である。観することはすなわち真理を観察すること。エネルギーを頂くという主体的な積極性と場を知るという客観的消極性が同時に存在している状態が観音ではなかろうか。と久しぶりに訪れた清水寺で観音した。あのときの精道様の笑顔が全てを表現しているようである。

投稿者: 管理者 日時: 2007年02月08日 22:05 |  

2007年01月22日

韓国から中高生が遊びに来ました。

国際交流の一環で韓国から中高生が日本へ遊びに来ました。いらっしゃいませ。ようこそ日本へ。言葉以外は、日本の中高生と見分けは付きません。明日から数日間、日本を体験していきますが色々発見していくことでしょう。嵐山の祐斎邸へも4人泊めてもらうことになっています。染め体験もあるようでUSJくらい楽しめるでしょうか。最近、ある方から北朝鮮の話を聞きました。国境付近で北朝鮮側の山を見るとはげ山になっているので、その理由を現地の人に聞くと、禁止されていても食べるものがなくて山の木の葉を現地の人が食べてしまうのだそうです。飛行機で飛べば1時間少々で着くところにある現実の話です。日本も、韓国も、中国も豊かになりましたが、日本でも必死で生活を営み暮らしている人もいます。生きていくことは大変なことです。それでもなぜ一方で殺す人があるのでしょうか。幸せに生きることの為に努力を惜しまず、もし他人に何か教えたり提供できることがあれば、惜しまず行動していきたいと思いました。北朝鮮に暮す子供達にも幸せに生きることは可能なんだよってことが伝われさえすれば、一気に東アジアの兄弟達はみな豊かになるような気がします。楽観的過ぎますか?ただ、真剣に努力して寛容にならなければならないことは必至です。

投稿者: 管理者 日時: 2007年01月22日 16:15 |  

2007年01月19日

生活、健康分布図

岡山市内のS邸水琴窟システムの調整が完了しました。97デジベルでの仕上がりです。どうだ。設置後数十年以上楽しまれるのだろうなあと考えて感動、感謝しながら調整しています。未来をつくっている仕事なんです。メンテナンスが出来るので実際は、半永久的に楽しめるわけですから、数百年かもしれません。岡山城が1597年につくられているから現在410才。それ以上響き続けて欲しいものです。その頃はどんな音をしているのだろうなあ。陶器の甕の小さな気泡に、何がつまるかでいろいろな音に変化していくことでしょう。注がれる水は重要なファクターとなります。水道の水源地の水質を調べれば、数百年後の音分布図が出来そうです。それは、言い換えれば人間の生活、健康分布図になりうるものです。使命は重大だ。

投稿者: 管理者 日時: 2007年01月19日 15:57 |  

2007年01月12日

水の世界の「渇」

今日、事務所に九州から水の楽器を研究していらっしゃる先生がいらっしゃいました。水の音で音階を作って音楽を演奏する機械のあれです。弊社の水琴窟がNHKで紹介されたときに同時に取材されていたので気になっていました。日本庭園でも滝壷に仕掛けをして滝の音を調整したり、小川に段差を作って音を出したりという工夫が昔からされています。水で音楽を奏でるという感覚は日本人の感性なのかもしれません。水は、波動を記憶するといわれています。高い波動の鉱物を通ってきた地下水や温泉は、その高い波動を記憶して私たちに与えてくれます。人間社会が作り出した世界をダイレクトに通っていった水は低い波動を記憶して酸性雨になって降り注がれます。禅の世界には「一喝」で邪気をはらうという方法がありますが、水琴窟はまさに水の世界の「渇」(かつ)なのかもしれません。倍音で高周波を多く含んだ音は、低い波動を一喝してくれます。水琴窟も水の楽器の一つです。他にもいろいろな形でこの効果が利用されることが期待されます。

投稿者: 管理者 日時: 2007年01月12日 17:16 |  

2007年01月09日

イヤシロチって何だろう。

東京で船井総研の船井幸雄会長とトータルヘルスデザイン の近藤社長にお会いしました。そこで話題になったのは「イヤシロチ」という言葉です。ご存知でしょうか。神社へ行けばなんとなく落ち着きます。そんなスポットは、昔は私達の周りの色んなところにあったのです。ところが現在では、特に都会にはなくなってきました。お二人の先生方は、そのイヤシロチを探し、求め、そして作ってきたそうです。
水琴窟は、昔の音遊び。しかし、現在では「場」を作ることに利用され始めています。「気」を送る装置として、未来の医療機器として、本物の響きが必要になってきたようです。自然から孤立した空間に「杜」を作ること、それが私達の使命だ。改めて実感できた素晴らしい日でした。

投稿者: 管理者 日時: 2007年01月09日 23:47 |  

2007年01月06日

仁川学院様創立50周年おめでとうございます。

仁川学院創立50周年記念ニューイヤー・コンサートに行ってきました。講堂には、英国マンダー社製パイプオルガンと1960年代のスタンウエイピアノが設置され、学院のこだわりが伝わってきます。堀江氏のパイプオルガンと岡原氏のピアノ、そして戸山氏のバスの歌声に聴衆は魅了されました。本物の演奏と歌声に圧倒されアンコールに2回も応えてくれて本当に感動のひとときでした。本物と接することの大切さを園田院長はおっしゃっていましたが、圧倒的な美しさを知ったとき、人は謙虚になるのではないかと思います。評論家ぶることもなくただ感謝の気持ちで一杯になりました。上手い下手、優劣、善悪ではなく、それらを越えたものの中に21世紀の課題があると改めて思いました。学院内には彫刻や素晴らしい美術作品があり、小聖堂の中では水琴窟が優しい調べをいつも奏でています。素晴らしい機会を頂いた仁川学院様のご発展を心よりお祈り致します。ありがとうございました。

投稿者: 管理者 日時: 2007年01月06日 22:11 |  

2006年11月23日

献茶式に参加しました

本日、京都白峯神宮で方円流のお家元の献茶式が行われたので参加してきました。献茶式が終わって、お茶席ではおいしい玉露を頂きました。こんなに緑茶って美味しいものかと感心しました。久しぶりに長時間正座をしてすぐには立ち上がれない自分に反省。太ったせいかな。野点で頂いた煎茶も美味しかった。お茶の楽しみ方は色々ありますが、やっぱり一服の精神は飲み方に関係なくあって、水を飲むのとは分けが違います。家元曰く、「お煎茶は、喉の渇きを潤す為ではなく、心を潤す為に頂くものです。」納得。禅、声明、茶道、武士道、水琴窟などは、日本で完成あるいは誕生しました。日本の文化が独特な精神性を持っているのは、土着の信仰である神道に根ざしていることは言うまでもありません。共通するものは、静寂の中に何かを見つけること。新嘗祭の日に収穫された穀物に感謝し、お茶の一服に感動し何かを見つけた気になりました。

投稿者: 管理者 日時: 2006年11月23日 21:30 |  

2006年09月30日

日本語学校が5周年、おめでとう!

京都民際日本語学校が設立から5周年を迎え、そのお祝い会へ招待されて行って来ました。海外から来て日本語を学んで日本の大学を受ける人達が対象だそうですが、5年の間に卒業されて大学生活をしている人や社会人になっている人がたくさんいて楽しい会でした。何回行ってもイタリア語で話せるのは、「ボンジョールノ、ボナセーラ、ボーノ、パスタ、ピソリーノ、テラコッタ、オイシイ」くらいの私には、尊敬です。あっそうそう「サローネ」もあったあった。イタリア語は、ローマ字っていうだけあってそのまま読めば発音は当たるから思い切って話すと単語は解ってくれたりします。ちなみはボーノは、おいしいという意味です。この学校は国際ではなくて民際だというポリシーがあるらしく、校長先生は在日日本人ですと自己紹介してました。でもこれって駄洒落だよな。洒落まで勉強させる日本語学校ってすごいかも。洒落の効いた民際交流頑張ってくださーい。

投稿者: 管理者 日時: 2006年09月30日 23:31 |  

2006年08月28日

Pass to Peace

2006年8月26日(〜29日)国立京都国際会館で行われた第8回世界宗教者平和会議世界大会に宝積老師のご招待で参加させて頂きました。100カ国から約2000人の参加者で盛大に行われました。小泉首相、比叡山座主、ヨルダン王子他の方々がそれぞれの立場から平和についてメッセージを送りました。ヨルダン王子の「宗教は、信仰にハイジャックされている」という言葉は印象的でした。信仰することは自由である、そして信仰されている宗教は全て平和を望んでいる。信仰は強要するものではなく自らに由るもので無ければならない。地球市民として平和と豊かさを求めることはどういう道を通ってもいいはずです。一緒に水を飲むことも素晴らしいこと、一緒に便所を洗うことも素晴らしいこと、一緒に水滴の音を聞くことも素晴らしいことです。「過去と他人は変えられないが、未来と自分は変えられる」平和への道を音のするほうへ行ってみたいと思った一日でした。今週末から平和の聖地アッシジへ行ってきます。

投稿者: 管理者 日時: 2006年08月28日 21:06 |  

2006年08月07日

風紋

5日を迎えて長いこと生きてきたなあと実感しました。というのも誕生日だったのです。鞍馬石の手水鉢を見ていると風と水が時間をかけて色を出していることがわかります。割ると中身は白い石なのですが、表面は赤錆てなんともいえない風合いを出しています。水の流れたあと、時間が過ぎたあとが石の顔を作っていきます。こういう年輪が本物なのかもしれません。今まで作ってきた水琴窟の数々は年輪を重ねたいい音を響かせているだろうか、うちのサービスは、私自身は、、、。去年より一つ風紋が増えたことに感謝する日でありたい、そしてそういう瞬間の連続でありたいと思った一日でした。

投稿者: 管理者 日時: 2006年08月07日 04:58 |  

2006年08月01日

8月になりました。

8月になりました。梅雨がようやく開けたみたいです。今月には関東に水琴窟のある喫茶店が出来ます。喫茶店の中に玉石の敷き詰めた一角があってそこから水琴窟が聞こえるっていう仕組みです。横には和室があって全室にスピーカーで響かせるという癒しの場所が出来るのです。オーナーは、ヒーリングを勉強されている方で、なんかとっても癒されます。水琴窟と相乗効果で有名になる予感です。気持ちよく時間を過ごせる空間っていくつあってもいいですよね。関東にはまだまだ少ないので頑張ります。完成したらお知らせしますね。お楽しみに。

投稿者: 管理者 日時: 2006年08月01日 21:35 |  

2006年07月25日

焼肉したいなあ。

焼肉したくないですか?私はしたい。祇園祭のビールも美味しかったけど、7月も後半になるとばてるよな。京都の街中には焼肉する場所が無いのです。当社も北白川にいた頃は、山手でいいところがあったけど今の事務所の近くには本願寺くらいしかありません。でも出来そうにないし、ガソリンは値段上るし、中国の企業はお金を払ってくれないし、、。どこか知りませんか?
ところで毎月どこかで水琴窟懇親会をやろうという話がありますが、参加希望の方はinfo@suikinkutsu.netまで、タイトルをメルマガ希望として、メルマガ登録しておいてください。決まり次第すぐ知らせますので。水琴窟の話だけではなくサロン的な集まりになると楽しそうですね。よろしく。

投稿者: 管理者 日時: 2006年07月25日 21:24 |  

2006年06月18日

煎茶の発明家は日本人だった。

現在のような煎茶の製法を発明したとされる永谷宗円の生家を訪れました。煎茶は、江戸時代初期の永谷宗円が、その製法を開発したとされています。ちょうど水琴窟のルーツとされる洞水門が小堀遠州の手で作られたとされるのもその頃です。お茶は、中国から伝わったものですが、緑茶は日本独自のものだったのですね。どうりで煎茶には水琴窟が合うはずだ。お茶のルーツは、もっともっと掘り下げていきたいと思っています。このブログでも紹介していきますのでお楽しみに。

投稿者: 管理者 日時: 2006年06月18日 01:57 |  

2006年06月13日

ドラえもんの鈴情報

気になっていたことが解明したのでお知らせします。ドラえもんの鈴は、もともと「ネコ集め鈴」として、特殊な音波で近所のネコを集める機能があるが故障中だった。その後、大長編ドラえもん「のび太とアニマル惑星」で、鈴型の小型カメラに交換していたと判明。ドラえもん曰く、「年に一回ある健康診断で、新品に交換することもある!」とのこと。ちなみに、「レーダーひげ」は未だに故障中です。だそうです。ドラえもんは、東南アジアで人気だそうです。ちなみにイタリアではドラゴンボールが大流行でした。

投稿者: 管理者 日時: 2006年06月13日 23:14 |  

2006年06月05日

6月、雨の季節となりました。

雨の季節となりました。中にいて御庭を眺めていると雨というものは非常に情緒があって美しいものですが、行動をする時には少し気がめいります。フランチェスコ大聖堂の神父様たちは、雨が降っても傘はさしていませんでした。雨もいいですね。という言葉が感動的でした。全てを受け入れる気持ちになりたいと思いますが、まだまだ水琴窟の音にとって雨音がうるさいと感じます。雨がやんだらこの滴で聴こえる水琴窟の音はさぞかし美しいのだろうなあと考えるとまんざら雨音も気にならなくなりました。実際に雨上がりの湿度がいっぱいの状態では、水琴窟の音は横に広がり実によく聴こえるのです。お試し下さい。

投稿者: 管理者 日時: 2006年06月05日 14:16 |  

2006年05月23日

ティーズ・コーポレーションのホームページ更新

ティーズ・コーポレーションのホームページが更新されました。今までご注文いただくときの不便さも解消し、水琴窟っていうカテゴリーがこんなに広がっているのだっていうことが伝われば嬉しいです。探求者としては、もっともっと素晴らしい楽しい水琴窟を開発して皆様の生活のお役に立てればと心より願っています。色々工夫してありますので、ホームページの隅々まで見てくださいね。プレゼントなんかもたまにトピックスに載せていこうかとも考えています。今後とも宜しくお願いします。
http://www.suikinkutsu.net/

投稿者: 管理者 日時: 2006年05月23日 22:06 |  

2006年05月22日

菖蒲かカキツバタか。


今度のお茶会で出されるお菓子は、菖蒲です。菖蒲、カキツバタは、花がとてもよく似ているので違いがわかりませんが、咲く時期が微妙に違うそうです。カキツバタが現在咲いていて、もう少しすると菖蒲が咲くそうです。今度の27-28日に咲くかどうかは微妙なところ。花がきれいな季節です。植物園へ行って水琴窟と花を楽しむのもいいかもしれません。今日行こうと思ったのですが、車がいっぱいで駐車場までたどり着きませんでした。公共機関で行ったほうがよさそうです。

投稿者: 管理者 日時: 2006年05月22日 02:32 |  

2006年05月01日

お陰様で10周年です。


まもなくホームページがリニュ-アルされます。
水琴窟の普及の責務と発展のために当社は今後皆様のご要望に応えるべく頑張っていきます。というのも今年はティーズ・コーポレーション創業10周年なのです。創業1996年。思えばあっという間でしたが、水琴窟と出合って研究、開発、追求してきたノウハウは、絶対負けない自信があります。調整方法は極秘ですが、真似できないわけがあるのです。今まで作った数々の水琴窟は、ご主人様のもとで元気にしているかなあ。思えば昨年、西寿寺であの陳昌鉉様がこれから作るバイオリンは、この水琴窟の音を目標にするといって下さったことは、本当に嬉しかったです。水琴窟の音を聴くと、小鳥も歌いだすし、人も良く話し出します。音楽、音には、何か記憶を呼び起こす作用があるのかもしれません。10周年イベントも考えていきますので皆様これからもよろしくお願いします。

投稿者: 管理者 日時: 2006年05月01日 14:20 |  

2006年04月23日

北海道の水琴窟

もうすぐゴールデンウィークですが、休みを利用して昨年の10月につくった北海道名寄市の水琴窟の音調整に行ってきます。冬はマイナス40度になるという極寒地の外部に作った水琴窟は、冬が来る前に水を抜いて春を待ちます。名寄市立大学が完成する今年の開校記念に作られた水琴窟は、構内に配信され、医療関係の学生さんに利用されることになっています。これから日本一寒いところにある水琴窟として有名になるかも。追って報告します。

投稿者: 管理者 日時: 2006年04月23日 23:49 |  

2006年04月20日

ありがとうおじさん

今日ある人とお話していると、ありがとうおじさんのお話がでました。おじさんは、滋賀県に住まれる方で、おじさんを慕われる方で村ができるほどです。感謝道を実践される素晴らしい方です。奉仕っていう行動はいくつもありますが、理想的なお手本になる方です。
なんでもありがとうございますって言うと心が和み、癒されます。与えることが喜びになれば最高です。水琴窟は喜びの音楽だなあ、と改めて思った今日でした。

投稿者: 管理者 日時: 2006年04月20日 22:52 |  


最近のエントリー

カテゴリー

過去ログ

インド直輸入「アーユルヴェーダ○○法」スーパーハーブミネラルD-バランス SUIKINKUTSU.NET KYOTO JAPAN 水琴窟ネット-KYOTO ティーズ・コーポーレションは水琴窟ネット-KYOTOに協賛しております。