過去ログ 『 2015年01月 』

2015年01月27日

筑紫野ベレッサの水琴「まほろば」メンテナンス完了しました!

筑紫野ベレッサの水琴「まほろば」のメンテナンスが完了しました。桜の花もあしらって、少し早い春の雰囲気ですね。みなさまの憩いの場所になりますように!

投稿者: 管理者 日時: 2015年01月27日 11:04 |  

2015年01月26日

メルマガ配信致しました!

大橋智夫の運気が上昇するヒーリングメルマガは、毎週日曜日に無料で配信しています。登録してお楽しみください。http://archive.mag2.com/0000263825/index.html(以下メルマガより抜粋)1/26(月)は、九州に行きます。
筑紫野ベレッサでミニ講演会を開催していただきます。
九州の皆様、お会いしましょうね。
ベレッサ内にある水琴の前で講演します。
今回、特別に京都名物阿闍梨餅を準備しました。
えっ!ということは、
お話も聞けて、
水琴ハイパーソニックを浴びて、
さらに阿闍梨餅がもらえて、
いくらですか?・・・
無料!?ってあんた、
何か売りつけられるのではないですか?
いえ大丈夫です。
本当に無料です。
皆様に、地球の愛を届けたいのです。
自然界にあるハイパーソニックを届けたいのです。
だから大盤振る舞いなのです。
お友達と来て下さいね。
素敵な友人もいらっしゃいます。
誰かは言えませんけど・・
モールにある憩いの場所。知ってくださいね。
高周波なエリアを増やして、九州を高周波な国にしましょう。

投稿者: 管理者 日時: 2015年01月26日 11:07 |  

2015年01月21日

ピソリーノの効果!

ピソリーノの高周波は植物を元気に!
お酒をおいしく!
みかんは甘く!
いろいろな変化がありますよ!

投稿者: 管理者 日時: 2015年01月21日 10:42 |  

2015年01月19日

メルマガ配信致しました!

大橋智夫の運気が上昇するヒーリングメルマガは、毎週日曜日に無料で配信しています。登録してお楽しみください。http://archive.mag2.com/0000263825/index.html(以下メルマガより抜粋)
1月17日、阪神・淡路大震災が起こってから20年が経ちました。
当時、私は発生直前に目が覚め、
軽い地震で壁から1枚の写真が落ちたことを見て、
テレビをつけると真っ暗な街が映されていました。
戦争映画をやっているのかと思いました。
町は真っ暗で、あちこちから火の手が上がっています。
あの大惨事が起こっているなんて、
ニュースが始まるまで分かりませんでした。
京都でも場所によってはタンスが倒れてきたりする
大きな揺れがあったようです。
神戸や大阪に住んでいる友人もたくさんあります。
いろいろな情報が入ってくると、
とんでもないことになっているということがわかってきました。
救援物資を運んだり、避難所でお手伝いをしたり、そんなことをする中、
ビルが真っ二つに折れ曲がっている現状を見ると、
自然の脅威をまざまざと実感させられました。
大地のエネルギーは本当に凄いものだと思う一方で、
その後の人間の力も相当のものだと思いました。

投稿者: 管理者 日時: 2015年01月19日 13:31 |  

2015年01月15日

やわらぎ講演会開催

やわらぎ講演会では、久保田彌一郎先生の93年の人生から、五代友厚を含む幕末志士のお話をして頂きます。

演題は『士魂商才』!

久保田先生は五代友厚研究家の第一人者。志が高く、熱い92才。
この話を聞かずにサムライは語れない。平成の志士よ、集まれ!

やわらぎ 講演会

演 題:『士魂商才』
講 師:久保田彌一郎先生(92歳)
と き:2015年2月6日(金曜日)
    19:00−21:00(受付18:30)
参加費:¥2,000
会 場:京都メキキサロン
    京都市中京区烏丸通蛸薬師下ル
    手洗水町646-2 京都こぴい3F

久保田彌一郎プロフィール
五代友厚公研究所所長 一般財団法五代塾 理事長
大正12年京都市生まれ。昭和23年京都帝国大学経済学部卒。昭和23年浅野物産鰍ノ入社。のちに東京通商梶A丸紅鰍ニ在勤中は商社における審査部門の草分的存在であった。山陽特殊鋼の倒産事件では、債務者を結集して債権者代表となり、債権者擁護をつらぬきつつ同社の再建に協力し、国会において参考人として意見陳述をするなど大きな活躍があった。昭和42年田辺経営鰍ノ入社し、コンサルタントの道を歩き始める。昭和46年に独立して、久保田経営研究所を設立。(財)日本総合研究所と提携して、多くのゼミナールを開く一方、開発グループや外国企業の育成にもたずさわる等、地道でかつユニークな活動は、広い分野にて根強いファンを作り出している。

お申込みはティーズ・コーポレーションまでお願い致します。
TEL:075-813-7321
mail:info@suikinkutsu.net

投稿者: 管理者 日時: 2015年01月15日 13:59 |  

ご感想ありがとうございました!

【ご感想ありがとうございました!】

最近毎日のように嫌な夢を見て、睡眠が辛く寝起きは最悪・起き掛け「また一日が始まってしまった・・・。」
とうつ状態がひどくなっていたのですが、なぜかピン!と、インスピレーションで「水琴のCDを掛けよう!」
って今までになく急に強く思ったので、直感に任せてこのCDをラジカセに入れ部屋に流し始めてから、嫌な夢をぱったりと見なくなり起き掛けの強烈な憂鬱感がなくなって気分良く起きれるようになったのです☆

これには非常に驚き、それからはこの水琴の音が私の心の支えになっています♪

今では、この音を聴いていると苦しくて辛くて忘れられなかった過去の思い出や、日々の嫌な事もきれいさっぱり浄化されるようになり、人を恨んだり・うらやんだり・自分の悪いところに目が行かなくなって、精神状態が良いので家族とも仲良くやっています☆
・・・そうなると人間関係もスムーズになって、お友達とも連絡を取る回数が増えましたし楽しく生活しています!(Y様)

投稿者: 管理者 日時: 2015年01月15日 10:44 |  

2015年01月14日

出雲大神宮

出雲大神宮でお水をいただいてきました。
会社の水琴に注いで、会社も息を吹き返して蘇りました。
今年も高周波なエリアを拡大していきます。

投稿者: 管理者 日時: 2015年01月14日 10:51 |  

2015年01月13日

メルマガ配信致しました!

大橋智夫の運気が上昇するヒーリングメルマガは、毎週日曜日に無料で配信しています。登録してお楽しみください。http://archive.mag2.com/0000263825/index.html(以下メルマガより抜粋)
鏡開き、天の岩戸開き、アジの開き?・・「開く」とはすばらしい言葉です。
五感は、開く事と閉じる事が繰り返されています。
閉じては、また開く。
この繰り返しが大切なことです。
現代社会は刺激が強すぎで、開きっぱなしになっています。
スマートフォンでも写真をとりすぎるとメモリオーバーになります。
あなたの脳は大丈夫ですか?
たまには休んで自然の多い神社などを訪ねてください。
一度、心を閉ざすことも大切です。
閉ざすことによって生まれ変わることができるからです。

投稿者: 管理者 日時: 2015年01月13日 11:16 |  

2015年01月07日

メルマガ配信致しました!

大橋智夫の運気が上昇するヒーリングメルマガは、毎週日曜日に無料で配信しています。登録してお楽しみください。http://archive.mag2.com/0000263825/index.html(以下メルマガより抜粋)
意志を持つこととは、大切なことです。
極端に自分を制御している人にとって意思は甚だ不快なものかもしれません。
逆に、いつも戦う気持ちの旺盛な人は譲歩は甚だ不快なものかもしれません。
意思をはっきりせず、譲歩も嫌だという人は幼い精神ですね。
何が何だかわからないけど泣いている赤児に似ています。
成熟した魂は、筋の通った意思を抱きながらも、
譲歩することのできる人です。
だから意志の交流ができるのです。
1日1回は瞑想をして、あなた自身の意思を確認してみてはどうでしょうか。
あなたは何をやりたいのか?
あなたはどんな状況を望んでいるのか?
あなたは何に怒っているのか?
わけもわからず腹がたつ場合もあります。
それは低周波にやられてしまったのかもしれません。
いや、妖怪かも!(笑)
そんな場合は水琴の高周波でお祓いです。
それからが、あなたの本心を探る旅の始まりです。
水琴にあたりながら瞑想をしてみると、
あなた自身がいかに自然のリズムから外れているかということがわかります。
そして水琴の高周波に身をゆだねることで
あなた自身の意思を確認することもできるのです。
今年からスピーナ健康ステーションさんにある水琴瞑想ルームで
ハイパーソニック瞑想会を定期的に開催することになりました。
 こちら → http://www.suikinkutsu.net/topics/#001851
京都の四条烏丸で開催しますので、
お時間、ご都合の合う日に何度でもご参加くださいね。

投稿者: 管理者 日時: 2015年01月07日 13:48 |  


最近のエントリー

カテゴリー

過去ログ

  SUIKINKUTSU.NET KYOTO JAPAN 水琴窟ネット-KYOTO ティーズ・コーポーレションは水琴窟ネット-KYOTOに協賛しております。