過去ログ 『 2013年03月 』

2013年03月30日

祝賀会にお越しになられた皆様誠にありがとうございました。

祝賀会にお越しになられた皆様誠にありがとうございました。
大勢の高周波な人たちとのひとときは格別でした。
これからも水琴の研究、開発、そして高周波な地球の実現
のために全身全霊を傾けて、頑張っていきますので、どうぞ
ティーズコーポレーションおよび水琴をよろしくお願い申し上げます.

投稿者: 管理者 日時: 2013年03月30日 14:10 |  

2013年03月28日

上中康司さんの講演会に伺いました。

今日は上中さんの後援会に伺いました。熱い思いが伝わってきました。応援に駆けつけた杉本彩さんと。杉本さんは動物保護を訴える優しい方です。

投稿者: 管理者 日時: 2013年03月28日 10:44 |  

2013年03月26日

ウリズン山荘に水琴が完成しました!

ウリズン山荘に水琴が完成しました。桜の咲く山里に、水琴の高周波が響き渡ります。来月のオープニングが楽しみです。

投稿者: 管理者 日時: 2013年03月26日 11:09 |  

2013年03月25日

メルマガ配信致しました!

大橋智夫の運気が上昇するヒーリングメルマガは、
毎週日曜日に無料で配信しています。
登録してお楽しみください。
http://archive.mag2.com/0000263825/index.html(以下メルマガより抜粋)

春ですね。梅と桜がさいています。
あちこちでイベントもたくさん開催されるようになってきました。
いろいろな会に呼ばれたり、開催したりと動きも活発になってきました。
先週は、親友の山岡尚樹さんの記念パーティーに呼ばれて参加。
映画監督の白鳥哲さんや船井勝仁さん他多数の人たちがいらっしゃい、
山岡さんの人柄が見え隠れしていました。

投稿者: 管理者 日時: 2013年03月25日 13:55 |  

2013年03月24日

参加申し込み締め切り間近!

3月29日(金)19:00(18:30開場)から
聖フランチェスコ大聖堂水琴寄贈10周年祝賀会を開催します。
是非お越しください。お待ち申し上げます。

 こちら → http://www.suikinkutsu.net/topics/#001490

※3月25日の月曜日中にお申し込み下さい。
3月26日3時までに参加費を振り込んでいただいた方のみの
受付となりますのでご了承下さい。

投稿者: 管理者 日時: 2013年03月24日 07:24 |  

2013年03月22日

山岡尚樹さんのパーティーへ参加してきました!


山岡尚樹さんの独立記念講演、パーティーに参加してきました。
山岡さん、独立おめでとうございます!
写真は、白鳥哲さん、山岡尚樹さんと。

投稿者: 管理者 日時: 2013年03月22日 13:27 |  

2013年03月18日

メルマガ配信致しました!

大橋智夫の運気が上昇するヒーリングメルマガは、
毎週日曜日に無料で配信しています。
登録してお楽しみください。
http://archive.mag2.com/0000263825/index.html(以下メルマガより抜粋)
さて、人との関係性で私が一番大切にしているのは、
「学ばせてもらっている」という謙虚な気持ちです。
赤ちゃんに対してですらそうです。
犬に対してでもそうです。
ましてや成人であればなおさらです。(漢文風)
俺の話を聞け!
何もわかっていないわね!
早く言うとおりにしなさい!
あーじれったい!
こんな言葉をいつも使ってるようであれば、
あなたはその人を見下しているわけです。

投稿者: 管理者 日時: 2013年03月18日 11:44 |  

2013年03月13日

ご質問を頂きましたので回答致します

  初めまして。ゆほびかの記事で水琴の存在を知り、CDをお聞きして、その癒
  しの音色に感動しました。水琴が理屈抜きにすばらしいバイブレーションを奏
  でることは十分に承知の上で、あえて理屈を知りたいと思い、メールさせてい
 ただきました(右脳と左脳の統合)。
  記事でも拝見したのですが、高周波と倍音とゆらぎが癒しのポイントだそうですね。
  このうち、おたずねしたいのは、高周波についてです。

Q@周波数が高いほど喜びに、低いほど老化や死に近づくとのことですが、音の
  周波数とはすなわち「音の高さ」のことですね。そうしますと、「音の高さが
  高いほど喜びに、低いほど老化や死に近づく」ということでしょうか。
  音の周波数と生命体の周波数とは、まったく同じというわけではないと思いま
  すが、大橋先生の基本概念に「高周波数=高次元、快、幸」のようなお考えが
  おありかと思います。それが音にも当てはまる、ということでしょうか。
  だとすると、「重低音=低周波数=低次元、不快、不幸」というお考えになり
  ますか?

A@高周波音を高周波として、一般化して話をしていますが、正確に言うと
 「倍音を伴う高周波音」という事です。太鼓の音はドーンと低い音ですが、
  響くことで高周波への階段が出来るので、高周波音が発生します。
  単に高周波音だけでよくありません。

QA高周波(超音波)は医療器具にも用いられていますが、長時間人体に当てる
  と副作用が起こることがあるので、時間を制限した使い方をしていると聞き及
  んでおります。水琴の高周波は、その限りではございませんか。
  そもそも、医療で用いられる高周波は人工のもの、水琴や楽器などの高周波は
  自然のものであるから、同じ高周波でも内容が異なる、という理屈になるので
  しょうか。音の内容が違うとしたら、それは「倍音のちがい」ということに
  なりますか?

AA水琴の「高周波」は「倍音を伴う高周波音」であって、なおかつその音の構造の中も
  ゆらぎを有しています。また様々な倍音が次々にランダムにやってくるという構造が
  水琴では完成されている為、水琴の高周波は動植物が喜ぶ高周波なのです。


Q:(ご質問)N様より
A:(答え)大橋智夫

投稿者: 管理者 日時: 2013年03月13日 15:51 |  

煎茶道方円流の理事会に出席しました。

理事会ではお茶の世界の現状について熱い議論が交わされました。

急須で入れるお茶ではなくペットボトルのお茶が、お茶の標準になっているそうです。
自宅に急須を持っていないご家庭が増えたとか。
ペットボトルのお茶は急須で入れるお茶より不味い、美味いではなく、
ペットボトルのお茶より急須で入れたお茶は不味い、美味いという
評価になったというのです。

福寿園の社長がおっしゃっていました。最高級の玉露が100グラム1万円、
一杯入れるのに2グラムですから、2杯入れれば1杯100円という計算になります。
つまり、ペットボトルよりも安く最高のお茶がいただけるのです。

お茶を急須で入れてゆっくりしたひと時を大切にしたいものですね。

投稿者: 管理者 日時: 2013年03月13日 13:40 |  

2013年03月11日

メルマガ配信致しました!

大橋智夫の運気が上昇するヒーリングメルマガは、
毎週日曜日に無料で配信しています。
登録してお楽しみください。
http://archive.mag2.com/0000263825/index.html(以下メルマガより抜粋)
イタリアの建造物は、どうだと言わんばかりに真っ裸で突っ立っています。
日本の建造物は、御簾を垂らして、どないどすやろと控えめです。
そんな文化の違いを乗り越えて、水琴が平和の象徴としてイタリアで
受け入れられるのだろうか。そう思って寄贈させていただいたのが10年前でした。

投稿者: 管理者 日時: 2013年03月11日 11:45 |  

2013年03月07日

総合地球環境学研究所を訪ねました!

総合地球環境学研究所を訪ねました。
とっても気持ちの良いところです。これからは、
なんでも地球レベルで考えないといけませんね。

投稿者: 管理者 日時: 2013年03月07日 10:17 |  

2013年03月06日

ローマ教皇猊下との最後の謁見に参加!

ローマ教皇猊下との最後の謁見に参加することが出来ました。
このご縁に感謝致します。お疲れ様でした。
6年前の謁見時には握手させていただいたことが、懐かしく思い出されます。

★Youtube 水琴チャンネルに、ローマ教皇猊下との最後の謁見の画像をアップしました!
http://www.youtube.com/user/Mizugoto1

投稿者: 管理者 日時: 2013年03月06日 10:52 |  

無事に帰国しました!

お陰様で京都に無事、帰ってこれました。
ローマ教皇猊下との最後の謁見や水琴の
10周年記念式典の体験を活かして、
地球高周波化プロジェクトを進めていきます。
また、よろしくお願いします。
ご一緒出来た皆様、お疲れ様でした。
また、お会いましょう。ありがとうございました。
写真はアッシジの夕陽です。

投稿者: 管理者 日時: 2013年03月06日 10:45 |  

2013年03月04日

メルマガ配信致しました!

大橋智夫の運気が上昇するヒーリングメルマガは、
毎週日曜日に無料で配信しています。
登録してお楽しみください。
http://archive.mag2.com/0000263825/index.html(以下メルマガより抜粋)
さて、今回はイタリアからです!
まずは、低周波の怪物、飛行機でローマを目指しました。
ルフトハンザの飛行機は、機内の機器がなんと故障中。大丈夫か?
でも、お陰で本がたっぷり読めました。
その時、読んだのが『寅さんとイエス』

投稿者: 管理者 日時: 2013年03月04日 10:03 |  

イタリアアッシジ大聖堂の水琴 10周年!

イタリアアッシジの大聖堂の水琴は、10周年を迎えました。
日本から駆けつけてくれた同志達と共にメンテナンスをして、
共に祝福ができたことは感無量でした。
院長も10年とは言わずもっと早くまた訪れてください、と
言っていただきました。ありがとうございました。

投稿者: 管理者 日時: 2013年03月04日 09:28 |  

2013年03月01日

大聖堂の水琴メンテナンス完了!

大聖堂の水琴メンテナンスが完了しました。
6年ぶりの大掃除にフランチェスコも喜んでくれたでしょうか。
10年経って水琴も、イタリアの聖地に少し馴染んだように見えました。

投稿者: 管理者 日時: 2013年03月01日 10:22 |  

ローマ法王最後の謁見!

ローマ教皇猊下の最後の謁見に参加しました。
様々な言語で挨拶され、会場に集まった15万人の
聴衆は拍手で応えました。お疲れ様でした。
そして、ありがとうございました。

投稿者: 管理者 日時: 2013年03月01日 10:19 |  


最近のエントリー

カテゴリー

過去ログ

  SUIKINKUTSU.NET KYOTO JAPAN 水琴窟ネット-KYOTO ティーズ・コーポーレションは水琴窟ネット-KYOTOに協賛しております。