過去ログ 『 2009年05月 』

2009年05月27日

サーバー移動

ティーズ・コーポレーションのホームページのサーバーの移動が完了しました。ブログのスピードもアップしたので頑張ってもっと情報を書いていきたいと思います。ちょくちょく見に来てくださいね。

投稿者: 管理者 日時: 2009年05月27日 10:43 |  

2009年05月23日

イベントの打ち上げ

イベントは企画から始まり制作して、準備して、設営して、運営して、撤収して最後は打ち上げです。たくさんの人が何をするにも関わってくれていることに驚き又、感謝の気持ちでいっぱいになります。本当にありがとうございます。やっぱり飲み過ぎました。ごめんなさい。

投稿者: 管理者 日時: 2009年05月23日 13:50 |  

2009年05月22日

出席って何

ある会の飲み会のテーマは「出席」でした。会に属しているものとして出席するのは当然ですが、それは大人であれば「権利」ですよね。「義務」ではありません。でもいろいろな奉仕団体では、出席率が減ってきているというのが問題となっています。なぜでしょうか。「楽しい会にする」「罰則を設ける」などいろいろな意見がありますが、私は「権利」を行使するかどうかは本人の問題だと思います。出席する自由、欠席する自由。これは「生き方」の問題かもしれません。というわけで飲み過ぎました。すみません。

投稿者: 管理者 日時: 2009年05月22日 11:13 |  

2009年05月20日

鞍馬に石を見に行きました

%96%7B%88%C6%94n.JPG京都には昔から名石があります。中でも本鞍馬石は茶庭の石としては一流です。この石は鉄分が年月とともに表面に出てきて大木の年輪のように模様を作っていくのです。何十年、何百年、そしてなんとも言えない風格となるのです。水琴窟(水琴ガーデン)をつくる時、特に人気のある石です。

投稿者: 管理者 日時: 2009年05月20日 14:56 |  

2009年05月18日

「水琴の誘い2009」が5月16日、17日に開催されました

%89%89%91t%95%97%8Ci%83u%83%8D%83O%97p.jpg「水琴の誘い2009」高台寺円徳院へお越し下さいまして誠にありがとうございました。全国各地からお越し頂いた皆様、ご満足して頂けたでしょうか。
当日はあいにくの雨。ですが、新緑の緑が映え、閑静な会場の雰囲気は来場した人を魅了しました。水琴が鳴り響く中、チェロの演奏。そして鍵善良房のお菓子とお抹茶。お抹茶会場では皆様ゆっくり時間を過ごされていました。またこんなイベントをして欲しいというご意見を多数頂きましたので次回をご期待下さい。

投稿者: 管理者 日時: 2009年05月18日 14:42 |  

2009年05月17日

運気上昇水琴の誘い2009開催

運気上昇水琴の誘い2009が開催されました。高台寺円徳院に鳴り響く水琴。その幻想空間の中でチェロのコンサートが行われました。チェロと水琴。ものすごく合います。この日は雨がしとしと降り、新緑の緑がさえ渡ります。小堀遠州の北庭を見ながら水琴の音の中、お抹茶と鍵善良房のお干菓子を頂くと時間の流れを忘れます。本日も10:00から19:00まで開催していますので、是非お越しください。私も会場にいますのでお声がけ下さいね。

投稿者: システム 日時: 2009年05月17日 07:10 |  

2009年05月13日

大橋智夫さん出版記念祝賀会

%8Fj%89%EA%89%EF%83u%83%8D%83O%97p.JPG5月12日京都ホテルオークラで大橋智夫さん出版記念祝賀会を開催して頂きました。京都市内の有識者の皆様にお集まりいただきまして、誠にありがとうございました。水琴窟の研究、開発から水琴の完成まで、そして今回第3作目となるCDブック「金運体質に変わる奇跡のCDブック」の出版を記念して発起人会の皆様によって開催して頂きました。
どうしてここに?といった横のつながりの奇遇があちこちで聞かれました。ご縁ですね。会場は和みの波動で包まれました。そして水琴の音で満たされた会場で、京都市長、教育長、船井幸雄様その他の方々から祝電を頂き、富市会議長、方円流家元、円徳院後藤住職、上田商事の上田社長、若林仏具製作所の若林会長、かね松の上田社長、プランツコーポレーションの武部社長、その他多数のご祝辞を頂き、心より感謝申し上げます。ありとうございました。これからもお役に立てる作品作りに励んでいきますので今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます。

投稿者: システム 日時: 2009年05月13日 06:48 |  

2009年05月10日

水の謌の水琴完成!

水の謌の水琴が完成しました。エントランスにあるモニュメントは三つの手水鉢から水が溢れ水盤へと注がれます。そして二つの陰陽の水琴から音が流れます。鳥のさえずりを聞きながら水の謌へ入ると水琴の高周波が迎えてくれるのです。そしてその音を聴きながら回廊を歩くと水琴のトンネルです。外界の低周波はすっかり流され、そしてパワーアップした状態へと訪れる人を導いてくれるのです。オープンしたら訪れてみたい。いや体験しなければいけない。水琴の高周波とゆらぎの世界を堪能してみてください。

しこつ湖鶴雅リゾートスパ「水の謌」
http://www.mizunouta.com/

投稿者: システム 日時: 2009年05月10日 09:30 |  

2009年05月04日

吉田神社へ行ってきました。

京都大学のすぐ隣にある吉田神社は私の好きなイヤシロチスポットの一つです。山頂の公園でゆっくりしているとなにやら高周波の音が本宮のほうから聞こえてきます。きーん、きーん。なんだなんだ。降りていってみました。するとお祭で使う鉾を持って歩く練習をしているのです。5mくらいの鉾を一人で持ち上げ、頭の部分についている鐘を当てながら歩くのです。そのたびにきーんという高周波が鳴るのです。しばらく見ていましたが、上手な人は振り子状の鐘を往復で当てて進むのです。言葉ではうまく伝わらないかも。これこそお払いです。鉾が進む道すがらはお払いされ高周波が場を浄化するのです。吉田山の山が持つ高周波のエネルギーをこうやって配っていたんだなあと感動しました。

投稿者: システム 日時: 2009年05月04日 15:36 |  

2009年05月02日

清志郎さんのご冥福を祈ります。

私は清志郎さんのファンでした。あの個性。そしてあの優しさに感動しないはずがありません。デビュー当時の無垢な少年が無垢な心で歌を歌っているという感じが忘れられません。そんな風に生きていきたいなあと思ったものです。蝶もど派手な衣装を身にまといます。清志郎さんはそのまま素直にど派手が好きだったんでしょうね。永遠のロックンローラー清志郎の冥福を祈ります。

投稿者: システム 日時: 2009年05月02日 18:49 |  


最近のエントリー

カテゴリー

過去ログ

  SUIKINKUTSU.NET KYOTO JAPAN 水琴窟ネット-KYOTO ティーズ・コーポーレションは水琴窟ネット-KYOTOに協賛しております。