過去ログ 『 2007年11月 』

2007年11月29日

「水琴/Mizugoto」出展!!

株式会社七彩様主催の新作発表展示会大阪展へお越しいただいた多数の皆様、七彩の社員の皆様、誠にありがとうございました。展示会へ出展させて頂きました「水琴/Mizugoto」は、これまで弊社が蓄積してきた水滴音を共鳴させるノウハウを投入して商品化した水琴窟システムです。「豊かな睡眠から生活に潤いを」をテーマに倍音にこだわった結果、自然界にある響きの集合体が出来ました。これは水琴窟という文化財の常識を超えて、楽器さらには生命のエネルギー供給装置とも言える域に到達したのかもしれません。ちょっと大げさでしょうか。ただ、言えることは、エネルギーは増大するのです。これがまさしく蘇生力。倍音様ありがとうございます。12月13日、14日に開催される株式会社七彩様主催の新作発表展示会東京展へも出展いたしますので、ご興味のある企業の方は有限会社ティーズ・コーポレーションまでお問い合わせください。今回の対象者は企業様となりますので個人の方はあしからず。

投稿者: 管理者 日時: 2007年11月29日 14:04 |  

2007年11月27日

横浜北ロータリークラブでスピーチさせていただきました。

平成19年11月27日、横浜北ロータリークラブで「水琴窟の魅力」と題してスピーチさせていただきました。水琴窟から水琴へと進化する過程、そして普遍的な水滴の音楽の魅力をお話させていただきました。単純な原理ゆえに人の心をつかむ水琴。そしてその奥深さゆえに人の心を離しません。水滴音の倍音の集合体は、傷ついた心身を癒します。デジタル化が進み殺伐とした時代だからこそ水琴が注目されるのかも知れません。
蛍の庭をご自宅に造った西山建材店の西山社長はこちらのクラブの会員です。今年完成した西山建材店様店舗前の水琴は、商店街を通る人全員に癒しを提供しています。蛍の光のように優しく潤いを与えているのではないでしょうか。「うちの蛍を近所の小学校の子どもたちが毎年見に来てくれるようになりました。水琴も地元の皆様の癒しにつながれば嬉しく思います。」(西山社長談)
すばらしい横浜北ロータリークラブの会員の皆様ありがとうございました。ますますのご発展をお祈りいたします。

投稿者: 管理者 日時: 2007年11月27日 17:44 |  

2007年11月26日

第9堀ビル様、きっさ梟様、メンテナンス完了

第9堀ビル様メンテナンス完了
第9堀ビル様では、自動扉からエレベータまでの間に何滴鳴るかでタイミングを調整しています。そこまでこだわる社長のこだわりにテナントはいっぱいだそうです。「訪問するお客様もうっとりして聞いています」(堀社長談)「環境に優しい」とはよく言われますが、「優しい環境を提供する」というのはもう一歩進んだ環境の取り組みかもしれません。

きっさ梟様メンテナンス完了
きっさ梟様では、くつろぎに来る常連のお客様も増えて、知名度も少しずつ上ってきているようです。「ランチタイムは食事のお客で慌しいですが、お昼下がりはゆっくり聴いていただけます」(大和さん談)水琴生演奏の日やお琴の生演奏とのコラボレーションなどをお店で企画それていますので、要チェック。イベント情報は、お電話で直接お店にご確認ください。

投稿者: 管理者 日時: 2007年11月26日 18:31 |  

2007年11月23日

結婚披露宴で水琴窟の音色が使われました。

お客様のご長男の結婚披露宴が大阪リーガロイヤルで行われ、お祝いに参加させて頂きました。ご自宅にある水琴窟の音色を録音して披露宴オープニングで放送していただきました。お好みの音楽とコラボレーションしながらの新郎新婦のご入場です。初々しい二人は、水琴窟で祝福され披露宴は進められました。「自宅にある二連の水琴窟の音が重なり合うように二人も和して幸せな家庭を作っていって欲しい」と新郎のお父様からのメッセージ。心を癒す音での祝福。どうぞお幸せに。そういえば京都駅の火の鳥水琴窟は、幸せを運ぶという伝説が。

投稿者: 管理者 日時: 2007年11月23日 18:31 |  

2007年11月21日

京都文教学園様メンテナンス完了

京都文教学園様のお茶室前の水琴窟のメンテナンスが終了しました。筧を新しくして新年を迎えます。本格的な待合を備えた本鞍馬の手水鉢の水琴窟は、室内でも楽しめるように配信。茶道部が水琴窟茶会などで利用しているとか。和のテイストを手軽に体験できる素敵な施設です。

投稿者: 管理者 日時: 2007年11月21日 15:26 |  

京都みのり幼稚園様メンテナンス完了


幼稚園の水琴窟はご機嫌です。子供達にいつも利用されて、水琴窟教育続行中。どんな大天才が育っていくのでしょうか。高周波のエネルギーは、脳を活性化します。癒しを越えて子供達には覚醒効果があります。ひらめきのある子供達の声を今度はインタビューしたいと思っています。

投稿者: 管理者 日時: 2007年11月21日 15:22 |  

2007年11月06日

大阪心斎橋「尼伊」オープン間近!

大阪心斎橋に老舗宝石店「尼伊」様が2007年11月15日にオープンします。そのビルの入り口壁面に水琴窟が設置されました。若者の町になった心斎橋で癒しの音色はどんな風に鳴り響くでしょうか。都会の真ん中なので、銀座と同様、音はマイクで拾い天井のスピーカーから放送されるように設計しました。「落書きの目立つこのあたりだが、この癒しの音が若者にも伝わって昔の品格ある街の雰囲気が少しでも戻れば」と尼崎社長。立ち話をしていると路上清掃をしている若者の集団が通りました。「これは水琴窟というものですよ」と教えると「こんなところにあるなんていいですね」と皆感激していました。若者はエネルギーがありますから、汚くすることもすごいけど綺麗にするエネルギーもすごい。純粋な心の若者が大阪の街中を掃除している姿は本当に綺麗でした。オープンが待ち遠しい。

「尼伊」2007年11月15日オープン
電話 06-6245-0700
住所 大阪市中央区西心斎橋1-10-19尼伊ビル2F
   地下鉄御堂筋線「心斎橋駅」G番出口を出て右に徒歩150m
ホームページ http://www.amai.jp

投稿者: 管理者 日時: 2007年11月06日 13:24 |  

2007年11月02日

水琴/Mizugoto」の調整

近江八幡市内のM邸に納める水琴を調整してきました。今回は苦労しました。調整に2時間くらいかかったでしょうか。調整管で調整するときに共鳴体の共鳴効果が最高のところをミリ以下の精度で調整していきます。陶器の形状や焼き締め時の焼きむら等で共鳴は左右されます。共鳴が増えたり少なくなったりするいわゆる共鳴曲線が難しかった。最終的には、100デジベルを出すところまで調整しました。最近は、ほとんど100デジベルを達成していますが、デジベル系の100の数値を見たときは桁が変わりますからやはり感動ものです。M邸が完成したらまたお知らせします。

投稿者: 管理者 日時: 2007年11月02日 14:13 |  

2007年11月01日

「水琴/Mizugoto」の発表間近!

ティーズ・コーポレーションが10年の年月を注いで完成した水琴窟のシステムは、「水琴/Mizugoto」としてこの度、発表されることになりました。株式会社七彩様との提携で展示会にて発表いたします。建築業界、内装業界、その他ご興味のある企業様はお知らせ頂ければ、展示会の招待状をお送りいたします。なお、今回は個人の方のご来場は出来ませんのでご了承下さい。ユーザー様向けイベントも企画中ですのでお楽しみに。

株式会社七彩新作発表展示会
11月28日−29日 大阪 本町サンライズビル
12月13日−14日 東京 青山スパイラルホール

投稿者: 管理者 日時: 2007年11月01日 17:07 |  


最近のエントリー

カテゴリー

過去ログ

  SUIKINKUTSU.NET KYOTO JAPAN 水琴窟ネット-KYOTO ティーズ・コーポーレションは水琴窟ネット-KYOTOに協賛しております。