水琴茶話

京都・御室(おむろ)八十八カ所巡り

『御室八十八カ所巡り』にいってきました。

桜で有名な京都 御室仁和寺の裏から、成就山という霊山をめぐります。

(四国八十八カ所巡り。いわゆるお遍路さんは1200キロを約50日で歩くそうです)

京都の御室(おむろ)では3キロを約2~3時間でまわることができます。

仁和寺境内は紅葉の観光シーズンでもあり、観光客でにぎわっていましたが、『御室八十八カ所巡り』はあまり知られていないのか(実は最近知りました)、道中すれちがったのは10人ほどでした。

夫婦で睦まじく歩く姿あり、慣れた様子で早足でいく人あり、なんと裸足で駆けている修行僧のような男性もいました...

私は2時間半で歩きましたが、すこし汗ばむくらいの山道でした。足を鍛えるにはちょうどよい距離と道かもしれません。

聞いたところによると、ちかくの保育園では御室八十八カ所を子どもたちとの散歩コースにしているとか...

お近くの方はぜひ、御室八十八カ所をまわってみてください。

自然の中で自分と向き合い五感を磨く。

帰宅したら、部屋の水琴の音がよりいっそう澄んで聴こえましたよ。

霊山で自然の高周波を浴びて、部屋でも水琴の高周波に癒される...

こんな時代だからこそ、積極的に癒しを取り入れて毎日を丁寧に暮らしたいですね。

(スタッフ 杉浦)

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

投稿月から検索

カテゴリーから検索