水琴茶話

ずっと行きたいと思っていた桂離宮。

ずっと行きたいと思っていた桂離宮。
ようやく拝観することができました。

桂離宮を最初に作ったとされる智仁親王。
その智をいただいて私の名前は智夫トシオ。

20世紀を代表する
ドイツの建築家のブルーノ・タウトが、
「それは実に涙ぐましいまで美しい」と
絶賛したという桂離宮。

日本庭園として最高の名園ともいわれる、
日本の美を凝縮したような別荘。

この日本の究極の美に
あなたは耐えられるだろうか?
訪ねてみてくださいね。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

投稿月から検索

カテゴリーから検索